ダイハツタフトのおすすめカラーは?9色全て紹介!後悔しない色選びを!

ダイハツタフトは、軽自動車のクロスオーバーSUVとして人気の車です。

タフトが気になっているという人の中には、カラーが9色展開されていることから、どのカラーが良いか悩んでいる人もいるでしょう。

この記事ではタフトのカラーに注目し、それぞれのカラーの特徴や、どのような場面にどのカラーがフィットするのかついて解説します。
記事を最後まで読んでもらうと、自分にぴったりのカラーが見つかるはずです。

関連記事:SUVのおすすめ人気ランキング!車種別おすすめポイントも解説!

ポチモバナーPC
ポチモバナーSP

ダイハツタフトの概要

現行のダイハツタフトは、2020年から3代目タフトとして発売されている、軽自動車のクロスオーバーSUV車です。

新しく生まれ変わったダイハツタフトは、そのコンパクトさから、街中の普段使いの場面でもとても利用しやすい車になりました。

そして大自然を旅するような場面でも活躍してくれるため、幅広いシーンで頼もしい相棒になってくれます。

特徴的な装備は、全グレードに標準装備されているスカイフィールトップです。
この装備は、前席の上部がガラスルーフになっている仕様により、ドライブ中に開放的な景色を楽しめるというものです。

シェードは開け閉めできるため、さまざまなシーンに応じて使い方を選べます。

ガラスには紫外線・赤外線をカットする「スーパーUV&IRカット機能」が施されており、真夏でも安心してシェードを開放できるのも、嬉しいポイントです。

関連記事:ダイハツタフトの内装と車内の便利な装備を紹介

ダイハツタフトのカラーバリエーションについて解説

ダイハツタフトには、全部で9つの魅力的なカラーが用意されています。ここでは、全てのカラーバリエーションについて、その特徴を丁寧に解説します。

なお、「G」「Gターボ」グレード以外では選択できないカラーもあるため、先に全グレード共通で選択できる5色を紹介します。

その後、「G」「Gターボ」グレードのみ選択できる4色の紹介に移ります。

関連記事:【冬服コーデ】2022年はパーソナルカラーで車込みコーデが主流に!?

レイクブルーメタリック

レイクブルーメタリックは、落ち着いた淡い青色が特徴です。
タフトのホームページのトップにもこのカラーの写真が貼られており、タフトの顔ともいえるカラーです。

ブルーの中でも個性を主張しすぎない優しい色合いであるため、性別・年齢を問わずに受け入れられるカラーといって良いでしょう。

フォレストカーキメタリック

フォレストカーキメタリックは、緑色をベースとした優しい色合いが特徴です。
緑をベースとしていることから、アウトドアにとてもよく馴染むカラーといえます。

泥や土がついても目立ちにくいため、タフトで大自然を疾走したいという人は、ワクワクする相棒としてうってつけのカラーです。
また落ち着いた色合いであることから、年配の人が運転していても違和感のないカラーです。

サンドベージュメタリック

サンドベージュメタリックは、落ち着いたベージュカラーです。
こちらのカラーもレイクブルーメタリックと同様に、タフトのホームページのトップに写真が貼られており、一押しのカラーということが分かります。

アウトドアを楽しむことに適した色合いをしており、さまざまな汚れが目立ちにくいという特徴があります。落ち着きのあるベージュのカラーは、女性が普段街乗りをするような場面にもフィットし、幅広い用途で使い勝手の良いカラーといえるでしょう。

ダイハツタフトバナー

シャイニングホワイトパール

シャイニングホワイトパールは、光沢のある白色ベースのカラーです。
このカラーは、どのような場面や人にもフィットするため、定番の人気カラーになっています。

クロムグレーメタリック

クロムグレーメタリックは、ブラックに近いシックなグレーカラーです。
レトロカーを彷彿とさせるこのカラーは、2022年9月のタフト改良時に追加されました。

後に紹介するブラックマイカメタリックに比べると明るい色で、優しい雰囲気も残しつつ力強さも兼ね備えたカラーになっています。

まだ市場に流通して間もないため、新色が良いという人にもおすすめします。

ここまで紹介したカラーは、全グレード共通で選択できるものになっています。
ここから紹介するカラーは、「G」「Gターボ」グレードのみ選択できるカラーです。

ダイハツタフトバナー

セラミックグリーンメタリック

セラミックグリーンメタリックは、緑をベースとした明るいカラーです。
こちらのカラーも2022年9月の改良で追加されました。

街中に溶け込む自然な色合いであり、若い世代にフィットしやすいでしょう。
優しい色合いが好みという人におすすめします。

コンパーノレッド

コンパーノレッドは、街中でもひと際目立つ赤色のカラーです。
タフトのカラー展開の中でもレッドの存在感はひと際強いものがあります。

スタイリッシュにタフトを乗りこなしたいという人には、おすすめのカラーです。

レーザーブルークリスタルシャイン

レーザーブルークリスタルシャインは、深海を彷彿とさせるきれいなブルーカラーです。
このカラーも2022年9月の改良で追加されたため、まだ街中に出回っている数は多くありません。

オシャレでもあり奥ゆかしさも感じるカラーであるため、一目ぼれする人も多いのではないでしょうか。

ブラックマイカメタリック

ブラックマイカメタリックは、人気定番のブラックカラーです。
優しい表情をしているタフトですが、ブラックを身にまとうことで大人の雰囲気がグッと強くなります。

車の雰囲気に力強さを求めるような男性は、特にこの色に惹かれる人が多いかもしれません。

タフトのおすすめカラーはこの3色

ここでは、紹介したタフトの全カラーから、おすすめの3色について紹介します。

ダイハツタフトバナー

これぞタフト!レイクブルーメタリック

タフトといえばレイクブルーメタリックといえるほど、タフトを象徴するカラーです。
全グレードで追加料金なく選択できる点もおすすめできるポイントです。

老若男女問わず違和感なくフィットするデザインとなっており、このカラーを選んでおくとさまざまなシチュエーションで活躍する車となるでしょう。

親しみやすい優しいブルーのタフトで、さまざまな場所に出かけたくなるはずです。

定番カラー!失敗なしのシャイニングホワイトパール

定番のシャイニングホワイトパールは、選んで間違いのないカラーです。白色は膨張色ともいわれ物体が大きく見えるため、軽自動車のタフトも堂々とした佇まいに映ります。

街中にも自然と馴染む清潔感のあるカラーであるため、いつでも気持ちよくハンドルを握れるでしょう。どのカラーにしようか迷っている人は、シャイニングホワイトパールを選んでおけば安心です。

アウトドアを楽しむ!フォレストカーキメタリック

自然に溶け込むカラーといえば、フォレストカーキメタリックです。キャンプなどのアウトドアによく行くという人は、このカラーを選んでおけば、車に乗るだけで気持ちもどんどん上がるはずです。

他の車ではあまり見かけないカラーでもあるため、アウトドアの場面だけではなく、街中での存在感も抜群です。

まとめ

ダイハツタフトには、特定のグレードのみ選択可能なカラーも含めて、9色のボディカラーが用意されています。

その中で今回特におすすめしたいカラーは、「レイクブルーメタリック」「シャイニングホワイトパール」「フォレストカーキメタリック」の3色です。

タフトは、街中を運転しやすいコンパクトな車であると同時に、開放感のあるスカイフィールトップでアウトドアを思う存分楽しめる車です。

お気に入りのカラーを見つけて、タフトと一緒に旅をしてみるのはいかがでしょうか。

画像引用元:ダイハツ工業株式会社

ポチモバナーPC
ポチモバナーSP

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。