【ここにはないもの】乃木坂46ごめフィンMVの愛車と卒業する齋藤飛鳥様【祝!紅白】

2021年6月9日にリリースされた、乃木坂46の27枚目シングル「ごめんねFingers crossed」のMVでは、迫力あるレースシーンが話題となりました。

今回は、MVに出た車をメンバー別に紹介していきたいと思います。

関連記事:若者の車離れの理由とは?本当に高い維持費だけが原因?

ごめんねFingers crossed

ごめんねFingers crossed

乃木坂46の27枚目のシングル「ごめんねFingers crossed」は、4期生の遠藤さくらさんがセンターを努めました。

作詞は秋元康さん、作曲は杉山勝彦さんとAPAZZIさんが担当し、第63回日本レコード大賞優秀作品賞を受賞しています。

APAZZIさんは「インフルエンサー」の作曲も担当しています。
インフルエンサーはカラオケではLIVE DAMの機種の一部では、デュアルモニターで振り入れのシーンがあったり、ライブバージョンでは前奏の演出がフルで流れたりとまさに代表曲の扱いを受けています。

日産スタジアムで行われた10周年ライブでも、齋藤飛鳥さん、山下美月さんをセンターに2日目の1曲目で盛り上げました。

関連記事:SUV人気ランキング!各車種おすすめポイントも解説

Snow Man

第36回日本ゴールドディスク大賞は、シングル・オブ・ザ・イヤーはSnow Man「Grandeur」が受賞したものの、「ごめんねFingers crossed」は同年1月発売の「僕は僕を好きになる」と共に、ベスト5シングルにも選ばれました。

邦楽部門のアーティスト・オブ・ザ・イヤーもSnow Manが受賞しています。

Snow Manは2022年10月にティファニーの日本アンバサダーにも選ばれました。

下積み時代が長かっただけに今後も活躍し続けてほしいですね。

関連記事:【冬服コーデ】2022年はパーソナルカラーで車込みコーデが主流に!?

2022年紅白歌合戦の予想と歴代楽曲

2022年の紅白歌合戦では8度目の出場が決定しました。
おそらく「ここにはないもの」を披露すると思われます。

1回目:2015年「君の名は希望」

2014年に惜しくも外れてしまいましたが、2015年には初出場を果たしました。

「君の名は希望」地下鉄乃木坂駅の発車メロディとして採用されており、ピアノは生田絵梨花さんが弾いています。

2回目:2016年「サヨナラの意味」

橋本奈々未さんの卒業楽曲です。

「ここにはないもの」「サヨナラの意味」のアンサーソングと言われています。

3回目:2017年「インフルエンサー」

先述した通り、乃木坂46の代表曲的な扱いを受けています。
同年のレコード大賞も受賞しています。

当時2代エースだった、西野七瀬さんと白石麻衣さんがセンターを務めました。
バックモニターにバナナマンの日村勇紀さんが映し出され話題となりました。

日村さんはインフルエンサーの難しい振り付けを踊ることができます

4回目:2018年「帰り道は遠回りをしたくなる」

西野七瀬さんの卒業楽曲です。

MVでは、秋元真夏さんの「おかえり」が感動を呼びました。

5回目:2019年「シンクロニシティ」

卒業を発表していた白石麻衣さんがセンターを務めています。

2018年の楽曲で2018年にレコード大賞を受賞しました。
1年遅れの紅白披露となりました。

2019年は、乃木坂46、欅坂46(現:櫻坂46)「不協和音」、日向坂46「キュン」が勢揃いしました。

6回目:2020年「Route 246」

小室哲哉さんが作曲を担当して話題となりました。

コロナが最も影響を受けた年で、ライブのほとんどが中止となり、CD化もしていませんが人気の楽曲です。

この年も櫻坂46「Nobody’s fault」、日向坂46「アザトカワイイ」で勢揃いしています。

7回目:2021年「きっかけ」

生田絵梨花さん、高山一実さんが卒業を発表した年です。

生田絵梨花さんの乃木坂46としての最後の活動となりました。

3年連続で櫻坂46「流れ弾」、日向坂46「君しか勝たん」で無事三坂道勢揃いとなりました。

8回目:2022年予想

菅井友香さんの卒業を受けて、松田里奈さんがキャプテンに新たに就任した櫻坂46は残念ながら不出場が確定しました。

乃木坂46は「ここにはないもの」である可能性が高いですが、初期メンバーの齋藤飛鳥さんの卒業とあり、昔の曲を持ってくる可能性があります。

日向坂46も小坂菜緒さんの復帰曲「僕なんか」齊藤京子さんの初センター楽曲「月と星が踊るMidnight」で分かれ、予想が難しい所です。

以下、ごめんねFingers Crossedに戻ります。

齋藤飛鳥さん

1期生は秋元真夏さんと2人しか残っておらず、アンニュイさを持ちながらもベテランの風格がありましたが、11月に卒業が発表されました。

日産 R35 GT-R

  • 全長×全幅×全高(mm):4,710 x 1,895 x 1,370
  • ホイールサイズ前:直径20in x 幅9.5-10in/後:直径20in x 幅10.5in
  • 車両重量(kg):1,760 ~ 1,770

鮮やかに塗られたゴールドに黒のラインが入ったGT-Rは、全てトップシークレットオリジナルチューニングが施されています。

ワイド化されたエアロボディは見た目の迫力だけでなく、エアロダイナミクスまでもが計算されたデザインです。

エンジンはコンピューターチューニングのみながら軽く600psをオーバーし、サーキットでは直線で300km/hをマークします。

齋藤飛鳥 31枚目シングル「ここにはないもの」をもって卒業を発表

そんな齋藤飛鳥さんですが、2022年に卒業を発表しました。

2022年12月7日発売の31枚目シングル「ここにはないもの」で齋藤飛鳥さんがセンターを務め、「ここにはないもの」の活動後、残念ではありますが、卒業をします。

ここにはないもの MV 公開

ここにはないもの

2023年に卒業コンサートが開催される予定です。

齋藤飛鳥さんの活躍

1期生としてグループ発足と同時に最年少メンバーとして活動を開始し、11年間活躍し続けてきました。

13枚目シングル「今、話したい誰かがいる」で初の福神入り。

16枚目シングル「裸足でSummer」で初センターに任命され、2018年の21枚目シングル「ジコチューで行こう!」で再びセンターとなりました。
齋藤飛鳥さんに夏のイメージが強いのは、この2曲の印象が強いからかもしれません。

23枚目シングル「Sing Out!」では、夏のイメージだけでなく綺麗さも魅せたり、同時期にドラムの腕前も見せたりと多様な活躍をしてきました。
2019年の真夏の全国ツアーでは、棒型ではなく手首につける型のサイリウムを採用してクラップを取り入れた演出をしたり、ドラムソロのパートがあったりとその実力を発揮しました。

映画「映像研には手を出すな!」では主演女優として演技力も見せています。
その時あたりから、共演する山下美月さん、梅澤美波さんにイジられまくられ、なんだかんだで後輩の面倒見の良いお姉さんキャラになっていました。

モデルとしても活動していたりと卒業後も活躍が期待できます。

心配なのは、1期生で1人残ることとなるキャプテンの秋元真夏さんです。
よく46歳まで活動しろとイジられていますが、現実的ではありません。

秋元真夏さんは、自身もデビューが遅れた経験から、後輩を育成する能力が高いため、仮に秋元真夏さんも来年あたりに卒業となると大きな痛手になります。

卒業自体は寂しいものですが、サヨナラの意味を持った卒業であれば暖かく見送るしかないでしょう。

ここにはないものラストシーン

生田絵梨花さん

ピアノ、歌、ミュージカルと多才で、天才とまで言われています。

冠番組「乃木坂工事中」で、「1週間分好きな企画をやっていい」と言われた時に、「天井と同化したい」と言い、奇才ぶりも発揮しました。
天才と奇才は紙一重なのでしょう。

2021年末に卒業してしまいましたが、現在もvenue101や、以前コゼット役を2回担当したミュージカル「レ・ミザラブル」で再びエポニーヌ役にキャスティングされるなど以前からやりたがっていたミュージカルでも活躍しています。

ホンダ シビック クーペ

  • 全長×全幅×全高(mm):4,493 × 1,798 × 1,394
  • ホイールベース(mm):2,700
  • 車両重量(kg):不明

海外で人気のあるいわゆるスポーツコンパクトカーです。

映画「ワイルドスピード3 (TOKYO DRIFT)」に登場した実際の車を使用しています。
そこに、バイナルグラフィックと呼ばれるデザインのボディラッピングを多数手がけたアートファクトリーの職人が監修し、ボディを仕上げています。

関連記事:シビック ハッチバックの燃費は?ASEANに進出するシビック タイプ Rの燃費やソニーとの連携も調査!

山下美月さん

3期生で、2019年には坂道AKBの「初恋ドア」でセンターに抜擢されました。
2021年に「僕は僕を好きになる」で初センターを担当し、「アザトカワイイ」を具現化したようなキャラクターで人気となっています。

CanCamの専属モデルとしても、日向坂46の加藤史帆さんたちと活躍をしています。

関連記事:【冬服コーデ】2022年はパーソナルカラーで車込みコーデが主流に!?

朝の連続テレビ小説「舞いあがれ!」出演

先述の「映像研には手を出すな!」で演技力を発揮し、朝の連続テレビ小説「舞いあがれ!」にも出演を果たしました。

トヨタ GR スープラ

  • 全長×全幅×全高(mm):4,380 × 1,865 × 1,290
  • ホイールベース(mm):2,470
  • 車両重量(kg):1,530

先代より20年の時を経て2019年に復活した3代目となるスープラです。

国内外のモータースポーツにも使用されているような高性能マシンで、KUHLのエアロボディキットを纏い、RAYSホイールで大径化されています。

エンジンはターボをチューニングして軽く400psオーバーの性能を叩き出し、高性能なTOYOタイヤの恩恵もあり軽快かつ俊敏な走りを実現することで、テールスライドをもいともたやすくおこなうことが可能としました。

また、2023年のGT4カテゴリーに投入される「GR Spura GT4 EVO」は、ヨーロッパで販売予定です。

関連記事:C-HRの燃費性能はどのくらい?カタログ燃費と実燃費を調査

賀喜遥香さん

4期生で、4期生楽曲「I see…」でセンターに抜擢されました。
2021年9月に発売の「君に叱られた」で初センターに、2022年8月「好きというのはロックだぜ!」で2度目のセンターを担当しました。

素の人柄と飾らない素顔が人気となっています。

スバル WRX STI

  • 全長×全幅×全高(mm):4,595 × 1,795 × 1,475
  • ホイールベース(mm):2,650
  • 車両重量(kg):1,500

軽量、高剛性、低重心、ショートストローク、DOHC、ターボ、を備え、優れた資質で高回転·高出力を可能にする水平対向エンジンEJ20を搭載した車両です。

MVではわかりづらいですが、インテリアも多くのこだわりで揃えています。

与田祐希さん

3期生で福岡県の志賀島出身です。
ごんぞうというヤギを飼っており、ハブとも戦える野生児です。

やはり奇才感のる方で、「奇想天外与田クイズ」という企画までできてしまいました。

2019’Dodge Challenger 392 HEMI Mopar Limited-Edition

  • 全長×全幅×全高(mm):4,864 × 1,943 × 1,295
  • ホイールベース(mm):2,790
  • 車両重量(kg):1,724

世界限定100台でその内の23台目に生産された車両です。

加えて、ホワイトにブルーラインのデカールは50台限定しかなく、一目惚れした与田さんのおばあさまが購入しました。

しかし、そのスピードやパワーなどについて与田さん自身はあまりよく知らないようです。

遠藤さくらさん

4期生で、加入直後に「夜明けまで強がらなくていい」で初選抜、初センターを担当しました。
今作「ごめんねFingers crossed」で、3作ぶりに2度目のセンターを務めています。

「夜明けまで強がらなくていい」では凛とした表情をしつつも、バラエティなどで無茶振りされて困ってる表情で人気です。

non-noの専属モデルであり、加入当初から活躍し続けています。

1967′ Ford Mustang289 Convertible

  • 全長×全幅×全高(mm):不明
  • ホイールベース(mm):不明
  • 車両重量(kg):不明

外観は1967年当時のオリジナルを生かしていますが、駆動部分エンジンやミッション、ブレーキなどは現在のものに変更しています。

カスタムカテゴリーはNeo Classicで、父親から受け継がれた車を“Safety”と“Performance”の向上を軸にカスタムされました。

 65年~73年までの “MUSTANG”で唯一アルミパネルの装飾が施されています。

NOS/ナイトラス オキサイド システム(Nitrous Oxide Systems):通称ニトロエンジンを松村沙友理さん、久保史緒里さんがチューンナップしています。

亜酸化窒素(N2O)ボタン押すことによって爆発的に急加速し、山下美月さんの乗るスープラを抜き、逆転してレースに勝ちました。

梅澤美波さん

ひょろ長亭梅マヨ系レースクイーン兼スターターです。

まとめ

今回は、「ごめんねFingers crossed」のMVで使用された車を紹介しました。

色々なMVなどから車に興味を持つのも一つのきっかけになればと思います。

決心のきっかけは理屈ではありません。

参照元
27thシングル「ごめんねFingers crossed」MV 特設サイト乃木坂46公式サイト第73回NHK紅白歌合戦

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。