購入後に後悔しないムーヴキャンバスの選び方とは?事前に把握したいポイントを紹介

車を購入し日常生活で使用したところ、想像と違ったと後悔することも少なくありません。

カラーバリエーションや見た目の可愛さだけで購入する人がいますが、実際の自分の使い方とすり合わせておかなければ、実用性のある車を見つけられないでしょう。

この記事では、購入して後悔したと言われるムーヴキャンバスに注目し、具体的な不満点やおすすめできない人を解説します。

併せて、ムーヴキャンバスのスペックや魅力にも触れるため、購入を検討している人はぜひ参考にしてください。

関連記事:ムーヴキャンバスの色選びに後悔しないためには?人気色をご紹介します!

なぜムーヴキャンバス購入後に後悔すると言われるのか?

ダイハツが販売するムーヴキャンバスは、可愛い外装と内装が人気の車です。

シートアレンジが豊富な車内空間や便利なスライドドアが特徴で、働く女性をターゲットに開発されました。

可愛らしいデザインが特徴のムーヴキャンバスですが、購入したことを後悔する人もいます。

ここでは、後悔した主な理由について見ていきましょう。

紹介する口コミには、旧型モデルに対する口コミも含まれています。

ムーヴキャンバスの不満な点1

もともとセンターメーターは嫌いなのですが、メーターの面積大きいのに表示項目が少ない。

タコメーター無いし、常時表示は時計のみ。

ボタンで総走行距離、トリップ、外気温、などの一つしか表示されない。

しかもセンターメーターまでが運転席から遠いので簡単には切り替えできず。

私はいつも外気温にしてます。
あと、軽自動車だから仕方がないのかもしれませんが、車体パネルがふにゃふにゃ!


今年モデルチェンジしたのは改善されているのかな?


※引用元:みんカラ

ムーヴキャンバスの不満な点2

・旧モデルで使い勝手が悪い点が改善されていない。

・スライドドアの乗り込み時、アシストグリップが無い。

・高齢の母親が乗り込む時に掴まる所が無くて苦労している。

・柴わんこ乗せて出掛けるので、後席で食事したり世話をするので、シートバックテーブルやスライドドアにロールカーテンが欲しかった。

※引用元:みんカラ

ムーヴキャンバスの不満な点3

謎の上下振動。ディーラーの敷地を出る前に酔った。
後部座席に乗っていた家族も同様に秒で酔った。


※引用元:みんカラ

ムーヴキャンバスの不満な点4

・トランク側からはリアシートのスライドが出来ない

・ステアリングがチルトしか出来ない


※引用元:みんカラ

実際に購入した人のムーヴキャンバスに対する不満点を見ると、特に実用性に対する不満が多いようです。

ムーヴキャンバスの概要

ここからは、ムーヴキャンバスの特徴やスペックを見ていきましょう。

現行ムーヴキャンバスは2代目で「ストライプス」と「セオリー」の 2種類があります。

ストライプスモデルは、初代モデルで採用したストライプスカラーの外観を残しながらも、丸みのあるボディラインが特徴です。

内装のインパネやドアトリムはホワイトを基調とし、フルファブリックシートはサイドにブルーとライトグレーを組み合わせ、キュートな室内空間となっています。

セオリーモデルは、女性だけでなく男性ユーザーも視野に入れたコンセプトで作られました。

外観は、アクセントとしてメッキ調のピンストライプやリアバンパーモールが施されています。

内装のインパネやドアトリムはブラウン、フルファブリックシートはネイビーと落ち着いた印象です。

また、ステアリングホイールに本革巻を使用することで、高級感を醸し出しています。

続いては、ムーヴキャンバスのスペックを一覧で見ていきましょう。

メーカーダイハツ
車名ムーヴキャンバス
ボディタイプ軽スーパーハイトワゴン
ドア数5
全長×全幅×全高(mm)3,395×1,475×1,655
車両重量(kg)870
総排気量(cc)658
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク(L)30
駆動方式2WD/4WD
トランスミッションCVT
※参考元:ダイハツ ムーヴキャンバス|主要諸元表
※紹介グレードは「ストライプス X」

ムーヴキャンバスの魅力とは?

ムーヴキャンバスは、特に女性からの人気が高いイメージですが、男性からも注目されています。

ここでは、ムーヴキャンバスの魅力を詳しく紹介していきます。

雰囲気の違う2種類のモデル

前述したように、ムーヴキャンバスにはストライプスとセオリーの2種類が用意されており、ユーザーの好みに合わせやすいです。

ストライプスモデルは、キュートで愛らしいデザインが好きな人に最適でしょう。

⽬を引く2トーンカラーやユニークなロングシルエット、愛着のわくフロントに目を引きます。

おしゃれで便利なインテリアなど細部まで個性的な仕上がりで、見た目の可愛さは他車にない魅力です。

一方、セオリーモデルは、落ち着きのある雰囲気が好きな人に向いています。

品のある大人の雰囲気を感じさせるモデルで、ユーザーの選択肢を広げています。

内装のカラーや一部本革巻の仕様により、ストライプスとは違うクールな印象です。

ダイハツ予防安全機能「スマートアシスト」で安全走行が可能

ムーヴ キャンバスは、さまざまなシーンを想定した全⽅位の安全機能「スマートアシスト」を搭載しています。

スマートアシストとは、車に搭載した「ステレオカメラ」が周囲の状況を認識し、ドライバーの運転をケアする優れものです。

例えば警報やブレーキ制御機能により、歩行者との衝突やふらつき、車線はみ出しの回避をサポートします。

日々の運転で起こりうる危険を減らしてくれる安全機能で、安心安全な走行が可能になるでしょう。

よく比較される車

軽ハイトワゴンの車は、利便性に優れ幅広い年齢層に人気で、各メーカーから販売されています。

車選びの際には、ムーヴキャンバス以外の車についても知っておくと、購入後に後悔せずに済むでしょう。

ここでは、ムーヴキャンバスとライバル車の寸法やカタログ燃費、ボディカラーを比較していきます。

スズキ スペーシア

車名スペーシア HYBRID X
(2WD・CVT)
ムーヴキャンバス G
(2WD・CVT)
全長(mm)3,3953,395
全幅(mm)1,4751,475
全高(mm)1,7851,655
燃費消費率(km/L)
(WLTCモード)
22.225.7
ボディカラー全12色全8色
※参考元:スズキ スペーシア|価格・グレード
車名ワゴンRスマイル G
(2WD・CVT)
ムーヴキャンバス G
(2WD・CVT)
全長(mm)3,3953,395
全幅(mm)1,4751,475
全高(mm)1,6951,655
燃費消費率(km/L)
(WLTCモード)
23.925.7
ボディカラー全4色全8色
※参考元:スズキ ワゴンRスマイル|価格・グレード

後悔するかも!ムーヴキャンバスをおすすめできない人とは?

現行のムーヴキャンバスは、女性だけでなく男性も選びやすいセオリーモデルを発売するなど、さらに需要の高い車となっています。

一方、実際に購入して不満を感じた人の口コミを見ると、実用的な部分に関する不満が比較的多いため、デザイン性だけでなく実際に試乗し使用用途に合っているのか確認するようにしましょう。

また、下記の人はムーヴキャンバスを購入後に後悔する可能性があるため、他車と比較しながら購入を検討するのがおすすめです。

  • ファミリーカーを探している人
  • スムーズな走行を求めている人

ムーヴキャンバスは軽自動車の中では室内空間の広い車ですが、日頃からファミリーカーとして使用する場合、狭く感じてしまうでしょう。

セカンドカーとして使用するのであれば問題ありませんが、複数人で乗車する機会が多い人には不向きです。

また、加速のよさやコーナリングのしやすさを求める人も、ムーヴキャンバスは向いていません。

全高が高いスーパーハイトワゴンのため、カーブ時はやや曲がりにくさを感じる傾向にあります。

また、エンジンの馬力不足やスライドドア搭載による重量増加により、特に上り坂で加速不足を感じるでしょう。

まとめ

ムーヴキャンバスは、買い物や送迎など日常生活で使える軽自動車です。

また、可愛い外装のストライプスとクールな外装のセオリーはどちらも街に溶け込む車として女性だけでなく男性でも乗ることができます。

しかし、車は見た目だけで選ぶと購入後に後悔する恐れがあります。

見た目だけで判断せずさまざまな視点から、ムーヴキャンバスが本当に自分の要望に合うか見極めて購入しましょう。

関連記事:ムーヴキャンバスの色選びに後悔しないためには?人気色をご紹介します!

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。