アルヴェルはどう違う?アルファードとヴェルファイアの特徴を解説

トヨタのアルファードとヴェルファイアという車を総称して「アルヴェル」と呼びます。

高級ミニバンとして販売されているアルヴェルは車体が大きく、その見た目の迫力から車に力強さを求める人から根強い人気があります。

今回の記事では、アルファードとヴェルファイアの特徴について解説します。
共通した部分も多い両者ですが、記事では両者の異なる点についても詳しく紹介します。

アルヴェルに興味がある人や、大きい車体の車がほしいと考えている人は参考にしてください。

関連記事:【おすすめ】人気のミニバンランキング!ミニバンがおすすめの理由も紹介

アルヴェルの概要

アルファードとヴェルファイアは、トヨタが製造・販売しているミニバンです。

両者は兄弟車といわれており、まとめてアルヴェルと呼ばれています。

ここでは、アルファードとヴェルファイアの概要について解説します。

アルファードとは

アルファードは、2002年に初代モデルが発売されました。
現在販売されているのは、2015年に発売された3代目のモデルです。

ダイナミックなボディが特徴的ですが、エクステリアからは高級感あふれる優雅さも漂っており、所有する喜びを与えてくれる車です。

ミニバンの中でも、屈指の人気を誇る車といえます。

またアルファードは、インテリアも高級感あふれるデザインとなっています。
本革巻ステアリングホイールや木目調のデザインは、上質な車内空間を演出してくれます。

広々としたラグジュアリーな車内では、リラックスできる優雅な時間を過ごせるでしょう。

関連記事:アルファードハイブリッドの4WDの性能を紹介!ライバル車との比較あり

ヴェルファイアとは

ヴェルファイアは、アルファードよりも後の2008年に初代モデルが発売されています。
現在販売されているのは、2015年に発売された2代目のモデルです。

アルファードが高級感や上品さを売りにしているのに対し、ヴェルファイアはダイナミックな力強さがあります。

大きいヘッドライトやダイナミックなフロントデザインは、迫力満点の見た目となっており、車に力強さを求めたい大人の男性にとってヴェルファイアは魅力的といえるでしょう。

関連記事:ヴェルファイアの燃費はよい?気になるカタログ燃費と実燃費の比較も紹介

アルファードとヴェルファイアの違いとは?

アルヴェルは、両者とも迫力のある車という点では共通していますが、より高級感・優雅さを追及したアルファードと、より力強い迫力を追及したヴェルファイアという特徴に分けることができます。

ここでは、アルファードとヴェルファイアについて、ボディサイズやスペックなどについて細かく比較します。

アルファード・ヴェルファイア スペック表

※一つしかないものは同じ仕様です

車名アルファード
ヴェルファイア
グレードHYBRID X(7人乗り)
HYBRID GOLDEN EYESⅢ(7人乗り)
ボディタイプミニバン
ドア数5
全長×全幅×全高(mm)4,945×1,850×1,950
4,935×1,850×1,950
車両重量(kg)2,110
2,150
総排気量(cc)2,493
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク(L)65
駆動方式E-Four(電気式4輪駆動方式)
トランスミッション電気式無段変速機
※参考元:トヨタ アルファード/ヴェルファイア|主要諸元表

上記のスペック表からも分かるように、アルヴェルの各種スペックはほとんど変わりません。
主要諸元表も同じページに記載されていることからも、アルファード・ヴェルファイアが同列の車として括られていることが分かります。

続いては、アルファード・ヴェルファイアそれぞれの車の特徴について詳しく解説します。

関連記事:アルファードの大きさはどのくらいか?他車との比較も紹介

アルファードの特徴

エクステリア・内装共に高級感あふれる仕様が施されたアルファードには、豊富なグレードが用意されています。

ガソリンモデルに2.5L・3.5Lのガソリンエンジン車が用意されているだけではなく、アルファードにはハイブリッドモデルも用意されています。

走りの力強さや燃費の良さから、好みのグレードを選択できます。

また、内装の好みからグレードを選択することもできます。
最高級グレードのExecutive Loungeには、エグゼクティブラウンジシートが備わっています。

パワーオットマンも装備されたエグゼクティブラウンジシートは、セカンドシートの極上の座り心地を実現しています。
格納式テーブルをはじめとした高級感あふれる加飾が施されており、上質な車内空間で快適に過ごせるでしょう。

ベースグレードのSグレード(ガソリン仕様)においても、トヨタの安全機能であるToyota Safety Senseが標準装備されているため、車内装備にこだわらないという人であれば十分満足できるでしょう。

ヴェルファイアの特徴

力強い見た目が特徴のヴェルファイアは、2WD・4WDのガソリン車、4WDのハイブリッド車という3種類のグレードが用意されています。

アルファードの兄弟車ということで、おおよその大きさなどは似通っていますが、ヴェルファイアはフロントマスクに特徴があります。

特徴的な力強さを持つヘッドライトは、ヴェルファイアと一目で分かる人も多いでしょう。

また、きらびやかな内装もヴェルファイアの特徴です。
乗るたびにワクワクする気持ちを掻き立てられるデザインは、ドライブをより楽しい時間にできます。

ただし、アルファードのように最上級グレードが用意されているわけではないため、エグゼクティブラウンジシートなどを装備することはできません。

アルヴェルがおすすめな人

車内空間からみるおすすめな人

アルヴェルをおすすめできるのは、車内空間を広く快適に使いたいファミリー層や大人数で利用する機会が多い人です。

ラージサイズのミニバンとして人気のアルファード・ヴェルファイアは、共に車体の大きさに特徴がある車です。
外観の見た目通り、車内空間も広くなっており、快適に過ごせます。

後席ドアはワンタッチスイッチ付きの両側スライドドアとなっており、広い乗降口は優れた乗降性を実現しています。

スマートキーを携帯していれば、簡単にドアを開け閉めできます。
小さなお子さまを車に乗せるときや、大きな荷物を積み下ろすときは便利に利用できるでしょう。

最大で8人乗りのグレードも選べることから、3世代で一緒に利用するような場合でも、広々と使える車としておすすめできます。

関連記事:ミニバン3列目のシートアレンジで室内空間が快適に!乗り心地の良い自動車5選!

安全機能からみるおすすめな人

またアルヴェルは車体が大きいだけではなく、豊富な安全機能も備わっている車です。
全グレードにToyota Safety Senseが標準装備されているため、安心してハンドルを握ることができます。

また、後続車のライトの眩しさを抑える「自動防眩インナーミラー」が備え付けられているのも特徴です。

なお最上級グレードのExecutive Loungeには「デジタルインナーミラー」が標準装備されています。

車体が大きいため、運転に不慣れな人がハンドルを握る際は少し練習が必要かもしれないものの、アルヴェルはしっかりと安定した走行ができる車です。

ヒップポイントの高い運転席からの視界も良好で、車体の大きさに慣れれば運転しやすい車になるでしょう。

関連記事:アルファードの運転しやすさはどうなのか?サイズや安全性能をふまえて紹介!

まとめ

アルヴェルは、迫力のある見た目に魅力を感じる人が多い人気の車です。
アルファードは高級感・上質感を追及し、ヴェルファイアは迫力や力強さを追及しているという特徴があります。

広く充実した内装もアルヴェルの特徴です。
大人数での利用を考えているファミリー層や、セカンドシートを上質な空間にしたいという人にもおすすめできる車です。

アルファードの最上級グレードには、車内で至福の時間を過ごせるエグゼクティブラウンジシートが装備されます。

アルヴェルは居住性抜群の高級ミニバンであるため、検討している人はぜひ販売店に行き内装を確認してみましょう。

グレードにより仕様が異なるため、具体的な違いも実際に見てチェックしてみてください。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。