ホンダが販売する車の魅力とは?ホンダのかっこいい車ランキングTOP5!

ホンダは1948年に創業された長い歴史を持つ自動車メーカーです。

ホンダが創業から長い間車の販売を続けられている理由は、他社にはない独自の魅力があるからです。

この記事では、ホンダが販売する車の魅力やホンダのかっこいい車を5種類紹介します。

関連記事:ソニー・ホンダモビリティに作って欲しい車を考えてみよう!

ホンダが販売する車の魅力

ホンダは多くの車を販売していますが、ホンダが販売する車にはいくつかの魅力があります。

ここでは、ホンダが販売する車の魅力について紹介します。

他社にはない独創性

ホンダが販売する車には、他社にはない独創的な技術が使われています。代表的な技術が、センタータンクレイアウトとVTECエンジンです。

センタータンクレイアウト

センタータンクレイアウトとは、前席の床下に燃料タンクを配置するホンダの特許技術です。

従来の車は、燃料タンクを後部座席や荷室の下に配置していましたが、この技術により後席や荷室の空間が広がり、広くて快適な車内空間を実現しています。

VTECエンジン

また、VTECエンジンとは、ホンダが1989年に開発したエンジンであり、従来のエンジンよりもパワーと環境性能を向上させることに成功しました。

軽量かつコンパクトなエンジンでありながら高出力となっており、一定の回転数を超えるとエンジン音が変化する点が特徴です。

ホンダが販売する車は、VTECエンジンが使われることで、高い走行性能を実現しています。

関連記事:ホンダの次世代技術!Honda SENSING 360とHonda SENSING Elite!今までの技術もおさらい!

ホンダのM・M思想

fitrs フィットRS
FIT e:HEV RS

M・M思想とは、ホンダの車づくりの基本的な考え方です。

「人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小に」という意味で、(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)を略してM・M思想と呼ばれています。

M・M思想を象徴するホンダの車がFIT(フィット)です。

FIT(フィット)は、コンパクトカーでありながら広い車内空間を実現した車で、人のためのスペースを確保することが考えられています。

センタータンクレイアウトもM・M思想からうまれた技術です。

ホンダが販売するさまざまな車の製造において、ホンダのM・M思想が生かされており、魅力の一つといえるでしょう。

関連記事:フィットの走行性能や燃費、内装を調査!新モデル「FIT e:HEV RS」も!ソニーとタッグでどうなる?

ホンダのかっこいい車5種類

ここではホンダの魅力が生かされたかっこいい車を5種類紹介します。

ホンダ VEZEL(ヴェゼル)

vezel_ヴェゼルPLaY
VEZEL e:HEV PLaY

VEZEL(ヴェゼル)はホンダが販売するSUVタイプの車です。

コンパクトなサイズのため、小回りが利きやすく街乗りにも向いています。

また、コンパクトな車体でありながら広い車内空間や荷室を確保しているのが特徴です。
買い物やドライブ、アウトドアまで幅広いシーンに対応できるでしょう。

さらに、VEZEL(ヴェゼル)はガソリン車とハイブリッド車の2種類のエンジンタイプから選択できます。
外装は丸みを帯びたクーペのようなデザインとなっています。

VEZEL(ヴェゼル)の基本スペックは下記の通りです。

関連記事:ヴェゼルのスペックを徹底解説!燃費やボディカラー、グレードを比較

メーカーホンダ
車名VEZEL(ヴェゼル)
ボディタイプSUV
ドア数5
全長×全幅×全高(mm)4,330×1,790×1,580
車両重量(kg)1,250
総排気量(cc)1,496
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク(L)40
駆動方式FF
トランスミッション無段変速オートマチック(トルクコンバーター付)
カラー(全6種)・プレミアムサンライトホワイト・パール
・プラチナホワイト・パール
・メテオロイドグレー・メタリック
・プレミアムクリスタルレッド・メタリック
・クリスタルブラック・パール
・サンドカーキ・パール
※参考元:VEZEL(ヴェゼル)|諸元表
※紹介グレードは「G」

ホンダ CIVIC TYPE R(シビック タイプアール)

シビックタイプR-civic_083H
CIVIC TYPE R

CIVIC TYPE R(シビック タイプアール)は、ホンダが製造・販売するCIVIC(シビック)をスポーツ仕様に仕上げたモデルで、細かいグレード分けはありません。

スポーティーで迫力のあるフロントデザインは、スポーツカーのようなかっこよさを感じられるでしょう。

また、TYPE R専用の足回りやチューニングタイヤを使用しているため、高い走行性能があります。

CIVIC TYPE R(シビック タイプアール)の基本スペックは下記の通りです。

関連記事:シビック ハッチバックの燃費は?ASEANに進出するシビック タイプ Rの燃費やソニーとの連携も調査!

メーカーホンダ
車名CIVC TYPE R(シビック タイプ アール)
ボディタイプセダン
ドア数5
全長×全幅×全高(mm)4,595×1,890×1,405
車両重量(kg)1,430
総排気量(cc)1,995
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク(L)47
駆動方式FF
トランスミッション6速マニュアル
カラー(全5種)・チャンピオンシップホワイト
・ソニックグレー・パール
・クリスタルブラック・パール
・フレームレッド
・レーシングブルー・パール
※参考元:CIVC TYPE R(シビック タイプアール)|諸元表

ホンダ N-BOX(エヌボックス)

N-BOX
N-BOX

N-BOX(エヌボックス)はワゴンタイプの軽自動車です。

2011年に誕生してから10年以上販売を続けていて、2022年度上半期は国内新車販売台数No.1を獲得しています。

N-BOX(エヌボックス)が人気の理由は、車内空間の広さや優れた機能性、走行性能です。

ホンダ独自の技術であるセンタータンクレイアウトを採用したことで車内空間を広げています。
また、フロントピラーを細く設計することで視界が広く、安心して運転できるでしょう。

さらに、パワーの大きさと燃費の高さの両立を実現したi-VTECエンジンを使用しています。

内外装共に高級感のある上品なデザインとなっているため、かっこいい軽自動車を探している人におすすめの車といえるでしょう。

N-BOX(エヌボックス)の基本スペックは下記の通りです。

関連記事:N-BOXのグレードは全19種類!それぞれの特徴や選び方を解説!

メーカーホンダ
車名N-BOX(エヌボックス)
ボディタイプ軽自動車
ドア数5
全長×全幅×全高(mm)3,395×1,475×1,790
車両重量(kg)890
総排気量(cc)658
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク(L)27
駆動方式FF
トランスミッション無段変速オートマチック(トルクコンバーター付)
カラー(全6種)・プレミアムサンライトホワイト・パール
・プラチナホワイト・パール
・ルナシルバー・メタリック
・クリスタルブラック・パール
・プレミアムアガットブラウン・パール
・ブリティッシュグリーン・パール
※参考元:N-BOX(エヌボックス)|諸元表
※紹介グレードは「G」

ホンダ S660

4211101-s660_001Hホンダ
S660

S660はホンダが2015年に発売したオープンスポーツカーです。

2022年3月に生産が終了しているため、現在は新車での販売は行っていません。
S660に乗りたい場合は中古車として購入する必要があります。

S660はコンパクトなスポーツカーでありながら、ミッドシップを採用することで、スポーツカーの醍醐味である走る楽しさを体感できます。

さらに、S660はオープンカーとして楽しめることに加えて軽自動車規格のため、維持費が抑えられる点も魅力でしょう。

S660の基本スペックは下記の通りです。

メーカーホンダ
車名S660
ボディタイプオープンスポーツ
ドア数2
全長×全幅×全高(mm)3,395×1,475×1,180
車両重量(kg)830
総排気量(cc)658
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク(L)25
駆動方式MR
トランスミッション6速マニュアル
カラー(全6種)・プレミアムスターホワイト・パール
・アラバスターシルバー・メタリック
・ナイトホークブラック・パール
・フレンチブルー・パール
・アクティブグリーン・パール
・フレームレッド
※参考元:S660|諸元表 
※紹介グレードは「α」

ホンダ NSX

4210830-nsx_002H
NSX Type S

ホンダが製造・販売を行っていたNSXは、1990年に初代モデルが発売されました。

その後、2017年に2代目モデルが発売され、2021年に生産が終了しています。
S660と同様に、NSXに乗りたい場合は中古車として購入が必要です。

また、ホンダは2022年3月に、全世界で350台限定のNSX Type Sを販売しました。
こちらは、これまでNSXを支えてくれた人々への感謝を込めた特別なモデルとして生産され、現在生産は終了しています。

NSXは、新時代のスーパースポーツ体験(New Sports experience)の頭文字をとって名付けられました。
2代目モデルはハイブリッド搭載となっており、モーターが加わったことによって走行性能が向上しています。

低重心な車体に洗練されたフォルムは、高級スポーツカーの存在感を放っており、まさにかっこいい車といえるでしょう。

NSXの基本スペックは下記の通りです。

メーカーホンダ
車名NSX
ボディタイプクーペ
ドア数2
全長×全幅×全高(mm)4,490×1,940×1,215
車両重量(kg)1,800
総排気量(cc)3,492
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク(L)59
駆動方式4WD
トランスミッション9速オートマチック+パドルシフト
カラー(全9種)・クルバレッド
・ベルリナブラック
・130Rホワイト
・ソースシルバー・メタリック
・カジノホワイト・パール
・サーマルオレンジ・パール
・インディイエロー・パールⅡ
・バレンシアレッド・パール
・ヌーベルブルー・パール
※参考元:NSX|諸元表

まとめ

ホンダが販売する車には、他社にはない多くの魅力があります。

センタータンクレイアウトやVTECエンジンなどのホンダが独自に開発した技術は、ホンダが販売する車にしか搭載されない魅力的な技術といえるでしょう。

また、乗る人のことを一番に考えたホンダのM・M思想によって、広い車内空間を実現している点も魅力の一つです。

これから車を購入しようと思っている人は、この記事を参考にかっこいい車を探してみてはいかかでしょうか。

画像引用元:本田技研工業株式会社

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。