ムーヴキャンバスセオリーのコンセプトやストライプスとの違いを解説

2022年7月、ダイハツが製造・販売している軽自動車のムーヴキャンバスが約6年ぶりにフルモデルチェンジしました。

新しいムーヴキャンバスは、「セオリー」と「ストライプス」という大きな2つの世界観を持ったモデルが展開されています。

この記事では、ムーヴキャンバスセオリーに焦点を当て、そのコンセプトをメインに解説していきます。

また、もう一つのストライプスとの違いについても紹介します。

新型ムーヴキャンバスが気になっている人や、セオリーとストライプスのどちらが良いか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

関連記事:人気の軽自動車をおすすめランキングで紹介!車選びのポイントも解説

関連記事:【冬服コーデ】2022年はパーソナルカラーで車込みコーデが主流に!?

ムーヴキャンバスの概要について

ムーヴキャンバスは2016年に初代型が発売され、累計販売台数が38万台を超える車として、長い人気を誇っていました。

そして2022年7月から、2代目ムーヴキャンバスとして、「セオリー」と「ストライプス」の2種類が発売されています。

ムーヴキャンバスの人気の秘密は可愛らしく親しみやすいフォルムにあり、ユーザーの多くが女性という特徴を持っています

街中で走る車や、展示してある車のキュートなフォルムに惹かれ、欲しくなるという人も多いでしょう。

今回のフルモデルチェンジにおいて、ターボ機能が搭載されたグレードが登場したことで、新たなユーザー層を取り込む変化がありました。

これまでのムーヴキャンバスでは走りの部分で満足ができなかった人も、ターボ機能がついたグレードにすることで長距離ドライブを快適に楽しむことができます。

一方で、公式のパンフレットに記載があるように、ムーヴキャンバスは引き続き女性を主なターゲットとして考えており、車内のレイアウトにも女性の声が反映させられており、細かい所にもしっかりと手が届くような設計がされています。

また、スマートアシスト機能がさらに充実したことで、運転が苦手な人でも安心してハンドルを握れる車となりました。

関連記事:ムーヴキャンバスがフルモデルチェンジ!新型の特徴を解説!

関連記事:ムーヴキャンバスから新たに誕生したターボ車の魅力とは?標準モデルとの違い

ムーヴキャンバスセオリーのコンセプトや特徴は?

新型ムーヴキャンバスセオリーは、「大人な価値観や持論を表現できるクルマ」というコンセプトで作られています。

フルモデルチェンジ前のムーヴキャンバスは、可愛さに特化した車というイメージが強かったですが、今回新しい一面を持つことになったといえます。

セオリーの外観には、以下の全7色のシックな単色カラーが準備されています。

  • サンドベージュメタリック
  • レーザーブルークリスタルシャイン
  • ファイアークォーツレッドメタリック
  • レイクブルーメタリック
  • スムースグレーマイカメタリック
  • ブラックマイカメタリック
  • シャイニングホワイトパール

シックなカラーのアクセントとしてメッキが施されており、いずれのカラーも上質な雰囲気を醸し出しています。

まさにムーヴキャンバスセオリーは、スタイリッシュな車として生まれ変わったといっても良いでしょう。

関連記事:ムーヴキャンバスの色選びに後悔しないためには?人気色をご紹介します!

関連記事:ムーヴキャンバスを可愛くしたい人におすすめのアレンジ方法とは?

ストライプスとセオリーの違いとは?

新型ムーヴキャンバスには、ストライプスとセオリーという2種類のモデルがありますが、両者の主な違いは、エクステリアとインテリアの見た目の部分です。

ストライプスのエクステリアは、初代ムーヴキャンバスの流れを汲んだ、可愛らしさをコンセプトにしたデザインとなっています。

ストライプスのカラーバリエーションは全部で8パターンあり、ベースカラーと白色の2トーンカラーで、明るくポップなイメージに仕上がっています。

気分が明るくなる見た目であるため、ワクワクした気持ちでドライブに出かけたくなる車です。

また、ストライプスとセオリーでは、インテリアの雰囲気も大きく異なります。

ストライプスのインテリアは、エクステリアと同様に明るいデザインが採用されています。

インパネにもホワイトを基調とした色が採用されており、ハンドルを握ると自然と楽しい気持ちになれるでしょう。

一方、セオリーのインテリアは上品さにこだわった仕様となっています。

インパネ部分にはブラウンを基調とした色が採用されており、ネイビーのシートと合わせて、大人の雰囲気を醸し出しています。

落ち着いた気持ちでドライブを楽しんだり、車で休憩しながら少し考え事をしたりなど、ゆっくりとした時間を過ごせるのがセオリーの特徴です。

関連記事:ムーヴキャンバスの内装について解説!オプションでおしゃれにアレンジ

関連記事:女性に人気のダイハツ ムーヴキャンバスの内装の魅力!かわいいインテリアも紹介

ムーヴキャンバスセオリーはこんな人におすすめ

ムーヴキャンバスセオリーは、落ち着いた雰囲気を好むオトナの人におすすめできる車です。

ストライプスのデザインが少し派手だと感じる人や、可愛らしい車は苦手という人でも、ムーヴキャンバスセオリーであれば抵抗無く運転できます。

これまでのムーヴキャンバスは、女性からの圧倒的な人気により、ダイハツの看板商品になっていました。

実際に、新型ムーヴキャンバスの内装などは多くの女性の声を反映してデザインされています。

一方、セオリーというデザインが誕生したことや、ターボ機能が搭載されたモデルも出てきたことで、少し違う流れも加わりました。

これまでは見た目や走りの面でムーヴキャンバスを縁遠く感じていた人の中からも、走破性が向上した落ち着いたセオリーの雰囲気に、興味を惹かれる人も出てくると予想されます。

男女問わず、上質な大人の雰囲気を好むという人にはセオリーをおすすめします。

ムーヴキャンバスセオリーを購入する際の注意点

ここでは、ムーヴキャンバスセオリーを購入する際の注意点をお伝えします。

注意点を事前に把握しておくことで、購入後のギャップを少なくし、後悔しないようにしましょう。

なお、ここでお伝えする注意点は、ストライプスに共通する部分もあるため、ストライプスが気になっている人も参考にしてください。

身長が高い人には窮屈

ムーヴキャンバスはコンパクトな車です。よって、身長が高い人にとっては、少々運転がしにくいという意見もあります

身長が180cmを超える人は、購入前に運転席に座るなど、実際の環境を確認しておきましょう。

関連記事:ムーヴキャンバスはおじさんでも似合う?ムーヴキャンバスの特徴を紹介!

ターボ機能が無いグレードでは加速が遅い

以前のモデルから指摘されていた点でもありますが、ターボ機能が無いムーヴキャンバスは加速時の動きが重く感じる場面があります。

近場の買い物がメインという場合は問題ありませんが、長距離のドライブや重い荷物を運ぶ場合、ターボ機能が無いと運転にストレスを感じるかもしれません。

関連記事:ムーヴキャンバスのスペックを徹底調査!人気の秘密を探る

ムーヴキャンバスといえばストライプスのイメージ

セオリーはこれまでのムーブキャンバスとは異なるコンセプトになっているため、ムーブキャンバスらしさは感じられません。

初代ムーヴキャンバスの流れを汲んでいるデザインはストライプスであり、ムーヴキャンバス=ストライプスというイメージは、しばらくの間は続くでしょう。

関連記事:ムーヴキャンバスの燃費はどのくらい?概要や特徴も解説!

まとめ

この記事では、ムーヴキャンバスセオリーについて解説しました。

新型ムーヴキャンバスにはストライプスとセオリーという2種類のタイプがあります。

セオリーは、内外装ともに大人の雰囲気を持った落ち着いたデザインの車です。

初代ムーヴキャンバスは、女性からの圧倒的な人気を誇る車でしたが、セオリーの誕生により、ムーヴキャンバスは新たなターゲット層を獲得したといっても良いでしょう。


また、ターボ機能を搭載するグレードも用意されたことで、これまでの弱点だった加速の弱さも補えるようになりました。

これまでムーヴキャンバスにあまり興味が無かったという人もセオリーの魅力に触れてみることで興味のある車に変わるかもしれません。

ムーブキャンバスの購入を検討される場合は、用途や好みに合わせてストライプスとセオリーを比較しながら、実際に試乗などで体験した上で選ぶようにしましょう。

関連記事:【2023年最新版】女性に人気の軽自動車3選

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。