女性に人気!スズキのおすすめ軽自動車をご紹介!

2022年12月現在、日本国内の大手自動車メーカー8社は、個性豊かな軽自動車を販売しています。

さまざまな自動車メーカーが長年にわたり軽自動車の研究開発に心血を注いできましたが、軽自動車の発展に寄与してきたと多くの人が認める自動車メーカーの1社はスズキでしょう。

そこで本記事では、スズキが製造販売しているおすすめの軽自動車を紹介します。

関連記事:ハイブリッド軽自動車のおすすめは?ランキングTOP5を紹介

関連記事:人気の軽自動車ベスト11をおすすめランキングで紹介!選ぶポイントも解説

軽自動車とはどのような車?

スズキといえば軽自動車のイメージがありますが、そもそも軽自動車とはどのようなものなのでしょうか?

自動車の種類や区分は道路運送車両法で分類されており、軽自動車も基準が設けられています。

軽自動車の基準とは?

軽自動車の基準が初めて設けられたのは、昭和24年(西暦1949年)のことであり、当時の基準は

【サイズ:全長2,800mm以下、全幅1,000mm以下、全高2,000mm以下】
【排気量:4サイクルエンジン、150cc以下、2サイクルエンジン、100cc以下】

でした。

幾度かの変更を重ねて、2022年12月現在の軽自動車の基準は以下のようになっています。

【サイズ:全長3,400mm以下、全幅1,480mm以下、全高2,000mm以下】
【排気量:660cc以下】

軽自動車に乗るメリットとは?

軽自動車に乗るメリットの1つは、以下に挙げる自動車税などの費用が普通車と比較して安価であることです。

  • 重量税(軽自動車は一律)
  • 自動車損害賠償責任保険
  • 自動車税
  • 購入時のみの納付となる環境性能割(自動車取得税廃止に伴い導入)
    普通車:取得価格×0~3%、軽自動車:取得価格×0~2%
    (燃費性能や価格によっては普通車の方が安価な負担額となるケースがあります)

また、ボディサイズがコンパクトなため、対向車とのすれ違い時に車同士の接触が起こるリスクが低い等、運転がしやすいことや駐車がスムーズに行えること等も軽自動車に乗るメリットといえるでしょう。

関連記事:軽自動車と普通車の違いとは?維持費や走行性能の違いを解説

軽自動車はなぜ女性に人気がある?

運転する女性

一般社団法人日本自動車工業会が2022年3月に公表した『軽自動車の使用実態調査報告書』によれば、軽自動車(乗用タイプ)の主な運転者の割合は、【女性:63%】【男性:37%】となっており、軽自動車は女性に人気があることが分かります。

軽自動車の女性人気が高いのは、さまざまな理由があります。

ポップなカラーバリエーションと愛らしいデザイン

ポップなカラーバリエーションとポップなカラーが映える外観デザインをしている軽自動車をさまざまな自動車メーカーが販売していることは、軽自動車の女性人気が高い理由の1つといえるでしょう。

収納スペースが豊富で使い勝手が良い

さまざまなアイディアを駆使して、至る所に収納スペースが設置してあり使い勝手がいい車内であることは、軽自動車が女性に人気がある理由の1つでしょう。

ボディサイズがコンパクトで運転に困らない

コンパクトなボディサイズである軽自動車は、狭い道路でも運転がしやすいだけではなく、スーパーマーケットやショッピングモール等の駐車場での取り回しに困らないことも、軽自動車の女性人気が高い理由の1つです。

スズキの軽自動車の特徴

スズキの車のイメージ

スズキの軽自動車の特徴の1つは、愛らしい外観デザインの車やスポーティな外観デザインの車、ポップなカラーバリエーションの車やクールなカラーバリエーションの車等、魅力的で豊富なラインアップの中から選ぶことができるところでしょう。

スズキの軽自動車は、ファミリーカーとして活躍する全高が高くスライドドアを装備した車や、街中だけに留まらずアウトドアでも活躍する車、オフロードを巧みに走行できる性能を備えた車等、さまざまなニーズに対応可能です。

燃費性能の向上を図るS-エネチャージ

スズキの軽自動車の多くは、S-エネチャージと呼ばれている、減速する際に発生するエネルギーを用いて発電した電力を活用するシステムを装着し、燃費性能の向上を図っています。

スズキの軽自動車の中でもっとも燃費性能が優れている車の燃費(WLTCモード)は27.7km/Lであり、他の自動車メーカーの軽自動車を含めてもトップクラスです。

充実した安全装備

多くのスズキの軽自動車は、SUZUKI Safety Support(スズキ セーフティ サポート)と名付けられた安全運転を補助するさまざま技術を搭載しており、サポカーSワイドに該当しています。

なお、サポカーSワイドとは、政府が高齢運転者の交通事故防止対策の一環として普及啓発に取り組む、安全運転を支援してくれる車「セーフティ・サポートカー(サポカー)」の区分の一つです。

女性に人気のスズキの軽自動車をご紹介!

女性人気が高いスズキの軽自動車の中から、3モデル【ラパン・ハスラー・スペーシア】を紹介します。

スズキ|ラパン

ラパン(Lapin)はフランス語で「うさぎ」という意味で、エンプレムがウサギなだけでなく、様々なところにうさぎのモチーフが散りばめられています。箱型の四角いボディの中に丸みを取り入れ、まるしかくいレトロなデザインもとても可愛らしく女性に大変人気です。

また、2022年6月にはラパンLCが発売開始されました。
可愛い外観はもちろん、レザー調とファブリックの上品なシートはこれまでにないデザインで、ベージュとブラウンをベースにしたおしゃれなインテリアは多くの女性の心をぐっとつかんでいます。

関連記事:ラパンの内装を紹介!便利なオプションについても解説

ラパンのグレード

ラパンLC インテリア
ラパンLCの室内
出典:スズキ株式会社

ラパンとラパンLCのグレードは以下の5つです。全てのグレードで2WDと4WDを選択できます。

  • (ラパン)X
  • (ラパン)L
  • (ラパン)G
  • (ラパンLC)X
  • (ラパンLC)L

ラパンの主なスペック

ドア数5
全長3,395 mm
全幅1,475 mm
全高1,525 mm
車両重量(kg)680 kg(2WD)
730 kg(4WD)
総排気量658 cc
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク27 L
駆動方式2WD(前2輪駆動)
フルタイム4WD
トランスミッションCVT/5MT
燃費性能(WLTCモード)26.2 km/L(2WD)
24.6 km/L(4WD)
メーカー希望小売価格1,251,800円~1,690,700円(税込)
参考元:スズキ公式サイト|ラパン 主要諸元
参考元:スズキ公式サイト|ラパンLC 主要諸元

スズキ|ハスラー

ハスラー
出典:スズキ株式会社

ハスラーは軽ワゴンタイプの乗用車とSUVを融合させた新しい軽自動車として2014年に発売開始されました。
四角いボディに丸みを帯びたデザインでカラーバリエーションも豊富なため、男性だけでなく女性にも人気があります。

また、快適な走りと個性的なデザインで、アウトドアでも街中でも活躍する人気の車です。

ハスラーは純正のタイヤサイズが15インチと、軽自動車に多い14インチよりも大きいため、コーナリング性能がよく操縦安定性が高いのが特徴です。つまり乗り心地が良い車といえます。

関連記事:ハスラーの燃費比較や性能を解説!J STYLEⅡの燃費は?

ハスラーのグレード

ハスラーHYBRID Xターボのインパネ
出典:スズキ株式会社

ハスラーのグレードは4種類あります。

  • HYBRID Xターボ
  • HYBRID X
  • HYBRID Gターボ
  • HYBRID G

ハスラーの主なスペック

ドア数5
全長3,395 mm
全幅1,475 mm
全高1,680 mm
車両重量810〜890 kg
総排気量657〜658 cc
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク27L
駆動方式2WD(前2輪駆動)/フルタイム4WD
トランスミッションCVT
燃費性能(WLTCモード)2WDモデル:22.6km/L~25.0km/L
4WDモデル:20.8km/L~23.4km/L
メーカー希望小売価格1,365,100円~1,817,200円(税込)
参考元:スズキ公式サイト|ハスラー 主要諸元

スズキ|スペーシア

スペーシアは、ファミリーカーとしても活用できるスライドドアの軽ハイトワゴンです。
広い室内とスライドドア、荷物の積み下ろしもしやすく考えられ、シートアレンジも豊富。家族での使用を徹底的に考慮して設計されています。

2018年にはよりアクティブに使えるSUVデザインのスペーシアギアも発売され、デザインやカラーが豊富で様々なバリエーションがあります。

関連記事:スーツケースモチーフが映えるスズキ スペーシアの内装を紹介

関連記事:スズキ スペーシアはどういった車なのか?スペックや特徴をまとめて紹介

スペーシアのグレード

スペーシアのインパネ写真
出典:スズキ株式会社

スペーシアは「スペーシア」「スペーシア カスタム」「スペーシア ギア」があり、全7種類のグレード展開となっています。さらに、特別仕様車である「スペーシア ギア マイスタイル」を加えるとグレードは全8種類となります。

  • (スペーシア)HYBRID X
  • (スペーシア)HYBRID G
  • (スペーシア カスタム)HYBRID XS TURBO
  • (スペーシア カスタム)HYBRID XS
  • (スペーシア カスタム)HYBRID GS
  • (スペーシア ギア)HYBRID XZ TURBO
  • (スペーシア ギア)HYBRID XZ
  • スペーシア ギア マイスタイル

また、ここでは紹介しませんが、商用車である「スペーシア ベース」にも2種類のグレードがあります。

スペーシアの主なスペック

ドア数5
全長3,395 mm
全幅1,475 mm
全高1,785 mm
1,800 mm(ギア、ギア マイスタイル)
車両重量850〜950 kg
総排気量658 cc
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク27 L
駆動方式2WD(前2輪駆動)/フルタイム4WD
トランスミッションCVT
燃費性能(WLTCモード)2WDモデル:19.8km/L~22.2km/L
4WDモデル:19.2km/L~20.2km/L
メーカー希望小売価格1,312,300円~2,006,400円(税込)
参考元:スズキ公式サイト|スペーシア 主要諸元
参考元:スズキ公式サイト|スペーシア カスタム 主要諸元
参考元:スズキ公式サイト|スペーシア ギア 主要諸元
参考元:スズキ公式サイト|スペーシア ギア マイスタイル 主要諸元

まとめ

そもそも軽自動車とは何かをご説明し、スズキのおすすめ軽自動車3台をご紹介しました。

大きさと排気量によって定義されている軽自動車ですが、決められた基準の中で様々な工夫をこらし魅力あふれる個性を持っています。

「ラパン」はレトロなデザインで女性に人気で、「ハスラー」は操縦性能が高くアウトドアも街乗りも楽しめます。「スペーシア」はファミリー向けで小さなお子さんのいる世代に人気があります。

今回スズキの軽自動車として紹介した「ラパン」「ハスラー」「スペーシア」は人気の軽自動車で、この3台だけでも様々なグレードや違いがあります。

車の購入を検討する際は、ぜひ今回の記事を参考にされてください。
デザインや室内の広さはもちろん、スライドドアの有無、燃費、安全性能など様々な観点で検討をし、実際に車に乗ってみるのがおすすめです。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。