車が壊れる夢は悪い暗示?状況や所有者ごとの意味の違い

夢の中で車の運転中にブレーキが効かない、衝突事故を起こしてしまったなどで車が壊れる夢を見たことがある人はいるのではないでしょうか。

このような「車が壊れる夢」には、どのような意味があるのでしょう。

この記事では、夢の中で車が壊れる状況による意味合いの違いや、誰の車が壊れたのかという状況によって異なる意味合いについて解説します。

関連記事:車をぶつける夢はどういった意味がある?夢の意味や心理について紹介

車が壊れる夢が持つ基本的な意味とは?

夢の中に登場する車は運転者である本人の心理状態を象徴しており、その車が壊れるということは、心に強いストレスを感じていることを示しています。

人間関係や仕事、 受験などで大きな失敗をした、または不安な状態で心に余裕がなくなって自分自身をコントロールできなくなっている状態だと考えられます。

車が壊れる夢の意味とは?

車 夜

車が壊れる夢といっても、ブレーキが壊れた、壁にぶつかった等の状況や、壊れた車が誰のものなのかによっても夢の意味は変わります。

ここでは、車が壊れる夢の種類と意味について解説します。

壁にぶつけて車が壊れる夢:「困難への直面」

夢の中での物理的な壁は、容易に乗り越えることができない精神的な困難を意味します。

その壁に車ごとぶつかることは、押しつぶされそうなほど大きなプレッシャーを感じていることを示しています。

このような夢を見たときは、追い詰められている自分自身の状況を客観的に把握し、休息をとって心身を休めることを意識しましょう。

関連記事:リース車で事故を起こしたらどうする?対処法や修理費、解約金について解説

車同士が衝突して車が壊れる夢:「対人関係のトラブル」

車同士がぶつかる夢は、身近な人とのトラブルによってストレスを感じている状況を示しています。

あなたと意見や考えが対立している人と一触即発の状態にあり、差し迫った危機に直面しているような状況かもしれません。

もし、あなたが相手に強い敵意を向けている状態ならば、まず怒りを沈めて冷静に状況を把握し、相手とどうすれば衝突を回避できるか考えてみましょう。

または、第三者にお願いして間に入ってもらい、お互いの意見を共有してみてもいいでしょう。

関連記事:自動車の修理はどこに依頼すべき?3つの依頼先とそれぞれの特徴を解説

エンジンが壊れる夢:「気力の喪失」

エンジンは車が走るための原動力であり、車を駆動させるには欠かすことのできないパーツです。
エンジンが壊れる夢は、行動する気力が失われている傾向を示しています。

気力が減退している状態で無理に行動しようとしても空回りして逆効果となるため、一度立ち止まってゆっくりと休養をとるようにしましょう。

関連記事:エンジンがかからない!原因は?確認すべきことや対処法を紹介!

タイヤがパンクする夢:「確認不足によるトラブル」

タイヤパンク

夢の中で車のタイヤがパンクすることは、想定外のハプニングが起きる恐れや、準備不足によって失敗してしまう恐れを表しています。

タイヤがパンクする夢を見たときは、いつも以上に丁寧に確認を行うことや、事前準備を怠らないといった対策をすることで回避でき、もしトラブルが起きても被害を最小限に抑えることができるでしょう。

関連記事:車がパンクしたらどこで修理できる?費用の相場の紹介と解説

ハンドル操作ができない夢:「おてあげ状態」

ハンドルが思うように動かせず、進む方向を変えることができなくなる夢は、自分の意思では現状を変えられない状態を表しています。

問題解決ができずに混乱している状態であるため、一度立ち止まって自分の状況の分析をしてみる必要があるでしょう。

そして、なるようになると開き直って心を落ち着かせて解決するまで待ってみましょう。

また、自分の力を過信しないよう謙虚な気持ちを持つべきと警告している夢でもあるため、謙虚な気持ちを忘れないようにしましょう。

関連記事:自動運転での交通事故は誰の責任に?保険は使える?

ブレーキが効かなくなる夢:「心が制御不能」

ブレーキを踏み込んでも車が止まらず制御できない夢は、あなたが心の制御ができていない状態であることを示しています。

心のコントロールができないまま感情的に行動してしまうと、失敗や思わぬトラブルを招いて後悔してしまう可能性があります。

このような夢を見たときは冷静になって周りを見てから、状況を判断するように気をつけましょう。

関連記事:ブレーキパッドはいつ交換すればよいのか?費用感やスケジュールも併せて紹介

車が壊れる夢は車の所有者が誰かによって意味が変わる

夢の中に登場する車は自分自身の所有する車であることが多いですが、自分以外が所有する車である場合も考えられます。

ここでは、車の所有者が自分だけでなく、恋人や友人、家族、知らない人の場合に分けてそれぞれ夢の意味合いを説明します。

自分の車が壊れる夢:「仕事のミスの可能性」

夢の中で自分の運転している車が壊れるのは、仕事でミスをしてしまう可能性があることが考えられます。

自分が運転手として操作している車が壊れるということは、自分が中心となって動かしている仕事に不安を抱えていることを示しています。

このような夢を見た場合、単純なミスや確認不足によるミスをしないように十分注意を払うようにしましょう。

恋人の車が壊れる夢:「すれ違い」

恋人が所有する車や恋人が運転している車が壊れる夢は、恋人との関係が悪化する前兆と捉えられます。

恋人があなたに不満を抱いていたり、逆にあなたが恋人に対してネガティブな思いを抱いていることで、関係に亀裂が入りそうな予感を潜在的にあなたの心が察知しているのでしょう。

このような夢は、あらためて恋人との関係を見つめ直す機会となるため、今まですれ違いはなかったか、距離のとり方は適切だったかなど思いを巡らせてみるといいでしょう。

友人の車が壊れる夢:「関係の変化」

友人の車が壊れる夢は、友人との関係が疎遠になってしまうことを示しています。

それまで仲よくしていた友人と些細なことでケンカしてしまい、その後の関係が修復できず疎遠になってしまうことを暗示しています。

失ってしまった信頼を取り戻すことは容易ではないため、親しい友人であっても言動には注意するようにしましょう。

家族の車が壊れる夢:「家族へのトラブル」

家族が運転する車が壊れる夢は、家族にトラブルが起こることを示している可能性があります。

親や兄弟の病気や金銭に関係するトラブルがあった場合、あなたに援助を求められることも考えられます。

普段から家族と連絡を取り合っている場合はすぐ変化に気づくことができますが、長く顔を合わせていなかったり近況を把握していない場合は、久しぶりに連絡をとって様子を確認してみましょう。

いざというときに力になることができます。

知らない人の車が壊れる夢:「仕事の不安」

知らない人の車が壊れる夢は、仕事に対する不安やプレッシャーの表れであることも多く、このような夢を見た場合は仕事や社会的地位に対してネガティブな気持ちを持っていることがあります。

仕事に不安を感じているのであれば、自分を見つめ直すことや、職場の人に相談することで原因が分かり、不安も解消されるでしょう。

まとめ

この記事では、車が壊れる夢について、車が壊れる状況や壊れた車の所有者が誰かによって異なる意味があることを紹介してきました。

夢の中の車は、あなた自身の心理状況が車という形になって表れたものです。

夢から目覚めたときに不安に感じてしまうかもしれませんが、自分の精神状態を客観的に見つめ直すチャンスと捉えることもできます。

車が壊れる夢はできれば見たくないものですが、自分を見つめ直すきっかけとして前向きに受け止めてみるとよいでしょう。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。