レヴォーグの燃費はどのくらい?カタログ燃費や実燃費を比較検証

レヴォーグは、スポーツステーションワゴンの人気をけん引してきた、スバルの代表車レガシィの後継車にあたる車です。

レヴォーグの購入を考えている人の中には、「レヴォーグって、ほかのスポーツステーションワゴンと比べて燃費はどうなんだろう」と疑問に思う人もいるでしょう。
また、燃費以外の機能や走行性能についても気になる人は多いと思います。

この記事では、レヴォーグの燃費性能や、ほかのメーカーの車との燃費比較を紹介します。また、レヴォーグの走行性能や機能についても解説しているため、購入を検討する際の参考にしてみてください。

レヴォーグはどのような車?

レヴォーグにはどのような特徴があるのでしょうか。ここではレヴォーグの概要や特徴について紹介します。

概要と特徴

レヴォーグは、レガシィの後継車として2014年に誕生したステーションワゴンです。2021年に登場した現行モデルのレヴォーグは、1.8Lと2.4Lのターボモデルのラインアップとなっています。
レガシィ時代から採用されてきた水平対向エンジンは、揺れの少ないコーナリングや安定した高速走行を実現し、ステーションワゴンでも走りを楽しみたい人におすすめの車といえるでしょう。

安定した走行性と乗り心地

レヴォーグは、車両安定性に優れ、ドライバーの運転のしやすさだけでなく、同乗者にも安定した乗り心地をもたらします。また、2ピニオン電動パワーステアリングの採用によりアクセル操作のレスポンスもよく、カーブや交差点でも車体がしっかりと安定します。

また、STIグレードにはコンフォート、ノーマル、スポーツと走行シーンの合わせた電子制御サスペンションを搭載し、ワンランク上の乗り心地を堪能できます。

危険を察知する安全技術

スバルの安全機能といえばアイサイトが有名です。レヴォーグにも全車標準装備しています。アイサイトは人の目と同じように左右2つのカメラで立体的に情報を得ることにより、対向車や歩行者との衝突を回避し、被害を軽減できるスバルの安全システムです。

また、3D高精度地図データと連動してレーンチェンジ時の操舵アシストや最適な速度を調整するオートクルーズ機能などが快適なドライブと事故防止に努めてくれます。

レヴォーグのカタログ燃費

レヴォーグはいくつかのグレードに分かれています。それぞれのカタログ燃費は以下の通りです。

レヴォーグ/1.8L GT /GT EX

グレードレヴォーグ/1.8L GT /GT EX
駆動方式4WD
WLTCモード(km/L)13.7
市街地(km/L)10.2
郊外(km/L)14.4
高速道路(km/L)15.6
※参考元:レヴォーグ|諸元表

レヴォーグ/1.8L GT-H /GTH EX

グレードレヴォーグ/1.8L GT-H /GTH EX
駆動方式4WD
WLTCモード(km/L)13.6
市街地(km/L)10.0
郊外(km/L)14.5
高速道路(km/L)15.3
※参考元:レヴォーグ|諸元表

レヴォーグ/1.8L STI SPORT /リニアトロニック

グレードレヴォーグ/1.8L STI SPORT /リニアトロニック
駆動方式4WD
WLTCモード(km/L)13.6
市街地(km/L)10.0
郊外(km/L)14.5
高速道路(km/L)15.3
※参考元:レヴォーグ|諸元表

レヴォーグ/2.4L STI SPORT /スバルパフォーマンストランスミッション

グレードレヴォーグ/2.4L STI SPORT /スバルパフォーマンストランスミッション
駆動方式4WD
WLTCモード(km/L)11.0
市街地(km/L)7.4
郊外(km/L)11.6
高速道路(km/L)13.3
※参考元:レヴォーグ|諸元表

レヴォーグは、4WD車のため低燃費とは言い難いですが、高剛性のボディとパワフルな走行性能を考慮すると走りにこだわる人には、おすすめの車といえるでしょう。

レヴォーグの実燃費は?

実際に車を利用している人によって投稿された情報がまとめられている「e燃費」というWebサイトによると、最新モデルのレヴォーグの各グレードにおける実燃費は以下の通りです。
購入検討時の参考値として、確認しておくのもよいでしょう。

駆動方式グレードカタログ燃費
WLTCモード
(km/L)
実燃費
(km/L)
4WD1.8L GT13.711.54
1.8L STI SPORT13.6‐‐‐‐
2.4L STI SPORT1110.54
※参考元:e燃費 レヴォーグ

レヴォーグとライバル車の燃費をカタログ燃費で比較

ここでは、レヴォーグのライバル車として、トヨタ カローラツーリングとマツダ MAZDA6のカタログ燃費と比較します。

ライバル車との燃費比較①:トヨタ 「カローラツーリング」

カローラツーリングは、トヨタの人気モデルカローラのステーションワゴンで2019年より現行モデルが誕生しました。前代と比べて高級感が増しており、ボディサイズは全長4,495mm、全幅1,745mmと、レヴォーグよりもひと回り小さく操作性の優れた車です。

今回比較した各車のグレードは以下の通りです。
スバル レヴォーグ: GT/4WD
トヨタ カローラツーリング:ガソリン車|W×B

カタログ燃費レヴォーグカローラツーリング
WLTCモード(km/L)13.714.6
市街地(km/L)10.29.6
郊外(km/L)14.415.9
高速道路(km/L)15.617.6
※参考元:トヨタ カローラツーリングワゴン 主要諸元表レヴォーグ|諸元表

上記の比較表からわかる通り、レヴォーグとカローラツーリングの燃費にはあまり大きな差はありません。

ライバル車との燃費比較②:マツダ「MAZDA6」

マツダのフラッグシップ車で、2019年より現行モデルが誕生しました。造形美にこだわった高いエクステリアが特徴で、ワンランク上のインテリアも魅力のひとつです。
全長4,805mm、全幅1,840mmはレヴォーグよりもひと回り大きなボディサイズになっています。

今回比較した各車のグレードは以下の通りです。

マツダ MAZDA6:XD
スバル レヴォーグ: GT

※MAZDA6はディーゼル車の燃費数値です。

カタログ燃費レヴォーグMAZDA6
WLTCモード(km/L)13.717.0
市街地(km/L)10.213.6
郊外(km/L)14.416.6
高速道路(km/L)15.619.6
※参考元:マツダ MAZDA6 主要諸元表

レヴォーグと MAZDA6を比較した場合、全項目で MAZDA6の方が優れていることがわかります。
また、マツダのスカイアクティブ・ディーゼルは低速からパワーを感じ、静かなのも特徴です。

レヴォーグはどんな人におすすめ?

レヴォーグは、スバルらしい水平対向エンジンとボディ高剛性による走りを楽しみたい人におすすめの車です。また、電子制御で走行環境にあったセッティングも選択できるので、ワンランク上の乗り心地を重視する人にも向いている一台といえます。

また、スバル独自の安全機能を装備しているため、遠出する人やファミリー層にもおすすめの車です。

まとめ

本記事では、レヴォーグの特徴や燃費性能、ライバル車との燃費の比較を紹介しました。

レヴォーグの走行性能の高さやアイサイトなどの運転支援システムは高い認識性を誇り、安心感のある車といえるでしょう。走りを楽しみたい車をお探しの人は、レヴォーグを検討してはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。