車をぶつける夢はどういった意味がある?夢の意味や心理について紹介

車をぶつけてしまった・ぶつけられてしまったという夢を見ると目覚めが悪く、なにかの予兆ではないかと不安になるでしょう。

普段は夢占いをしない人であっても、どのような意味を持つのか気になる人もいるのではないでしょうか。

この記事では、そんな不安な夢を見てしまった人のために、夢占いの観点から車がぶつかる夢の意味を紹介します。

夢に車が出てくるのはなぜ?

ここでは、車が夢に出てくる理由を解説します。

そもそも夢を見る理由は?車が出てくるのはなぜ?

夢は脳に強く関わることであり研究が難しいことから、現在でも夢を見る具体的な理由は分かっていません。

しかし、睡眠中には今まで見たり聞いたりした記憶を脳が整理をしていること、夢の内容は眠りの深さや時間などタイミングによって異なることが明らかになっています。

そのため車が夢に出る理由は、「生活に密着しており、記憶に残りやすい」ことが第一に挙げられるでしょう。

夢を使って占うことができる

科学的には記憶の定着が起こっているとされる夢ですが、内容はランダムでコントロールができません。

ときには自分が見たくないことも見るため、見えない潜在意識からのメッセージや運命が変わる予兆として夢占いにも利用されています。

夢占いでは、夢で見たものから「心の奥底ではなにを不安に感じているのか」や「近い未来にどんなことが起きそうか」を読み解いていきます。

夢占いで車の夢が持つ意味とは?

夢占いにおいて車が持つ意味は複数あります。

自身とコントロールの象徴

車はハンドルを握って走り出せば、自由にどこまでも行けるものです。
そのため夢占いでは、「自分自身」を表しているといわれます。

占い師によっては「向上心」「行動力」などを読み取る人もいるため、夢に出てくる車はエネルギーの源や象徴ともいえるでしょう。

また、車が持つ自由という特性に加えて、自身で操作を行う機械であることから、「自分自身の状態」を指すとされます。

そのため、もし走行中に壁にぶつかって事故が起こる夢を見た場合、夢占いでは「近い未来で自分が避けることが難しい困難や焦りに直面する可能性がある」と読み解いていきます。

車をぶつける・ぶつけられる夢の占い方

夢占いは、夢で見たものから判断しますが、車を「ぶつける」「ぶつけられる」では意味合いが変わってきます。

車をぶつけた場合

夢占いで車は「自分自身の象徴」です。

そのため車のトラブルは基本的には自身に変化が起こる可能性があると読み取ります。

また、車の外観は自分自身を表すため、夢で見た事故の後どうなっているかが重要です。

例えば、ぶつけてボコボコにへこんでしまっている場合、近い将来自分自身がダメージを受ける可能性があります。体や心が疲れている可能性があるため、少しゆっくり過ごすと良いかもしれません。

また、暴走してぶつかった場合は、精神的な不安定さから失敗する可能性があります。

逆に安定して走っていたのにぶつけたのであれば、自分のコントロールが効かないところでトラブルが起こる可能性があるでしょう。

関連記事:自動運転での交通事故は誰の責任に?保険は使える?

車をぶつけられた場合

車をぶつけられた夢を見た場合、夢占いでは他人とのトラブルの予兆ととらえます。
自分に非がないのであれば、避けることが難しいトラブルが起きる可能性があるとされます。

自分に非がある場合は、慢心や油断をしているというメッセージととらえます。

運転が苦手な人は特に注意

夢は今まで見たものやその人の特性や性格、環境が色濃く出るものです。

そのため自分の性格や環境と照らし合わせながら夢占いをする必要があります。
特に車は人の性格が出るものです。

例えば、普段から車の運転に苦手意識を持っている人の場合、嫌なことや苦手なことの象徴として車が登場することがあります。

こうしたケースでは日常生活でストレスを抱えている場合があり、注意が必要です。

車をぶつける状況別の夢占いパターン

_夢

車をぶつける際はさまざまなパターンがあり、それぞれに夢占いの結果を読み取ることができます。

壁にぶつけてしまった場合

夢で車を壁にぶつけてしまった場合、占いでは自分の目標がトラブルによって行き詰まる予兆とされます。

もしこうした壁にぶつけた夢を見た場合、一度自分の目標ややりたいことを見直してみることが大切です。

バック駐車でぶつけた場合

もし駐車が苦手な人が、バック駐車で車をぶつける夢を見た場合、ストレスや焦りを抱えている可能性があります。

一方、運転に苦手意識を持っていないのであれば、ネガティブな思考に陥ってトラブルに発展する予兆といえるでしょう。

ブレーキが間に合わずぶつけた場合

ブレーキが間に合わず車をぶつけてしまった夢を見た場合、油断や慢心によってトラブルに発展する可能性を示唆しています。

特にスピードを出しすぎた結果、ブレーキが間に合わないというケースでは慢心や油断に加え、精神的に暴走気味になっている可能性が高いといえるでしょう。

関連記事:ブレーキパッドの寿命はどれくらい?交換時期と費用を紹介

ハンドルが取られてぶつけた場合

車を操作するハンドルは、夢占いにおいて自分自身をコントロールする意味合いを持つものです。

そのため夢でハンドルを取られてぶつけてしまった場合、実生活において自分自身のコントロールがうまく行っていない可能性があります。

自制心が緩んでいる可能性もあるため、一度自分の日常生活を振り返ってみると良いでしょう。

ぶつけたけど無傷だった場合

車をぶつけながらも無傷というシチュエーションは、夢ならではのものといえます。

このような夢は、実生活にほとんど問題がないことを示唆しています。
また、車が大破したにも関わらず、自分は無傷だったという夢の場合は、困難が訪れるが問題なく乗り切れる未来が待っているとされます。

車に乗っているシチュエーション別の夢占いパターン

夢占いでは車がぶつかった経緯や結果を見ますが、乗っている車やシチュエーションも重要になります。

高級車に乗っていた場合

夢で乗っていた車が高級車であった場合、注意が必要になります。
これは夢占いにおいて高級車は恵まれた環境や富を示しているためです。

そのため高級車をぶつけてしまった場合、身の丈に合わない行いをしている場合があります。
このような夢を見た場合、一度冷静になって現実的に考える必要があるといえるでしょう。

オープンカーに乗っていた場合

シチュエーションとは少し異なりますが、車の種類も夢占いでは重要になります。

例えば、オープンカーなどは恋愛トラブルなどを示すとする占い師もいるため、そうした車で事故をした場合は、大きなトラブルに発展する可能性があります。

車をぶつける・ぶつかる瞬間を目撃した夢占いのパターン

車をぶつける・ぶつけられる瞬間を目撃した夢占いについて、意味や心理を見ていきましょう。

車をぶつける・ぶつけられるのを目撃した場合

車をぶつける・ぶつけられた場合の夢は、「人間関係の悪化」を意味します。

相手が知人の場合は、その人があなたに対して競争心や不信感を抱いている場合があります。
日頃の言動や気遣いについて、一度見直すように心掛けてみましょう。


一方で相手が親しい人の場合は、あなたを心配に思っています。
ただしその人が交通事故を起こす可能性も意味しているため、注意しましょう。

ぶつかる・ぶつけられる車の助手席・後部座席で目撃した場合

自分が助手席や後部座席に乗っていたときに車がぶつかる夢を見た場合、実生活では他人に運命を委ねてしまっている可能性があります。

運転していたの人の顔が明確であれば、その人との関係が悪くなるかもしれません。

運転していた人が分からない、もしくは他人であった場合は、トラブルに巻き込まれる前兆かもしれません。

目撃した状況やシチュエーションで、日常生活を見直したりコミュニケーションに関して考えてみるのも良い機会かもしれません。

関連記事:ミニバン3列目のシートアレンジや室内空間を解説!

事故にあった人を助けた場合

車がぶつかった現場を目撃した後、事故に遭った人を助ける夢は、自身の心に余裕がある意味となります。
他人のことを気にすることができる余裕から、周りの人と上手く人付き合いができている証拠です。

ですが、この夢を見た場合はあなた自身が誰かに相談したい、救いを求めている時にも見られます。
もし眠る前に悩み事などを考えてしまった場合は、こちらの意味になりそうです。

まとめ

夢占いは人気が高い占いの一つです。
さまざまな本が出版され、ネット上には夢の意味を解説するWebサイトが数多くあります。

この記事では、夢占いの概要とともに、車をぶつけてしまった・ぶつけてしまった夢が示唆する事象について紹介しました。

車をぶつけてしまった夢はできれば見たくないものですが、夢から覚めてホッとすることもあるでしょう。

「日常の生活を見直す良いきっかけ」と前向きに捉えることで、心身ともに回復するきっかけにしましょう。

また実生活で車をぶつけることがないよう、安全に注意して運転したいものです。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。