改良されたマツダCX-3の燃費はどのくらい?他メーカー車と比較して紹介

コンパクトSUVは街中やレジャーなどさまざまなシーンで使い勝手がよい車種です。

マツダが製造・販売するCX-3には、小回りが利いて運転がしやすいという特徴があります。

マツダ車のCXシリーズのなかで最もコンパクトなボディのSUVです。

この記事では、CX-3の燃費について解説します。

併せてライバル車との比較も紹介するため、コンパクトSUVをお探しの人は参考にしてみてください。

関連記事:【2023年】人気SUVのおすすめランキング25選!車種の選び方も解説!

ポチモバナーPC
ポチモバナーSP

CX-3の概要

CX-3はマツダが製造・販売する5人乗りコンパクトSUVです。ここではCX-3の特徴についてご紹介します。

上質な外観デザイン

CX-3の外観は、マツダ独自の造形である「魂動デザイン」が取り入れられており、先鋭さが追求されています。

ボディカラーにもこだわりがあり、魂動デザインをさらに引き立てています。

マツダオリジナルの塗装技術である「匠塗(TAKUMINURI)」のカラーもラインアップされており、熟練職人の手塗を再現しています。また、2トーンカラーが3つ展開されており、ルーフ部分がブラック(ブラックキャビン)となっています。
カラー全8色は以下のとおりです。

  • ソウルレッドクリスタルメタリック(匠塗:特別塗装色 税込66,000円)
  • エアログレーメタリック(新色:特別塗装色 税込33,000円)
  • プラチナクォーツメタリック
  • ジェットブラックマイカ
  • スノーフレイクホワイトパールマイカ
  • プラチナクォーツメタリック(ブラックキャビン)
  • ソウルレッドクリスタルメタリック(ブラックキャビン:特別塗装色 税込44,000円)
  • エアログレーメタリック(ブラックキャビン)
CX-3のポチモのバナー

洗練された内装

CX-3の美しく仕上げられた内装も特徴のひとつです。

特別仕様車の「Vivid Monotone」の内装は、ブラックの合成皮革がメインです。
シートの細部に細やかなステッチが施されており、高級感があります。

マツダCX-3 Vivid Monotone インテリア(前席)

一方、特別仕様車「Urban Dresser」の内装は、シートがピュアホワイトでドアトリムやインパネの一部がライトブラウンとなっており、Super Edgyとは違った雰囲気があります。

マツダCX-3 15S Urban Dresser インテリア(全席)

さらに、ベースグレードの15SとXDの内装は、ブラックのクロスのシートで統一されています。
ブラックでまとめられた室内は、ベースグレードとは思えないほど上質に仕上げられています。

全グレード一覧

CX-3はガソリンモデルが4種類、ディーゼルモデルが3種類設定されています。

ガソリンモデル

  • 15S Touring
  • 15S Urban Dresser(特別仕様車)
  • 15S Vivid Monotone(特別仕様車)

それぞれ2WDと4WDがあり、AT車のみの設定となっています。

ディーゼルモデル

  • XD Touring
  • XD Vivid Monotone(特別仕様車)

それぞれ2WDと4WDがあり、AT車のみの設定となっています。

CX-3の燃費

ここでは、CX-3のカタログ燃費をご紹介します。

ガソリンモデルのカタログ燃費

駆動方式カタログ燃費WLTCモード(km/L)
2WD17.0
4WD15.7
※参考元:CX-3|主要諸元(202309)

ディーゼルモデルのカタログ燃費

駆動方式カタログ燃費WLTCモード(km/L)
2WD20.0
4WD19.0
※参考元:CX-3|主要諸元(202309)
CX-3のバナー

CX-3とヤリスクロス、ヴェゼルとの燃費性能を比較

ここでは、CX-3と排気量やボディサイズが近い車と燃費性能を比較します。

トヨタ ヤリスクロス

ヤリスクロスは、洗練されたフォルムと力強い走りを実現したトヨタを代表するコンパクトSUVです。

比較グレードは以下のとおりです。

  • CX-3:ガソリン車/15S/2WD
  • ヤリスクロス:ガソリン車/X/2WD
車名CX-3ヤリスクロス
WLTCモード(km/L)17.020.2
市街地(km/L)14.415.3
郊外(km/L)17.221.3
高速道路(km/L)18.322.5
※参考元:ヤリスクロス諸元表

ホンダ ヴェゼル

ヴェゼルは、美しいスタイルとインテリアデザインのコンパクトSUVです。

e:HEVモデルは、電気・ハイブリッド・ガソリンの3つの走行モードが選べます。

比較グレードは以下のとおりです。

  • CX-3:ガソリン車/15S/2WD
  • ヴェゼル:ガソリン車/G/2WD
ヴェゼル バナー
車名CX-3ヴェゼル
WLTCモード(km/L)17.017.0
市街地(km/L)14.412.8
郊外(km/L)17.217.7
高速道路(km/L)18.319.2
※参考元:ヴェゼル諸元表

CX-3の走行性能や安全性について

マツダCX-3 Vivid Monotone エクステリア 俯瞰

ここでは、CX-3の走行性能と安全性能の特徴についてご紹介します。

CX-3のポチモのバナー

2種類のエンジン

ガソリンモデルに搭載されているSKYACTIV-G 1.5エンジンは、走行パフォーマンスと燃費性能に優れており、アクセルの応答性や軽快な加速はさまざまなシチュエーションに対応します。

一方、ディーゼルモデル搭載のSKYACTIV-D 1.8エンジンは、力強さと静粛性を兼ね備え、長距離ドライブに最適です。

1.8Lの排気量は登坂や追い越し時でもストレスフリーな走行が可能です。

関連記事:ディーゼル車一覧!エンジンオイル交換時期やタイミングについて解説

最新の4WDシステム

CX-3には、コーナリング時にステアリング操作に合わせて後輪のトルクを最適な配分にする4WDシステムを搭載し、ターンのしやすさと安定性が両立しています。

また、一般的に4WDはシステム追加による重量増が原因で2WDモデルよりも燃費性能が格段に劣りますが、CX-3の4WDシステムは、高効率エンジンで重量増による燃費性能の劣化を抑えています。

安全性能について

CX-3には、安全な運転を支援する装備が備わっています。グレードによって装備は異なりますが、主な装備は以下の3つです。

関連記事:自動運転に向けて進む技術 ADASって何だ?

車線逸脱警報システム

搭載カメラが車線から逸脱しそうになることを検知し、警報によりドライバーに知らせるシステムです。

360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)

4つ(前後左右)のカメラが車両周辺の確認をし、低速走行時や駐車時にドライバーを支援します。
危険を察知するとセンターディスプレイ表示や警報音で知らせてくれます。

衝突被害軽減ブレーキ(各種)

先行車や前方に歩行者がいる時、後退時などさまざまなシチュエーションでカメラやレーダーが衝突の危険性を検知すると、音や表示で警告したりブレーキを制御し衝突の軽減や回避をサポートします。

まとめ

CX-3の魂動デザインの外観と美しく仕上げられた内装は上質で先鋭的です。

また、ライバル車と比較しても優れた燃費性能を持っているだけでなく、走行性能や安全性能にも優れています。

コンパクトで高性能なSUVをお探しの人は、CX-3を検討してみてはいかがでしょうか。

ポチモバナーPC
ポチモバナーSP

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。