カーリースが安い理由とは?安く押さえるポイントについても解説!

カーリースは安く車に乗ることができるため、多くの人が利用しています。

しかし、今後カーリースを利用しようと検討している人のなかには、その安い理由について気になる人は多いでしょう。
また、カーリースを安く利用するには、どうすればよいのか知りたい人もいるかもしれません。

この記事では、カーリースが安い理由や、さらに安く乗るためのポイントについて解説します。
また、リース会社の選び方についても解説するため、今後カーリースの利用を検討している人は参考にしてください。

関連記事:カーリースは貧乏人が利用する?選ぶ際のポイントを紹介

ポチモバナー青
ポチモバナー青

カーリースの仕組みについて

カーリース、仕組み

まずはカーリースの仕組みについて解説します。

カーリースはリース会社から車を借りる

カーリースは、契約者が欲しい車をリース会社が購入し、契約者は毎月一定の料金を支払いながらその車を借りるサービスです。
カーリースの車は「所有者」がリース会社になり、「使用者」は契約者になります。

車を借りる期間は、数ヶ月から年数単位で選ぶことができ、契約期間が長いほど月々の一定料金が安くなる仕組みです。

関連記事:カーリースとは?審査内容やメリットデメリットも徹底解説

毎月の一定料金には税金や車検費用なども含まれる

車を保有する際は、車両価格のほかに税金や車検費用、自賠責保険料などさまざまな費用を支払う必要があります。

カーリースの場合は、車を借りる期間にかかる維持費と車両価格を合計し、契約期間で割ることで月々の料金を算出する仕組みです。

そのため、カーリースは、月々の料金に税金や車検などの費用が含まれており、別途でこうした費用を支払う必要がありません。

関連記事:カーリースの車検は誰が行うの?車検の費用はリース料金に含まれている?

契約期間が終わると車をどうするのかを選べる

カーリースの契約間が終了すると、借りていた車をどうするのかを選ぶことが可能です。

契約終了後の選択肢は、主に以下の4つのパターンがあります。

  • リース会社に車を返す
  • 車を買い取る
  • 同じ車を再び借りる
  • 別の車を借りる

ただし、上記の選択肢は、リース会社によって異なるため、契約前に終了後どうするのかを確認しておきましょう。

関連記事:「カーリースはやめとけ」は本当?そう言われる理由と利用メリットを解説

カーリースが安い理由とは?

安い車_アイキャッチ

カーリースは、自分で車を購入するよりもお得に乗ることができます。
ここでは、カーリースが安い理由について解説します。

残価設定を活用しているため

カーリースは、月々の料金を決める際に残価設定を活用するのが一般的です。

残価設定とは、契約終了時の車の下取り価格を予想して算出された価格のことを指します。

残価設定により算出された価格を購入価格から差し引いて月々の料金を決めます。
そのため、自分で車を購入するよりも安く乗ることが可能です。

ただし、契約終了時の車の下取り価格が予め設定した残価を下回る場合はその差額支払う可能性があることに注意しておきましょう。

また、リース会社によっては契約終了時、設定していた残価を支払えばその車を購入することが可能です。

関連記事:「カーリースはデメリットだらけ」は本当?そう言われる理由や向いてる人・向いてない人を解説

初期費用がかからないため

カーリースは、契約時の初期費用がかからないことも安い理由の一つです。

車を購入する際は、車の購入価格のほかに税金や自賠責保険料、各種手数料などの初期費用がかかります。
こうした初期費用は、カーローンを利用した場合でも頭金として現金で支払うのが一般的です。

一方、カーリースを利用すれば、月々の料金に初期費用も含まれているため、契約時にまとまった現金を用意する必要はありません。

車検代やメンテナンス費用などがかからないため

カーリースは、月々の料金に車検代やメンテナンス費用なども含まれているため、急な出費を抑えられる点も安い理由の一つです。

車を維持するには、車検やオイル交換などを定期的に行う必要があります。
さらに、車が故障した場合は、修理費用が発生することもあるでしょう。

カーリースであれば、こうした急な出費が発生せず、毎月決められた料金を支払うだけで乗り続けられます。

関連記事:カーリースの車検は誰が行うの?車検の費用はリース料金に含まれている?

カーリースをさらに安く押さえるには?

車とお金

カーリースは、月々の料金を支払うだけで車に乗れるため、自分で車を購入したときと比べて安く利用できますが、さらに安くする方法もあります。

ここでは、カーリースをさらに安く押さえる方法について解説します。

契約期間を長くする

先述の通り、カーリースの月々の料金は、契約期間に応じて設定されます。
そのため、契約期間を長くするほど月々の料金も安くすることが可能です。

契約期間は、一般的に3~7年と設定しているリース会社が多い傾向にあります。
しかし、リース会社のなかには、契約期間が10年を超えるプランも用意されているため、さらに安く乗りたい人は、契約期間の長くすることを検討しましょう。

関連記事:カーリースの3年契約はお得?契約期間別に特徴を解説

走行距離の上限を短く設定する

カーリースでは契約する際に、走行距離の上限を設定するのが一般的です。走行距離の上限が短くなるほど月々の料金は安くなります。

そのため、あまり車に乗らない人や短い距離の運転が多い人は、走行距離の上限を短めに設定しておくとよいでしょう。
ただし、予め設定した走行距離を超えた場合は、超過料金を支払う必要があるため、慎重に決めることが大切です。

関連記事:車の走行距離と寿命の関係は?購入時のポイントやリースの走行距離制限

サービス内容を比較する

カーリースを安く利用するためには、いくつかのリース会社のサービス内容を比較したうえで決めることが大切です。

たとえば、車検の際の整備費用がリース会社のサービス内容に含まれている場合と含まれていない場合があります。
ほかにも、消耗品の交換費用が月々の料金に組み込まれている場合もあるでしょう。

サービス内容が充実しているほど月々の料金が高くなりますが、反対にサービス内容を減らしすぎるとトラブルの際に修理費用が高額になる可能性もあります。

そのため、カーリースを安く利用するには、リース会社ごとのサービス内容を比較したうえで契約しましょう。

リース会社を選ぶコツ

コツ、TIPS

リース会社を選ぶ際は、安さのほかに取り扱う車の種類やサポート内容などを加味して決めるのが大切です。

ここでは、リース会社を選ぶコツについて解説します。

関連記事:カーリースと車の購入を徹底比較!カーリース会社を選ぶポイントも紹介

乗りたい車を扱っているのかを確認する

リース会社を選ぶ際は、自分が乗りたい車を扱っているのかを確認しましょう。
取り扱う車は、リース会社によって異なり、なかには特定のメーカーのみを取り扱っているところもあります。

自分が乗りたい車が決まっていない場合は、豊富な車を扱うリース会社がおすすめです。
選択肢が増えることで、自分が乗りたい車が見つかるかもしれません。

ただし、豊富な車を扱っているリース会社は、グレードやオプションが限定される可能性があるため、事前に確認しておきましょう。

ボーナス払いや頭金がないのかを確認する

リース会社を選ぶ際は、ボーナス払いや頭金が発生しない会社を選ぶことが大切です。

特に安いリース会社のなかには、ボーナス払いや頭金を設定することで、月々の料金を安くするというリース会社もあります。
ボーナス払いや頭金が発生するとまとまったお金を用意しなければなりません。

また、ボーナス払いの有無を選べるリース会社もありますが、一度設定すると今後変更できない可能性があるため、ボーナス払いを選択する際は慎重に決めましょう。

残価精算の有無を確認する

リース会社には、残価精算が発生する「オープンエンド方式」と残価精算が発生しない「クローズエンド方式」の2つの種類があります。

残価精算とは、契約終了時の車の下取り価格が契約前に設定した残価を下回ったときの差額のことです。
安いカーリースは、月々の料金が安い代わりにオープンエンド方式を採用していることが多く、契約後に残価精算を支払う必要があります。

オープンエンド方式は、契約終了時に多額の残価精算を支払わなければならないリスクがあるため、クローズエンド方式のほうがよいでしょう。

関連記事:カーリース返却時は残価によるトラブルが多い!カーリース返却時によくあるトラブルとは?

まとめ

今回は、カーリースが安い理由やさらに安くする方法、リース会社の選び方について解説しました。

カーリースは、残価設定の活用や、初期費用がかからないなどの理由で安く利用できます。契約期間を長くしたり、走行距離の上限を短くしたりすればさらに安くすることが可能です。

しかし、リース会社を選ぶ際は安さだけではなく、乗りたい車を取り扱っているのか、残価精算がないのかなども確認しましょう。

ポチモバナー青
ポチモバナー青

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。