車を擦った場合の対処法とは?自動車保険を活用すべき?

車を擦ったとき、どのように対処すればよいのでしょうか。

大切な愛車を運転中にうっかり擦ってしまうことは珍しいことではありません。
しかし、小さな傷だとしても修理代が高くつく可能性があります。
また、自分で修理するのか、業者に修理を依頼するのかも悩むところです。

この記事では、自分で修理するメリット・デメリット、また業者に修理を依頼した場合に自動車保険を活用すべきかどうかも併せて車を擦ったときに取るべき対処法を解説しています。

車を擦ったときに取るべき対処法

車を擦ったとき、まず取るべき対処法は以下の3つです。

  • 車をどこで擦ったか確認
  • 状況によって警察や保険会社に連絡
  • 車の修理をすべきか検討

車をどこで擦ったか確認

まずは、車をどこで擦ったのかを確認しておくことが大切です。
車がぶつかってしまったものが他人の所有物や公共施設だった場合、のちにトラブルになってしまう可能性が高いといえます。

その場に相手がいる場合はすぐに謝罪し、擦った場所を一緒に確認して、傷の具合をお互い正確に把握してから話し合いましょう。気づかないだろうと放置すると相手の心象が悪くなり、大きな問題に発展することもありえます。

状況によって警察や保険会社に連絡

擦った傷が小さい場合は、そのまま放置していることも多いでしょう。
しかし、その傷が原因で錆が発生して車両のダメージにつながったり、他の部分の故障につながったりすることがあります。

連絡をしたからといって必ず保険を使う必要はないので、まずは警察や保険会社に連絡しておくと安心です。

車の修理をするべきか検討

基本的には、小さな傷でも修理をした方がよいです。
車の部品には繊細なものもあるため、傷が小さくても放置することは好ましくありません。

車を下取りに出す場合も錆が発生していると評価が下がる傾向があるので、傷が大きくなる前に早めに修理しておくことをおすすめします。

擦った車を自分で修理する方法

擦った車のダメージが少ない場合は、自分で修理できるケースもあります。
自分で修理する場合は次のような手順で行いましょう。

  1. 付着している汚れを水で洗い流す
  2. スポンジや布にコンパウンドをつけて磨く
  3. 新しい布で乾拭きする

1. 付着している汚れを水で洗い流す

汚れがついたまま修理を行うと、傷の状況を悪化させる恐れがあります。そのため、まずは水で汚れを洗い流しましょう。

2. スポンジや布にコンパウンドをつけて磨く

磨く際は、コンパウンドの作用で自然に磨けるので、力を入れ過ぎないようにします。
他にも、タッチペン、スプレーを利用する方法もあります。

3. 新しい布で乾拭きする

最後に、乾いた布で余分なコンパウンドを取り除いて仕上げます。修理に必要な道具はカー用品店やホームセンターで購入可能です。

関連記事:車の傷は消える?修理方法の注意点・修理時の費用について解説!

擦った車を自分で修理することのメリット・デメリットとは?

ここでは、車を自分で修理した場合にどんなメリットやデメリットがあるのか詳しく解説します。

擦った車を自分で修理することのメリット・デメリット

メリットデメリット
・修理費用を抑えられる
・空き時間に修理可能
・業者との余計なやりとりがない
・きれいに直せない可能性がある
・傷以外の故障に気がつけない

修理費用を抑えられる

自分で修理するため、修理費用を抑えやすいことは大きなメリットです。

業者に依頼すると、最低でも数万円はかかるでしょう。
しかし自分で修理する場合に必要な道具は、カー用品店やホームセンターにて数千円程度でそろえることができます

空き時間に修理可能

業者に依頼した場合、数日〜1週間程度かかることほとんどです。
しかし、自分で修理する場合は空いた時間にさっと作業できるため、車を預ける手間なく数分〜数時間で済ませられるでしょう。

業者との余計なやりとりがない

業者に頼むとなると、業者選び、修理費用の検討、依頼する日程の調整など、手間と時間がかかるものです。
自分で修理をする場合は、こういった余計なやりとりをせずに済みます。

擦った車を自分で修理することのデメリット

きれいに直せない可能性がある

自分で修理した場合と業者に依頼した場合を比べると、どうしても出来栄えに差が出ます
失敗した後に業者に依頼すると、その分余計な費用が発生しますし、最初から業者に頼んでおいた方がよかった・・・ということにもなりかねません。

傷以外の故障に気がつけない

素人では車の内部まで確認できないため、見た目で認識できる傷以外の損傷を見逃す可能性があります。

車の不具合は生命の危険にもつながるため、安全な利用を考えると業者に依頼した方が安心でしょう。

【業者別】擦った車の修理を依頼するメリット・デメリット

車を擦った場合、業者への修理依頼を選択する人ももちろん少なくはありません。

ここでは、業者に修理依頼する場合のメリットとデメリットを業者別に紹介します。

【業者別】修理依頼のメリット

ディーラーに依頼する場合

ディーラーに依頼すれば、車の知識が豊富なプロの整備士に修理してもらえるため、安心して利用できるでしょう。各自動車メーカーと提携しているので、純正パーツを用いて修理してもらえます

板金塗装業者に依頼する場合

車の修理を専門に行う板金塗装業者は、ディーラーより費用が安く、カー用品店やガソリンスタンドより質の高い修理が期待できます。ディーラーでは数万円かかる修理を、板金業者では1万円以下で対応してもらえることも多いです。

カーショップに依頼する場合

引っかき傷のような小さな傷であれば、カーショップでも修理してもらえます。ディーラーや板金塗装と比較して、費用を安く抑えられることが最大のメリットです。

ネットで見積もりを取れるカーショップもあるため、割安な業者を選びたい場合は相見積もりを取るとよいでしょう。

【業者別】修理依頼のデメリット

ディーラーに依頼する場合

ディーラーに依頼して修理すると、他の業者よりも費用がかかる可能性が高いです。
傷の状態や、車体の色によっては追加料金が必要になることも

また、ディーラーは修理を修理工場に委託している場合もあるため、修理期間が長くなる傾向があります。
修理工場への委託かどうかや修理期間に関しては、事前に確かめておいた方がよいでしょう。

板金塗装業者に依頼する場合

板金塗装業者は、工場によりサービス品質の差が大きいことがデメリットになります。
また、紹介がなければ入店しづらい雰囲気があるケースもあります。

店舗によって得意分野が異なり、よくも悪くも技術力には差があるため、依頼の際は業者選びが重要です。
簡易ブースでの塗装や骨格修正機がない工場の場合は、大きな損傷の修理依頼は避けた方が無難でしょう。

カーショップに依頼する場合

カーショップも店舗によって技術力が異なるため、ディーラーのような質の高いサービスが受けられるとは限りません。所属するサービススタッフの技術力に依存することになります

車を擦ったときに自動車保険を使用したらどうなる?

車を擦ったときに、自動車保険を利用して修理しようと考える人もいるでしょう。しかし、自動車保険を使うと以下のようなデメリットがあります。

  • 擦り傷は補償されないことがある
  • 更新後に月々の保険料が上がる
  • 免責金額がある契約では修理が無料ではない

擦り傷は補償されないことがある

車両保険の契約の条件によっては、全ての修理が補償されていないことがあります
擦り傷が補償の範囲外であることもよくあるので、契約書を確認しておきましょう。

更新後に月々の保険料が上がる

自動車保険を使用すると、次回更新時の保険料が上がります
どのくらい上がるかは人それぞれで、車の種類と契約期間の年数や事故歴などで決まった等級に準じます

等級が下の方であれば数万円以上上がるケースもあるようです。

免責金額がある契約では修理が無料ではない

免責金額とは、修理代の自己負担額のことを指します。
免責金額は保険の契約時に設定するものなので確認をしておきましょう。

自己負担金を支払ってでも保険を使うべきなのか、契約書を確認しながらよく検討することをおすすめします。

まとめ

車を擦ったときは、まず擦ってしまった場所や状況を確認し、警察や保険会社に連絡しましょう。
他人の所有物や公共施設に擦ってしまった場合はその場で相手に謝罪し、双方の傷の状態を一緒に確認することが大切です。その上で修理を検討しましょう。

関連記事:一日自動車保険とは?利用するメリット・デメリットを紹介

関連記事:カーリースでは自動車保険の加入は必須?加入すべき任意保険など、ポイントを解説

関連記事:レンタカーの傷 許容範囲は 修理費は保険でカバーできる?

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。