ホンダが販売する車の人気が高い理由とは?ホンダの人気が高い車を紹介!

ホンダ(本田技研工業)の歴史は古く、1948年に創業され、自動車に詳しくない人でも名前を知っている国内大手の自動車メーカーといえます。

しかし、ホンダが販売する車が創業から高い人気を維持し続けている理由について、はっきりと知っている人は少ないのではないでしょうか。

この記事では、ホンダが販売する車の人気が高い理由や、特に人気がある車について解説します。

関連記事:Honda(ホンダ)が宇宙へ?JAXAと研究開発契約を締結!

ホンダが販売する車の人気が高い理由

ホンダは、国内大手自動車メーカーであることによる知名度と、2023年に創立75年を迎えたという長い歴史から、「安心感がある」という理由で選ぶ人も多いでしょう。

しかし、ホンダが販売する車が選ばれる理由はほかにもあります。

ここでは、ホンダが販売する車が人気な理由について解説します。

関連記事:ホンダが販売する車の魅力とは?ホンダのかっこいい車ランキングTOP5!

幅広い層に支持されるシンプルなデザイン

ホンダは、車が使われるシーンや環境の観察、トレンド調査などを行った上で、デサイン開発に取り組んでいます。

そのため、ユーザーのニーズを把握したデザインが多いといえるでしょう。

また、ホンダが販売する車は、メッキパーツを多用しないシンプルなデザインという特徴があります。

シンプルなデザインは人を選ばずに幅広い層から支持を得られやすいため、人気が高い理由として挙げられるでしょう。

多様なジャンルの車が揃っている

ホンダが販売する車は多様なジャンルが揃っているため、ユーザーにとって選択肢が多くあります。

  • FREED(フリード)やSTEP WGN(ステップ ワゴン)のようなミニバンタイプ
  • VEZEL(ヴェゼル)やXR-VなどのSUVタイプ
  • N-WGNやN-BOXなどの軽自動車タイプ

など、自身の好みのボディタイプや用途に合わせた選択が可能です。

シンプルなデザインに加え、こうしたバリエーションの豊富さは、多くの人から人気を獲得している理由であるといえるでしょう。

居住性の高い車が多い

車選びの際、居住性の高さを重視する人も多いですが、ホンダが販売する車には社内の快適な空間にこだわった車が豊富にあります。

ホンダは、燃料タンクを前席の床下に配置するセンタータンクレイアウトという技術を開発しました。

一般的に燃料タンクは車の後ろ側に搭載されることが多いです。

しかし、この技術により、ホンダが販売する車は、荷室に広いスペースを確保することができています。

また、ホンダの軽自動車は、ホンダで初めて販売された軽自動車であるN360の「乗るところは十二分に、エンジンはコンパクト」という考え方を受け継いでおり、広い車内空間を確保しています。

ほかにも、ホンダが販売する車には、シートアレンジがしやすく、車中泊も可能な車が多いところも魅力です。
このような居住性の高さは、運転する人にも同乗者にも喜ばれ、多くの人から支持を得ているといえます。

関連記事:N-BOXは車中泊にもおすすめの車!概要や車中泊する際の注意点などを解説

独自性のある高い技術力

F1をはじめとするモータースポーツ参戦やホンダジェットなど、幅広い分野で事業を展開しているホンダは、それらで培ったノウハウを自動車開発に生かしています。

これにより、ほかのメーカーでは見られない独自の安全装備であるホンダセンシングやハイブリッドシステム(e:HEV)を搭載している車が販売されています。

また、VTECエンジンもホンダ独自の技術で開発されました。
VTECは環境性能とパワーの両立を実現させたテクノロジーで、この技術もほかのメーカーの車にはない魅力の一つです。

今後も先端技術が搭載された車の開発が期待され、多くの人からの注目を集めるでしょう。

関連記事:ホンダの次世代技術!Honda SENSING 360とHonda SENSING Elite!今までの技術もおさらい!

ホンダが販売する人気の高い車5選

車のバリエーションが豊富なホンダですが、ここでは人気が高い車を5種類紹介します。

N-BOX

2011年の初代モデルが登場して以来、常に新車販売台数の上位に入っているN-BOXは、ホンダを代表する軽自動車の一つです。

ホンダのミニバンの魅力を軽自動車に凝縮するというコンセプト通り、ほかの軽自動車に比べて車内空間が広く確保されています。

そのため、ファミリーカーとしても人気が高く、お子さまがいる家族でもメインの車として利用可能です。

また、シートアレンジがしやすくフラットにできるため、大きな荷物を載せたり車中泊をしたりもできます。
さらに、安全装備であるホンダセンシングを搭載しており、運転に自信がない人も安心して運転できるでしょう。

関連記事:N-BOXのグレードは全19種類!それぞれの特徴や選び方を解説!

FREED(フリード)

FREED(フリード)は「ちょうどいい」をテーマにしたコンパクトミニバンです。

「FIT(フィット)では小さすぎるかもしれない」「STEP WGN(ステップ ワゴン)だと大きいかもしれない」と感じている人は、まさに「ちょうどいい」サイズであると感じられるでしょう。

また、車体はコンパクトですが車内空間は広くつくられています。
2列目シートにはロングスライド機構が採用されており、シート間には通路があるため、足元の広いスペースが確保可能です。家族や友人などとの長距離ドライブや旅行でもストレスを感じづらく、快適に乗ることができるでしょう。

3列目シートは左右にはねあげられ、2列目シートの通路と一緒に活用して長尺物を載せられます。

ほかにも、低床フロアやスライドドアが採用され、狭い駐車場での乗り降りやお子さまの乗車時にも安心して乗車可能です。

関連記事:フリードのスペックを徹底解説 !燃費、ボディカラーやグレード比較

FIT(フィット)

ホンダの代表的なコンパクトカーであるFIT(フィット)は、2001年に初代が登場してから20年以上販売され続けている車です。

2020年に現行モデルが登場し、現在は5つのタイプが用意されています。

メインのモデルは、オーソドックスで利便性を追及した「BASIC」や「HOME」です。
ほかにもSUV感がある「CROSSTAR」や豪華さを感じられる「LUXE」、スポーティーな印象の「RS」があります。

それぞれバリエーションが豊富なため、自身のライフスタイルやニーズに合わせた選択が可能です。

約160万円から購入できて価格帯もリーズナブルなので、選びやすい車だといえるでしょう。

関連記事:フィットの走行性能や燃費、内装を調査!新モデル「FIT e:HEV RS」も!

VEZEL(ヴェゼル)

クロスオーバーSUVであるVEZEL(ヴェゼル)は、2021年に現行モデルに進化し、従来よりもクーペらしさを強調したデザインになっています。

上位グレードのPlayでは、車の天井部がガラス張りとなっており、開放的なパノラマルーフが標準装備されています。
遊び心とアクティブさを感じられ、SUV車に乗る楽しみをさらに引き立たせる仕様といえるでしょう。

また、後部座席はフラットにできる以外にも、持ち上げて折り畳むことも可能で、シーンに合わせてシートアレンジができる魅力があります。

各メーカーから多くのSUV車が登場していますが、その中でもホンダが販売するVEZEL(ヴェゼル)は、デザイン性も機能性も追求した車といえるでしょう。

関連記事:ヴェゼルの乗り心地はどうなのか?特徴や性能面から解説

N-WGN

ホンダが販売するNシリーズの車の中でも、オーソドックスなトールワゴンタイプがN-WGNです。

シンプルな外観から、乗り手を選ばないため人気が高い車の一つとして挙げられます。

ホンダが販売する軽自動車は、販売台数の多さからN-BOXをイメージする人が多いでしょう。
しかし、N-WGNもホンダを代表する軽自動車の一つといえます。

N-WGNの強みは、軽量であることから、燃費性能が高いことです。

また、約130万円から購入可能で、価格帯もN-BOXと比較するとリーズナブルなことも人気が高い理由であるといえるでしょう。

まとめ

国内大手の自動車メーカーであるホンダは、知名度の高さ以外にもシンプルなデザインや車のバリエーション、ユーザーニーズを捉えた車を展開しているなどの理由から高い人気を誇ります。

また、ホンダジェットやF1参戦など多岐に渡って事業展開しており、それらのノウハウが自動車開発に生かされているため、今後登場する車にも期待が持てるでしょう。

ホンダが販売する車の購入を検討している人は、この記事で紹介した人気の車を参考にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事:ソニー・ホンダモビリティ、新型EV「アフィーラ(AFEELA)」を公開!大きさはどれぐらい?

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。