マイカーローンの計算はどのように決まる?ローンの種類や注意点について

マイカーローンとは、車を購入するときに選べる車の購入方法の1つです。

自家用車を買おうと思っていても、ローンの種類や違いがよく分からず困っている人も多いのではないでしょうか。マイカーローンの種類は複数あり、支払金額にも違いが出てきます。

そこで今回は、マイカーローンの種類やローンの計算を左右するポイント、注意点、選び方について詳しく解説します。

自分に適したマイカーローンの正しい選び方を身につけて楽しいカーライフを手に入れましょう。

関連記事:新車や中古車を購入する際に知っておくべきマイカーローンの金利について

マイカーローンの種類

クルマの価格イメージ

マイカーローンは主に4種類に分けられ、どのローンを選ぶかによって支払金額も変わります。
マイカーローンで車を購入するなら、まずはローンの種類や違いについて理解しておきましょう。

オートローン(銀行系)

オートローンとは、車の購入に特化したローンを指します。
ローンを取り扱う会社によって名称が異なりますが、どれも同じ意味を持つローンです。

主に、銀行や信用金庫などが取り扱っていることで知られるオートローンですが、損害保険会社や信販会社なども展開しています。
オートローンは車の購入に特化しているため金利が安いというメリットがあります。
しかし一方で、必要書類が比較的多めで審査が厳しいというデメリットも。

特に銀行系のオートローンは審査時間が長い傾向にあります。

関連記事:新車や中古車を購入する際に知っておくべきマイカーローンの金利について

関連記事:apollostation card(アポロステーションカード)の年会費はいくら?出光カードからどう変わった?

ディーラーローン(ディーラー)

ディーラーローンとは、文字通りディーラーで組めるローンのことです。
借入先は、ディーラーが提携する信販会社やクレジットカード会社となります。

オートローンと異なり、審査時間が短く通りやすいのが特徴です。必要書類はディーラーや販売店で用意できるため、オートローンと比較すると短時間でローンを組めるのが大きなメリットといえるでしょう。

一方、オートローンと異なり車の所有者がディーラーや信販会社になるという特徴もあるため覚えておきましょう。

また、最近では残価設定型や下取り前提のディーラーローンも登場しており、選択肢が広がってきています。

自社ローン(販売店)

自社ローンとは、「ローン」と付いていますが、販売店独自の分割払いに該当する購入方法です。

信販会社や金融機関を通さず、販売店独自の基準をもとに契約を結ぶため、オートローンほど審査が厳しくない点が大きなメリットといえます。
信用情報の影響でローンを組みづらい人にとって、比較的難易度の低いローンでしょう。

実質的にはローンではないため、金利が発生しない点も大きな特徴です。
自社ローンは審査も短時間で済むため、すぐに車を購入したい人に向いています。

しかし、金利はないものの分割手数料などが高めに設定されるケースも多いため注意が必要です。

関連記事:中古車を自社ローンで購入!メリットや審査のコツを紹介

残価設定ローン

残価設定ローンとは、契約時に設定したローン終了後の車の下取り価格(残価)を車両価格から差し引き、残った金額を分割で返済していくローンを指します。

残価型クレジットとも呼ばれる購入方法です。
車の下取り価格を差し引いた分を返済することから、残価設定ローンは毎月の支払額が少ないのが特徴です。

また、ローン終了後に、複数の選択肢が取れるローンとしても知られています。
具体的には残価を支払わずに車を乗り換える、残価を支払って車を所有する、下取りに出して最終支払いをするなどの選択が可能です。

走行距離やカスタムに制限がかかるローンではありますが、車を頻繁に乗り換える人や最新の車を安く購入したい人におすすめのローンといえるでしょう。

関連記事:中古車のローン審査とは?ローンの種類や通るポイントを解説

マイカーローンの計算はどのように決まる?

マイカーローンの借入可能額は、ローンの販売会社によって異なります。
理由としては、販売会社によってローン金額の計算方法が異なるためです。

よって、次はローンの計算を左右するポイントを紹介します。

年収や年齢

マイカーローンは年収や年齢などをもとに、借入可能額が計算されます。
年齢や年収によって、支払いが可能な年数や返済リスクの可能性に影響が出るためです。

例えば定年を迎え年金での生活が始まる人がマイカーローンを組む場合、死亡リスクや収入の低下などの観点でローンが組めないケースがあります。
ローンを組めたとしても、借入額が低く設定される可能性もあるでしょう。

反対に、一般的に高額ローンが組みにくい年齢であっても、高収入であれば可能になるケースもあります。

こうした計算方法は信販会社によって異なります。
信販会社が設定しているローン上限年齢や下限年齢などを比較したり、確認してみるとよいでしょう。

関連記事:中古車のローン審査とは?ローンの種類や通るポイントを解説

借入状況や信用情報

マイカーローンの計算に大きく影響する要素が、他社の借入状況や借入履歴ともいえる信用情報です。
現在の借入状況や金融事故の有無によって、借入可能額が変わります。

たとえばマイカーローンを検討している人が他社で住宅ローンを組んでいる場合、支払える額が少なくなる可能性を見込んで、借入可能額が減る傾向にあります。

また、信用情報に問題がある場合ローン自体が組めないケースも少なくありません。

関連情報:新車を「頭金なしフルローン」で購入するメリット・デメリットとは?

マイカーローンの注意点

マイカーローンはほかのローンと異なる特徴があるため、あらかじめ注意点を把握しておきましょう。

今回は、マイカーローンの中でも特に注意すべき点を紹介します。

審査に通る必要がある

どのマイカーローンであっても、ローンを組むには審査が必要です。

ローンの審査とは、返済が滞る可能性があるかどうかをローン会社が見極めることです。
ローン会社としても貸し倒れを防ぎたいので、これは必ず行われます。

「この人はもしかしたら、ローンの返済ができないかもしれない」と現状や将来的な観点を含め判断されると、審査に落とされてしまうでしょう。

審査基準はローン会社によって異なりますが、一般的に年収や職業、勤続年数、年齢、借入額、信用情報などを確認しています。

そのため、マイカーローンで車の購入を考えている人は、できるだけ転職や退職前に審査を受けるのがおすすめです。

返済を終えるまで所有権がないローンもある

マイカーローンの中には、購入した自動車を担保にローン金額を設定するものがあります。
その場合、ローンを完済するまで車の所有権は金融機関や信販会社に設定され、購入者は使用者扱いになるため注意が必要です。

所有者と使用者の区別は、法律上、対象物が誰のものかを判断する上で必要になります。

普段、車を使用する上で特に支障はありませんが、使用者と所有車が別名義の場合、使用者は所有者の許可を得ないと車の売却や譲渡ができなくなります。

車を自由に修理・カスタムできないローンもある

残価設定ローンのように車の残価が関わるローンや、車が担保になっているローンの場合、車の修理やカスタムに制限がかかることがあります。

理由としては、修理状況やカスタムの有無によって車の残価に影響が出るためです。

たとえばディーラーで残価が関係するローンを組んでいる場合、メンテナンスや修理はディーラーで行うことが必須のケースや、カスタムを行うとしても原状復帰ができるホイールやオプションパーツのみに限られるケースがあります。

修理を自分で行う人や修理工場で安く済ませたい人、カスタムを楽しみたい人などはあらかじめ確認しておきましょう。

関連記事:新車ローンの組み方 何年がおすすめ? 金利の違いも徹底解説!

マイカーローンの賢い選び方

マイカーローンは種類や返済方法もさまざまで、自分に合うローンを選ぶ必要があります。続いては、マイカーローンのおすすめな選び方を紹介します。

金利をシミュレーションして見比べる

マイカーローンを選ぶ際に注目したい点は、金利です。

金利はローンを販売する金融機関や信販会社によって異なります。

たとえば一見安く見えるローンであっても金利が高く設定されていて、最終的な返済額がほかのローンより高くなることもあるかもしれません。

そのため、マイカーローンを組む際は、金利を細かく確認しておくことが大切です。

ローンを販売する信販会社や金融機関には、ローンのシミュレーションがあります。
シミュレーションで返済額や金利を確認し、自分に適したローンを選ぶように心がけましょう。

返済方法も事前に確認しておく

金利以外に注目すべき内容は返済方法です。

一般的に何回払いかが注目されがちですが、ローンによっては契約者が亡くなった場合や障害を負ってしまった場合でも、ローンを返済する団体信用生命保険が設定されていないケースがあります。

また、収入に余裕があるときに多めに返済して支払期間を短くする「繰り上げ返済」に、手数料がかかるローンも少なくありません。

場合によっては、支払う予定だった利息より手数料の方が高くなってしまう可能性もあります。

金利や借入可能額も重要なポイントですが、返済方法もしっかりと確認しておくのが大切です。

相見積もりを取って比較する

マイカーローンを利用する場合、複数のローン会社から見積もりを取るようにしましょう。
複数の見積もりを取って比較することで、金利や返済方法の違いが明確になります。

また、第一希望のローン審査に通らなかったとしても、相見積もりを取っておけばスムーズに別のローン審査に移ることが可能です。

見積もりを取っただけでは信用情報に悪影響を及ぼすことはないため、万が一に備えて、複数社で見積もりを取っておくことをおすすめします。

関連記事:300万円の車、月々のローン返済額は?おすすめの年数やローンの選び方

まとめ

マイカーローンは自動車の購入や修理に使えるローンです。

故障や事故、売却の可能性がある車の購入ローンのため、一般的なローンと異なる独特な規約や性質があります。

また、一見お得に見えるローンであっても、金利が高いケースや走行距離・修理に制約がかかるケースも少なくありません。

マイカーローンは金利や借入可能額だけで選ぶのではなく、総合的に比較検討して最適なものを選ぶようにしましょう。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。