リース車で事故を起こしたらどうする?すべき行動や修理費について

「もし、リース車で事故を起こしてしまったら」「リース車にぶつかられてしまったら」
そう考えたことはありませんか?

実際の現場で混乱しないよう、また、カーリースを安心して利用するためにも、こういった知識は事前に知っておきたいものです。

ここでは事故が起こった際にとるべき行動や修理費の扱い、カーリースの契約はどうなるのか、といった点について解説していきます。

関連記事:カーリースで自動車保険の加入は必須?加入すべき理由とポイントを解説

カーリースの車で事故を起こした際の対応とは?

事故直後にやらなければならないことは、基本的にマイカーもリース車も同じものです。
基本の動作を行なったうえで、最後にリース会社へ連絡をいれましょう。

基本の流れ

  1. まずは冷静に
    自動車を路肩など安全な場所へ移動し、ハザードランプをつけて停車する。
  2. 必ず警察へ連絡を行う。
    怪我をした、もしくは怪我人がいた場合は救急にも連絡をとり、できる限りの救護活動を行いましょう。
  3. 連絡が済んだら、相手との情報交換と証拠の保全をする。
  4. リース会社と、保険会社へ連絡をする。

1. 車を移動させる

事故を起こしてしまったら落ちつくことを心がけ、冷静に対処しましょう。

まず、車と怪我人がいた場合、両方を安全な場所まで避難させます

車はハザードランプをつけた状態で、路肩などに停車させておくとよいでしょう。
車を置いたままにしておくと、後続車の邪魔になりますし、最悪の場合二次被害も生みかねません。

2. 警察、救急への連絡

車と怪我人の安全が確保できたら、警察へ連絡をいれましょう。
これは、人を巻き込んでいない事故であっても同じです。

事故を起こした際に警察へ連絡することは、道路交通法で定められています。
「だれも怪我をしていないから」「目撃者もいないし、バレないだろう」と考え、連絡を怠ることは絶対にNGです。

また、怪我人がいた場合は救急にも必ず連絡をいれましょう。

3. 情報の交換、証拠の保全

連絡が済んだら、事故の相手と連絡先を交換してください。
事故を起こした、もしくは起こされた場合、基本的なやり取りは保険会社を挟んで進んでいきます。

その際に、相手方の連絡先が分からなければ、保険会社も連絡の取りようがありません。

また、余裕があれば証拠写真などを撮影して残しておくのもよいでしょう。
事故現場車の損傷部分ドライブレコーダー映像などが証拠にあたります。

事故当時のことを改めて振りかえり、信号はどうだったか、スピードは出ていたかなどを思い出し、メモにとっておくと役に立つこともあります。

4. リース会社、保険会社への連絡

保険会社やリース会社への連絡は、なるべく警察による現場検証が終わったあとにしましょう。

場合によっては、連絡者へ折り返しの電話をかける可能性もあるためです。
もちろん、警察からなにか指示があった場合はそちらに従ってください。

また、リース車はあくまでもカーリース会社のものです。

小さな傷であっても、運転手は車の持ち主へ連絡をする義務があります。
必ずリース社へ連絡をとり、指示をうけましょう。

関連記事:車を擦った場合の対処法とは?自動車保険を活用すべき?

追突した側? された側?

リース車で事故を起こしてしまった場合、修理費はどうなるのでしょうか?
人身事故を起こしてしまった場合は?

まず、前提として事故は大きく以下の3つに分けられます。

  • 人と車の「人体車両事故」
  • 車どうしの「車両相互事故」
  • 第三者を巻き込んでいない「車両単独事故」

「自分がぶつけた場合」と「相手から車をぶつけられた場合」の2つの観点から、それぞれの疑問を確認していきましょう。

自分がぶつけた場合

修理費に関して

自分が相手の車にぶつけてしまった(車両相互事故)場合、相手への損害賠償金とリース車(自分が乗っていた車)の修理費を出す必要があります。

相手が怪我をした場合、カーリース契約時に強制的に加入している「自賠責保険」により補償がされます。しかし「自賠責保険」の対象に、物損は含まれません

物損、つまり相手の車の修理費は「任意保険」の対象となりますが、この保険に加入していない場合は実費で払うこととなります。

リース車の修理費は、カーリース契約に含まれていません。よって、先ほどと同じく任意保険か自身で負担する必要があります。
また、ガードレールや電柱にぶつかるなど、単独で起こした事故(車両単独事故)の際も、同じ理屈です。

関連記事:カーリースでも任意保険はつけるべき?保険の必要性を詳しく解説

契約に関して

車の破損が一部で済んでいるのであればそのまま契約続行となりますが、全損の場合はその限りではありません。

全損とは?

「全損」とは修理が不可能なほど破損している状態か、修理費用が時価額を超えてしまう状態のことを指します。

全損の場合は?

この場合、カーリースの契約はその時点で解約となります。
カーリースは中途解約を想定していない設定なので、その分カーリース側は損をしてしまいます。

そのため、全損による中途解約が発生した場合、解約金を支払わなければいけない可能性もあります。

人にぶつかってしまった

車ではなく人にぶつかってしまった(人体車両事故)場合は現金、もしくは任意保険によって賠償金を支払うことになります。
「車両相互事故」において、相手側に怪我を負わせてしまった場合と同じ、ということですね。

つまり、自分がカーリース契約の際に任意保険に加入していれば保険でまかなえますし、加入していない場合は現金での支払いになるということです。

相手から車をぶつけられた場合

相手から車をぶつけられ、自分の過失がない事故のことを「もらい事故」と呼びます。
もらい事故の場合、相手側の過失が10割となりますので修理費の100%を請求することができます。

自分にも相手にも過失があった場合は、きちんとその分の支払いをしなければなりません。

リース車の事故で覚えておきたいこと

繰りかえしになりますが、リース車の事故で必ず押さえておくことは、必ずリース会社へ連絡を入れることです。
事故の種類や程度に限らず、必ず連絡をしましょう

事故時の連絡に関しては、契約者の義務として約款上記載されていることがほとんどです。勝手な判断で修理をしてしまうと契約違反となるので注意してください。

関連記事:レンタカーの傷 許容範囲は?修理費は保険でカバーできる?

まとめ

事故を起こしてしまったとき、正しく冷静な行動が取れなかったことで、さらに自分の負担が重くなってしまった…ということになりかねません。

そうならないためにも、今回の記事をよく確認しておき、有事の際にしっかりと行動にうつせるようにしておきましょう。

もちろん、事故を起こさないことが一番です。
いつでも安全な運転を心がけ、素敵なカーライフを送りましょう。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。