トヨタの「ランドクルーザー70」が復活!歴代モデルとの違いについて解説

ランドクルーザーといえば、クロスカントリー車として長い歴史を持ち、アウトドア好きな人などに愛され続けている名車です。

元々は北米やオーストラリア向けに作られた車であるため、悪路での走行性能や、耐久性がとても高いのが最大の魅力です。

そのランドクルーザーの中でも名作といわれる「ランドクルーザー70」が再再販されました。

この記事では「ランドクルーザー70」の概要と再再販についての詳細、歴代モデルとの違いや、どのような人におすすめかについて解説します。

関連記事:【2023年】人気SUVのおすすめランキング25選!車種の選び方も解説!

ポチモバナー青
ポチモバナー青

従来の「ランドクルーザー70」とは?

トヨタランドクルーザー70

ここでは、従来の「ランドクルーザー70」について、その歴史や特徴・魅力について解説します。

関連記事:【2023年】トヨタのSUV12車種を徹底比較!価格順ランキング!

ランドクルーザー70の歴史

ランドクルーザー70はトヨタ自動車株式会社が製造・販売する四輪駆動車で、ランドクルーザーの中でも特に人気が高いといわれています。

ランドクルーザーはSUVの中でも、ランドクルーザー70も含め、クロスカントリー(クロカン)に分類されます。
現行モデルのほとんどのSUVはクロスオーバーというオンロード(整備された道路)向けの車両ですが、クロスカントリーはオフロード仕様で、山道や未舗装の路面などの悪路での走行に適しています。

ランドクルーザー70は、ランドクルーザー40の後継モデルであり、1984年に発売開始され、2004年に販売終了しました。

トヨタランドクルーザー70(1984年モデル)
トヨタランドクルーザー70(1984年モデル)

しかしその後の2014年に熱心なファンの期待に応え、ランドクルーザー70の30周年を記念して1年間限定で再販され、大きな話題となりました。

トヨタランドクルーザー70(2014年モデル)
トヨタランドクルーザー70(2014年モデル)

日本では2023年11月29日の再販まで販売されていませんでしたが、海外では根強い人気があり、例えばオーストラリアでは現在まで継続して販売されています。

関連記事:トヨタ新型ランドクルーザー“250”!プラドは?歴代モデルを振り返りながら紹介!

ランドクルーザー70の特徴

トヨタランドクルーザー70(2023年モデル)
トヨタランドクルーザー70(2023年モデル)

ランドクルーザー70は機能性・耐久性を重視したモデルであるため、豪華な装備は削ぎ落とされており、シンプルで頑丈である点が特徴です。

ランドクルーザーの中では質実剛健な「ヘビーデューティ」系と呼ばれ、オフロードでの走行で威力を発揮し、農業や林業の現場でも活躍する実用的な車で、海外でも過酷な状況下で乗られることが多いようです。

トヨタランドクルーザー70(2023年モデル)

乗用車として乗ることも考慮され「働く車」としての実用性を重視したランドクルーザー40よりも快適性や操作性が向上しています。

最初期のモデルのランドクルーザー70は、大型トラックなどと同じ1ナンバー(普通貨物自動車)に分類され、初代モデルのエンジンは、ディーゼル仕様のみでした。

2014年に再販されたモデルは、基本的には初代モデルと変わりませんが、日本国内ではガソリン仕様のみに変更になり、車内の快適性もさらに向上しました。

関連記事:トヨタ 新型ランドクルーザー“250”と“70”を発表|現行モデル“300”との違いとは?

「ランドクルーザー70」が復活する?

トヨタランドクルーザー70(2023年モデル)

熱烈なファンに惜しまれつつ2004年に販売終了したランドクルーザー70ですが、2014年の再販を経て、再再販されることがトヨタより2023年11月29日に発表されました。

2014年の再販は1年間限定でしたが、今回の再販は継続販売とのことで、ランドクルーザー70ファンにとってはとても嬉しいニュースです。

ランクルバナー

従来のランドクルーザー70との違い

再再販が決定したランドクルーザー70ですが、新型モデルは従来モデルとどのような点が異なるのか、以下に外装・内装・機能に分けてまとめました。

外装

外装の大きな変更点は以下の通りです。

ヘッドライト

トヨタランドクルーザー70(2023年モデル)ヘッドライト

日本仕様はLEDヘッドライトが装備されています。ライトの形も四角から丸目になっています。

エンブレム

トヨタランドクルーザー70(2023年モデル)エンブレム

フロントグリルのエンブレムが、従来モデルはお馴染みのトヨタのマークですが、新型は「TOYOTA」の文字ロゴに変更されています。

フロントウインカー

従来モデルではライトと一体化していましたが、新型ではライトの外側に独立して装備されています。

フロントバンパー

従来モデルは樹脂と金属を合わせたようなバンパーですが、新型では樹脂のみのような見た目に変わっています。

アドブルーの補給口が追加

ディーゼル車に必要なアドブルー(高品位尿素水)の補給口が装備されています。

関連記事:尿素SCRシステムとは?仕組みやメリット・デメリットを解説!

内装・機能など

内装は従来モデルと比較して見た目に大きな変更はありませんが、内装や機能などの大きな変更点は以下の通りです。

クルーズコントロール

従来モデルにはなかった運転支援システムであるクルーズコントロール機能が追加されています。

AT車の設定

従来モデルはMT車のみでしたが、新型モデルはAT車(6 Super ECT)のみの設定となります。

5人乗り3ナンバー

従来モデルは1ナンバー(普通貨物車)仕様であったため、後部座席の快適性はそれほど高くありませんでしたが、新型モデルでは3ナンバー(普通乗用車)に変更になりました。

後部座席はチャイルドシートも装着可能な3人掛けのシートに変更され、ファミリー向けにも配慮されています。

ディーゼルターボエンジン

環境性能と燃費性能の向上のため、新型モデルでは2.8リッター4気筒ディーゼルターボエンジンが搭載されています。

ランドクルーザーバナー

新型のランドクルーザー70はこんな人におすすめ

世界中にファンを持つ新型ランドクルーザー70は、どのような人に適しているのか下記にまとめました。

クラシックなデザインの車が好きな人

トヨタランドクルーザー70(2023年モデル)

ランドクルーザー70は角ばった無骨なデザインで人気の車ですが、新型モデルは原点回帰といえる、初代モデルに近いクラシックな雰囲気が魅力です。

そのため、ランドクルーザーの他のモデルにあるような高級感を求める人よりは、無骨でクラシックなデザインを好む人には適しているといえます。

アウトドア好きな人

トヨタランドクルーザー70(2023年モデル)

ランドクルーザー70はオフロード走行に適しているため、アウトドア好きな人に最適です。

特に新型モデルはファミリー仕様になっており、後部座席の快適性も向上し、荷物も多く積むことができるため、家族でオートキャンプなども楽しむことができます。

AT限定免許しか持っていないがランドクルーザー70に乗りたい人

2014年に再販されたランドクルーザー70のトランスミッションは5速マニュアルのみであったため、AT限定免許しか持っていない人は乗ることができませんでした。

しかし、今回再再販される新型ランドクルーザー70は「6 Super ECT」というAT車のみの販売となります。そのため、AT限定免許の人でも新型モデルに乗ることができます。

関連記事:MT車はAT車とどう違う?メリット・デメリット、注意点などを紹介

トヨタランドクルーザーバナー

まとめ

この記事では、ランドクルーザー70の概要や2023年に再再販される新型モデルの従来モデルとの違い、どのような人が新型ランドクルーザー70に適しているかという点について解説しました。

継続販売される予定とのことですが、人気車種であるため申込が多く、納車されるまでに時間がかかる可能性が高いため、実際に見かけるようになるのはまだ先になるでしょう。

画像出典元:トヨタ自動車株式会社

ポチモバナー青
ポチモバナー青

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。