ジムニーとジムニーシエラの違いや向いている人の特徴を解説します!

ジムニー及びジムニーシエラは、スズキが製造・販売している四輪駆動車です。
パッと見たときの外観も似ているため、2つの違いについて知らない人も多いのではないでしょうか。

この記事では、ジムニーとジムニーシエラの特徴を比較し、それぞれの違いや向いている人の特徴について解説します。どちらを購入するか迷っている人は、今回紹介する内容をぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

ジムニーとジムニーシエラの違いとは

ジムニーとジムニーシエラの大きな違いは、ジムニーは「軽自動車」であり、ジムニーシエラは「普通車」であることでしょう。

そのため、搭載エンジンや排気量などのスペックに違いがあります。詳しいスペックは以下で紹介します。

また、普通自動車と軽自動車そのものの違いについては下記に関連記事を載せています。

スズキ|ジムニー

ジムニーのスペックは、以下の通りです。

メーカースズキ
車名ジムニー
ボディタイプSUV
ドア数3
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,725mm
車両重量1,040kg
総排気量658cc
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク40L
駆動方式パートタイム4WD
トランスミッション5MT
※参考元:ジムニー|主要諸元表
※参考元:ジムニー|公式サイト
※紹介グレードは「XC」

スズキ|ジムニーシエラ

ジムニーシエラのスペックは、以下の通りです。

メーカースズキ
車名ジムニーシエラ
ボディタイプSUV
ドア数3
全長3,550mm
全幅1,645mm
全高1,730mm
車両重量1,080kg
総排気量1,460cc
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク40L
駆動方式パートタイム4WD
トランスミッション5MT
※参考元:ジムニーシエラ|主要諸元表
※参考元:ジムニーシエラ|公式サイト
※紹介グレードは「JC」

関連記事:軽自動車と普通車の違いとは?維持費や走行性能の違いを解説

関連記事:軽自動車のナンバープレートを黄色から白に変更できる?やり方や費用を解説!

関連記事:スズキ「ジムニーシエラ」の燃費や運転のコツを解説

ジムニーとジムニーシエラのグレードや価格の違いは?

ここでは、ジムニー及びジムニーシエラのグレード毎の価格について紹介します。

スズキ|ジムニー

ジムニーのグレードは3つに分けられています。グレード毎の価格は以下の通りです。

グレード車両本体希望価格(税込)
XG1,555,400円(5MT)
/1,654,400円(4AT)
XL1,681,900円(5MT)
/1,780,900円(4AT)
XC1,804,000円(5MT)
/1,903,000円(4AT)
※参考元:ジムニー|公式サイト

スズキ|ジムニーシエラ

ジムニーシエラのグレードは2つに分けられています。グレード毎の価格は以下の通りです。

グレード車両本体希望価格(税込)
JL1,863,400円(5MT)
/1,962,400円(4AT)
JC1,985,500円(5MT)
/2,084,500円(4AT)
※参考元:ジムニーシエラ|公式サイト

価格を抑えた「ジムニーXG」

XGはジムニーのみに設定される価格を抑えたグレードで、最低限の装備のみ搭載されています。

また、エアコンは手動で調節するタイプです。
キーを回してエンジンをかける仕様であり、後部座席は一体式で、リクライニング機構がありません。

快適性や利便性よりもコストの低さを重視しているため、社用車やカスタマイズのベース車としてよく使用されます。

中間グレード「ジムニーXL」、シエラのベースグレード「ジムニーシエラJL」

ジムニーのXLは中間グレードであり、フォグランプが装備されていない点がXGとの違いといえるでしょう。

また、エンジン始動方法はスイッチ式を採用していることや、フルオートエアコン、リクライニング可能な分割式の後部座席を搭載といった快適装備が充実しています。

ジムニーシエラのJLに装備される内容はXLとほぼ同様です。なお、JLはジムニーシエラにおける基本グレードです。

最上級グレードである「ジムニーXC」と「ジムニーシエラJC」

ジムニーXCとジムニーシエラJCは、グレードの最上級に位置し、LEDヘッドランプやアルミホイールを標準採用しています。

内装ではステアリングに本革を採用しているため、高級感を感じられるでしょう。

また、速度超過を抑止する「クルーズコントロールシステム」を備えているため、走行における安全性も高まっています。

関連記事:車内環境を快適にする車用ハイテクグッズをご紹介!

ジムニーとジムニーシエラの違いを細かく比較!

ジムニーとジムニーシエラの違いは、搭載エンジンや排気量以外にもさまざまな点が挙げられます。ここでは、その他の違いについて紹介します。

ジムニーは5MT車の燃費性能が優れている

ジムニーのWLTCモードのカタログ燃費は、4AT車が14.3km/L、5MT車が16.6km/Lです。

対するジムニーシエラは4AT車が14.3km/L、5MT車が15.4km/Lとなっています。4AT車の燃費は同じですが、5MT車に関してはジムニーの方が優れています。

ジムニーの方が維持費を抑えられる

ジムニーシエラは見た目が優れ、高い走行性がありますが、普通車のため自動車税の負担が多くかかります。一方、ジムニーは軽自動車税が適用されるため、維持費を抑えられます。

ジムニーシエラはワイドで迫力ある見た目

ジムニーシエラはジムニーと異なり、オーバーフェンダーが装着されています。

ジムニーシエラのオーバーフェンダーは大型であるため、ジムニーよりもクロスカントリーのような印象を強く受けます。

ジムニーシエラは運転における安定性が優れている

ジムニーシエラの特徴は、ワイド化に伴ってタイヤの幅も広くなっていることが挙げられます。ホイールはジムニーの16インチより小さい15インチですが、ワイドトレッドのためコーナーでの安定性が向上しています。

関連記事:車がパンクしたらどこで修理できる?費用の相場の紹介と解説

ジムニーとジムニーシエラにおける向いている人の特徴

ここからは、ジムニーとジムニーシエラがどのような人に向いている車なのかを紹介していきます。

ジムニーが向いている人

ジムニーが向いている人の特徴は以下の通りです。

・維持費をなるべく抑えたい
・悪路走行をしてみたい

軽自動車のジムニーは、車両本体価格がジムニーシエラよりも安価であるため、各種税金などの維持にかかるお金の出費も抑えられるでしょう。
車を購入する際に維持費を安く抑えたい人には「ジムニー」をおすすめします。

また、ジムニーは全長や全幅が小さいため、狭い林道でも機動力を発揮できるでしょう。日本の林道は道幅が狭い場所が多く、ジムニーシエラでは通ることができない状況に遭遇することも考えられます。そのため、ジムニーは林道などのオフロードを走ってみたい人にも向いているでしょう。

ジムニーシエラが向いている人

ジムニーシエラが向いている人の特徴は以下の通りです。

・走りの力強さを求める
・長距離を走ることがある

ジムニーシエラの特徴は、排気量が大きく加速性能が高いことが挙げられます。

一方、維持費を抑えられるジムニーは軽自動車の制約もあるため、加速性能は劣るでしょう。
ジムニーシエラは、オンロードとオフロードの両方で力強い走りを求める人におすすめします。

また、高速道路などに頻繁に乗り、遠くへ出かけることが多い人にもジムニーシエラは適しています。

関連記事:人気のSUVの中古車をお得に購入するポイントとは?

関連記事:SUVの選び方を徹底解説!SUVにはどんな特徴や種類がある?

まとめ

この記事では、ジムニーとジムニーシエラの違いや、向いている人の特徴について紹介してきました。

ジムニーは、軽自動車に分類されることから維持費を抑えられ、運転における小回りが利きやすい点が特徴です。一方のジムニーシエラは、ワイドトレッドであるため走行における安定性に優れ、オフロードでも走破性に優れた走りを実現できます。

ジムニーまたはジムニーシエラを購入しようと検討している人は、それぞれの特徴が自身のライフスタイルに合っているかを考慮したうえで選びましょう。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。