車のローンが通るか調べる方法や審査基準について紹介します!

「マイカーローンの審査に通るか不安」「審査に通るポイントはあるの?」など、車をローンで購入しようとする際、このような不安を感じている人もいることでしょう。
生命保険と同じく、家の次に高い買い物といわれる車の購入では、ローンを利用する人も少なくありません。
しかし、ローンを利用するためには審査があり、その審査を通過できなければお金を借りることもできません。

この記事では、車購入時のローン利用に重要な審査基準や通過するためのポイントについて解説していきます。
車のローン利用を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

車のローンが通るか調べる方法

疑問イメージ

いざ車を購入しようとした際「ローンの審査に通らなかった」とならないか不安に感じることもあるでしょう。
確実ではありませんが、ここでは車のローンが通るか調べる方法を紹介します。

自身の信用情報を確認する

シー・アイ・シー(CIC)や日本信用情報機構(JICC)など、個人信用情報機関に自身の情報を確認する方法です。個人信用情報機関では、借金返済の遅滞歴や自己破産歴などを開示してもらうことができます。

これまでに借金を返済していた過去があり、不安を感じている方は利用することをおすすめします。
なお、開示方法には郵送や窓口、インターネットなどがあるため好みにあった方法が選べます。しかし、それぞれ手数料が異なるため利用する際は必ず確認しましょう。

金融機関で仮審査を受けてみる

審査に通過できるか確認する方法には、車のローンが利用できる銀行などの金融機関で仮審査を受ける方法があります。一般的に車のローンでは本審査の前に仮審査があり、そちらを通過できるか否かは重要なポイントです。利用する金融機関によって審査基準は異なりますが、通過できる金融機関を探しておくと不安も和らぐでしょう。

仮審査は金融機関のホームページからでも申し込むことができ、早ければ当日に結果が通知されます。
時間が取れない人でも手軽に確認できるため、積極的に活用していきましょう。

ただし、仮審査はあくまで仮のため、通過したからといって本審査が通るとは限りません。
本審査では仮審査よりも確認項目数が多く、より一層厳密にチェックされます。

そのため、虚偽の申告をすればすぐにバレてしまううえに、大幅に信用を失う羽目になるでしょう。
仮審査とはいえ、正確な申告を行う必要があります。

審査基準を満たしているか確認する

車をローンで購入する際、いくつかの審査基準が存在します。

利用する会社によって審査基準は異なります、しかしその一方で「年収」「勤続年数」「借金の返済状況」などの共通して確認される項目もあります。
これらの項目は他の借り入れと同様、借主に返済能力があるか確認するために重要なポイントのためです。
審査基準については以降で詳しく解説するため、そちらもチェックしてみてください。

関連記事:マイカーローンの計算方法とは?金利や注意点を含めて解説!

関連記事:新車ローンの組み方 何年がおすすめ? 金利の違いも徹底解説!

車のローン審査の基準について

先にも触れたように、車のローン審査は利用する金融機関によって基準は異なるものの、共通で確認される項目もあります。
ここでは、車のローン審査の基準について解説します。

年収や勤続年数

ローンを組む際に重要なのが、安定した収入があるかどうかです。
一時的に年収が高くても意味がなく、継続して収入が得られているかどうかがポイントのため、勤続年数も審査の基準になっています。
他の借り入れ状況にもよりますが、一般的に車のローンでは年収200万円が基準となっています。
こちらは新卒社会人の年収ほどですが、下回る場合には保証人が必要になることが多いため、年収に不安がある人は事前に保証人のアテを考えておくのも良いでしょう。

雇用形態

安定した収入と確認のポイントは同じですが、雇用形態も審査の基準です。
アルバイトや派遣、契約社員で働いている場合には審査時の評価は低いです。
また、昨今フリーランスとして活動する人が増えていますが、こちらも非正規雇用であるため安定性が低いと見られがちです。

他からの借り入れ状況

年収や勤続年数に問題なく、雇用形態も正社員で安定しているからといって審査に通過できるとは限りません。

他からの多額の借り入れがあり、月々の返済額が大きかったり、遅滞を繰り返していたりするようであれば安定した返済ができないとみなされマイナス評価となります。
例を挙げるならば、年収400万円であるものの年間の返済額が300万円であれば、年収200万円で他からの借り入れがない人の方が評価されるのは当然といえるでしょう。

関連記事:300万円の車、月々のローン返済額は?おすすめの年数やローンの選び方

関連記事:400万の車をローンで購入する場合に発生する月々の返済額はいくら?

関連記事:200万の車をローンで購入する場合に発生する月々の返済額はいくら?

【本審査】車のローンの流れ

車のローンの流れは次の通りです。

  • 購入する車の見積もりを確認する
  • 利用するローンの種類を選ぶ
  • 借入額と返済期間を決める
  • 審査に申し込む

まずは、車を購入するにあたって総額でいくら必要になるのか確認をします。
確認した見積書は審査でも必要になるため、大切に保管しておきましょう。
次に利用するローンの種類を決めます。
銀行をはじめとする金融機関はもちろん、大手メーカーの自動車ディーラーでは自社ローンもあるため、返済額や金利などの条件を比較しながら自身にマッチしたものを選びましょう。利用するローンが決まったら申込みを行い、無事に審査を通過して入金されたら借り入れ完了です。

車のローン審査を通りやすくするには?

車のローン審査を通りやすくするためのポイントを3つ紹介していきます。

これらはあくまでも1案であり、必ずしもそうとは限らないところに注意しましょう。

頭金の用意や購入する車の見直し

車のローンの審査は、希望する借入額が大きくなるほど審査が厳しくなります。

一方、頭金を用意することで借入額を抑えることができます。そのため、ローンを前提に考えている人でも審査通過に自信がない場合には貯金をしておきましょう。

また、頭金を用意するのが難しい場合には、そもそもの支払い総額を減らすため、購入する車のオプションやグレードを見直すのも方法のひとつです。
そのほか、車の買い替えで購入を行う場合には、少しでも高く買い取りしてもらい、新車購入の費用に充てるようにすると良いでしょう。

車購入前の転職は控える

車のローン審査では安定した収入が評価されるため、勤続年数は重要なポイントです。
いくら収入が高くても、転職すると勤続年数はゼロになるため、車の購入直前の転職は控えた方がいいでしょう。
勤続年数は長いことに越したことはありませんが、一般的に1年以上の勤続年数が目安となっています。

転職を検討している、またはフリーランスをはじめとする非正規雇用に転身する予定がある人は、車の購入後に行うことをおすすめします。

他の借金を返済する

車のローン審査では他での借り入れ状況をはじめ、個人の信用情報が非常に重要です。

車の購入をローンで行おうとしている人は、少しでも借入額を減らすよう返済を進めておくようにしましょう。
もちろん住宅ローンのような高額で即返済が難しいものもありますが、クレジットカードや固定費などで返済できていないものがあれば完済しておくことをおすすめします。
そのほか、ローンの支払いを遅滞なく行えているかも確認ポイントのため、当たり前のことではありますが、借金がある人は日頃からきちんと返済を行うようにしましょう。

関連記事:新車を「頭金なしフルローン」で購入するメリット・デメリットとは?

関連記事:中古車でもマイカーローンを利用できるのか?ローンの基礎やメリットとデメリットを解説

まとめ

車をローンで購入する際、審査を通過しなければなりません。
利用する金融機関や会社によって審査基準は異なるため、事前準備で必ず通過できるようになるとは限りませんが、ポイントを押さえておくことで通過率を高めることが期待できるでしょう。

車のローンに限らず、お金を借りる際には「返済能力の有無」が非常に重要です。
安定した収入はあるのか、これまで遅滞なく返済してきたのか、他からの借り入れ状況はどうなのかなどは必ず確認される項目です。

仮審査や他の返済を済ませておくなど事前準備で通過率を高められるため、ローンの審査に不安を感じている人はぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。