オートローンとは?審査に通過するためのポイントを紹介!

車を購入する際に心強い味方となるオートローンは、自動車に特化したローンです。
効果的に利用すれば新車を手軽に購入ができますが、他のローンとは少し違うためポイントをおさえて利用することが重要になります。

この記事では、オートローンの概要や注意点、種類などを紹介します。

オートローンとは

疑問イメージ

ここでは、オートローンの概要について紹介します。

オートローンは自動車関連に特化したローン

オートローンとは、自動車の購入や修理などに必要な費用を信販会社などに立て替えてもらい、契約期間内に分割で返済していくサービスのことです。
クレジットカード会社や銀行などによって名称が異なりますが、マイカーローン自動車ローンとも呼ばれることがあります。
ローンのため、契約期間の金利分の利息を上乗せする形で返済をする必要がありますが、高額な車を一括払いで購入することが難しいケースでは心強い存在となります。

また、オートローンは提供元の会社によっていくつかのタイプがあるのも特長です。
ローンのタイプによっては比較的簡単に借りられることも大きな特徴といえます。

購入以外にも車関係限定で利用できる

オートローンはカードローンをはじめとした他のローンと異なり、自動車関連であれば利用できるローンです。

オートローンの種類やタイプによっても異なりますが、車の修理や車庫の建設などにも使うことが可能です。個人売買でなければ中古車購入の際も利用できます。
また、一般的なローンと比べて借りるための審査に通りやすいタイプのローンもあり、場合によっては金利も比較的安価に抑えることが可能です。

オートローンの種類

オートローンには提供元によっていくつかの種類があります。
ここでは、代表的な3つのオートローンを紹介します。

銀行系ローン

銀行系ローンは銀行が用意するオートローンのことです。

特長は金利が低いことで、1%~3%前後が金利の平均相場です。
また、他のローンが車を担保に貸し付けを行うのに対し、銀行系ローンでは車が担保になりません。
返済可能なのか判断して現金を貸し付けるという特長があるため、車が自分名義になるという大きなメリットがあります。

しかし、審査が厳しく審査時間が長い傾向にある他、購入手続きに必要な書類を金融機関に持っていき、そこから審査が始まります。他のローンに比べ、手間がかかるのが銀行系ローンといえるでしょう。

ディーラー系ローン

ディーラー系ローンとはディーラーが提携するカード会社や信販会社が提供を行うオートローンです。
金利の相場は4%~8%と銀行系ローンと比較すると、少し高い傾向にありますが審査が通りやすいローンといわれています。

また、自動車販売店やディーラーの店内で審査や契約ができるため銀行系ローンと違い、手間がかからず審査時間が短いことが大きな利点です。
一方でディーラー系ローンでは車を担保に借り入れを行っているため、ローンの返済を終えるまで車の所有権の名義はカード会社や信販会社にあります。

自社ローン

自社ローンは販売店が独自に提供するオートローンのことです。
ローンという名前はついていますが、カード会社や信販会社、金融機関を通さないため、販売店の分割払いともいえます。
販売店が独自に提供を行うため、審査が短いことや販売店によっては金利がないことがメリットとして挙げられます。

一方、金利がない代わりに手数料がかかるケースは少なくありません。手数料が高額な場合、ローンより支払総額が高くなる可能性があります。
ディーラーローン同様、車の名義が販売店になるため、売却や廃車が簡単にできないのもデメリットといえます。

関連記事:400万の車をローンで購入する場合に発生する月々の返済額はいくら?

関連記事:車のローンの平均年数はどのくらい?返済額や購入の流れも紹介

オートローンの金利の種類

オートローンも他のローンと同様に、金利の設定及びお金を借りるにあたり、利息が発生します。

金利の種類は、

  • 固定金利
  • 変動金利

の2種類です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

オートローンの金利の種類:固定金利とは

固定金利は、ローンの返済期間中に、利率が変わりません
つまり、繰上げ返済などをしない限り、毎月の返済額も変わらないのです。

返済計画も、立てやすいでしょう。

ローン申込時より市場金利が上がった場合でも、固定金利ならば利率は変わらないので、安心ですね。

デメリットは、市場金利が下がった時にあります。

通常であれば市場金利が下がれば、利率にも影響があります。

利率が下がれば、支払う利息も少なくなるのですが、固定金利の場合利率は変わりません
したがって、支払う利息も少なくなることは、ないのです。

オートローンの金利の種類:変動金利とは

変動金利は、市場金利の影響を受けて、返済期間中も利率が変わる可能性があります。
固定金利とは逆、と考えてもらえるとわかりやすいでしょう。

通常、半年に一度利率を見直すタイミングが訪れます。

市場金利において、低金利状態が続けば、固定金利よりも支払う利息が少なくて済むでしょう。

一方、その逆ももちろん可能性としてあります。

固定金利にするか、変動金利にするか、金融機関の担当者様にも相談すると良いですね。

オートローンの審査はどうやって行われる?

オートローンの審査基準は大半が非公開です。
しかし、審査の対象となるポイントはある程度決まっています。

ここでは、オートローンの審査はどのように行われるのか紹介します。

審査の基準は非公開なケースが大半

オートローンの審査基準はカード会社や信販会社、金融機関によって異なります。
そして、基準は非公開となっていることが大半です。

審査は提出された車の購入見積書や勤務先や勤続年数、口座残高を始めとした資産状況などが判断材料になっているといわれています。
また、ローンの返済が滞った場合に担保となるものの有無もチェックされるポイントです。
こうした情報を元にローンの提供先の基準に照らし合わせてクリアし、返済能力があるとみなされた場合が審査合格とみなされます。

審査で重要な信用情報の照会

オートローンではさまざまな情報が照会されます。

なかでも重要なのが信用情報です。
信用情報はローンの借り入れ状況やクレジットカードの支払い履歴などを記録したもので、信販会社や金融機関が協力し設立した信用情報機関が管理しています。
信用情報機関が管理する信用情報は、返済能力があるのか調査した結果や履歴をまとめた情報のため、ローンを組むのであれば信用情報は必ず確認されます。
仮審査で通る可能性が高いと出ていたにも関わらず審査に通らなかった場合、この信用情報に傷がある可能性が高いでしょう。

関連記事:審査に必ず通るオートローンは存在する?審査に通るためのポイントを紹介!

オートローンの利用において注意すべきこと

クルマの契約イメージ

オートローンは車に特化したローンのため、他のローンにない特長があります。
ここでは、ローンを組むに当たって注意すべき点を紹介します。

完済まで所有権が得られないローンもある

審査に通りやすいディーラーローンや自社ローンなどは、完済まで車の所有権が得られない場合があります。
そのため使用者は日常的に車を利用できますが、所有者だけが可能な売却や廃車、名義変更の手続きを取ることができません。

また、車が担保になっているため、支払金の滞納が続くと車が回収される場合があります。
オートローンで車を購入してディーラーが所有者となっている場合は、売却や廃車、名義変更を行う際は所有権を持つローンの提供先に連絡する必要があります。

返済プランを確認しないと損することもある

オートローンを利用するときは、返済プランを複数のパターンで確認し比較することが重要です。
同じようなローンであっても、細かな部分の手数料や返済方法が異なり、場合によっては損をすることがあるためです。
たとえば、一度に返済を行う繰り上げ返済はうまく使えば早期にローンを完済できます。
しかし、契約内容やローン会社によっては手数料が高額になるケースがあり、返済額によっては手数料がローンの金利を上回ってしまうことがあります。
繰り上げ返済の利用を考えている場合は、可能かどうかだけでなく他のローン返済額と比較しつつ、手数料の確認をしましょう。
また、ディーラーのなかには低金利キャンペーンを行っている場合があります。低金利のキャンペーンを利用することで、ディーラーローンでありながら銀行ローン並みの低金利でローンを組める場合もあります。

関連記事:ディーラーローンの金利はどれくらい?ほかのローンとの違いも紹介

関連記事:ディーラーローンとは?他のローンとの違いについて解説

オートローン審査に通過するためのポイント

オートローンには必ず審査があります。審査に不備なく合格するためには、いくつかのポイントをおさえることが必要です。
ここでは、審査に通過するためのポイントを紹介します。

事前に仮審査をしよう

オートローンの審査に通るためには仮審査を行うことが重要です。
仮審査は審査に通るかを事前に判断するため、インターネット上のツールや簡単な情報の記入で借り入れ可能額やローンの可否を判断でき、審査に落ちることを防ぐことができます。

また、審査の結果は信用情報に記録されます。
一度に複数のローン審査を行うと、「ローンの審査時に金銭的に余裕がない可能性がある」と判断されてしまう可能性があります。
信用情報が傷つかないための対策としても、仮審査を受けるのはおすすめです。

頭金の用意や他のローンの完済をしておく

オートローンに限らず、どのローンでも借りる金額が少なくなるほど審査に通りやすくなります。
また、頭金を多くして借り入れる金額を減らすことで、ローン審査に通りやすくなるため、利用する場合は余裕をもってお金を用意しておきましょう。

また、信用情報上では、携帯電話の端末料金やクレジットカードのキャッシング枠なども借り入れとしてカウントされるため、完済してからローンを組むように心がけましょう。

関連記事:マイカーローンの計算はどのように決まる?ローンの種類や注意点について

まとめ

オートローンは車に特化したローンです。他にはない特徴をもった提供元や確認するべきポイントがいくつかあります。
この記事では、オートローンで知っておくべき種類や特長、確認すべきポイントに加え、ローンの審査で重要となる審査に通過しやすくするための方法を紹介しました。
車の購入以外でも利用できるサービスのため、特長やポイントをおさえて賢くオートローンを利用しましょう。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。