新型レクサスLMがでかい!全長5,125mmの最高級ミニバンの乗り心地は?

LEXUSは、4月18日、上海モーターショーで「レクサスLM」を世界初公開しました。

日本では2023年秋頃に販売予定です。

レクサスのミニバンの居住性能についてまとめましたので、せひ最後までご覧ください。

関連記事:【おすすめ】人気のミニバンランキング!ミニバンがおすすめの理由も紹介

ポチモバナー青
ポチモバナー青

ラグジュアリームーバー

今回発表されたレクサスLMですが、LMのMはミニバンのMではなくムーバーのMです。

すべての乗員が自然体でくつろげる乗り味と居住空間を作り上げることを目指して設計されました。

ドライバーは素直で正確な操縦性などにより運転の楽しさを実感でき、乗員はノイズや不快な振動を気にすることなく、ゆったりと過ごすことができる快適性と機能性を備えています。

レクサスLMのサイズ

レクサスLM走行イメージ
出典:LEXUS

プロトタイプではありますが、発表されているレクサスLMの車体のサイズは以下の通りです。

全長(mm)5,125
全幅(mm)1,890
全高(mm)1,955
ホイールベース(mm)3,000
※参考元:LEXUS|ニュースリリース

かなり大きな車体をしていることがわかります。

参考までに、アルファード、グランエースと比較をしてみましょう。

関連記事:大きい車の魅力や運転するコツを解説!車種ごとにおすすめの車を紹介

アルファードのサイズと比較

レクサス LM
アルファード エグゼクティブラウンジ
全長(mm)5,125
4,945
全幅(mm)1,890
1,850
全高(mm)1,955
1,950
ホイールベース(mm)3,000
3,000
※参考元:アルファード|諸元表

関連記事:アルファードの大きさはどのくらいか?他車との比較も紹介

グランエースのサイズ

レクサス LM
グランエース G/プレミアム
全長(mm)5,125
5,300
全幅(mm)1,890
1,970
全高(mm)1,955
1,990
ホイールベース(mm)3,000
3,210
※参考元:グランエース|諸元表

関連記事:トヨタ グランエースの内装・インテリアを写真で紹介!広さも高級感も最強のミニバンの中身は?

サイズはアルファード以上グランエース未満

レクサスLM横からイメージ
出典:LEXUS

アルファード、グランエースどちらもトヨタの高級ミニバンですが、日常使いを想定されているアルファードより大きいことがわかります。

グランエースはそもそもの用途が違うのですが、幅以外はかなり接近したサイズ感となります。

関連記事:レクサスとトヨタの違いとは?関係性について徹底解説

レクサスLMの乗り心地

ラジエターサポートブレース・ロッカーストレート構造・リヤ床下ブレース・クォーターピラー部リインフォースメント設定などにより、より高性能のボディねじり剛性を確保しました。

レクサスLM構造
出典:LEXUS

アッパーボディやフロアに採用した構造用接着剤も振動の軽減に効果を発揮しています。

シート

レクサスLMインテリア
出典:LEXUS

フロントシート

レクサスLMフロントシート
出典:LEXUS

座面の面圧分布を最適化、旋回時の遠心力などの力の大小にかかわらず身体を固定することで、疲労を軽減する座り心地と、運転に集中できる環境を追求しています。

2列目・3列目シート

レクサスLMシート
出典:LEXUS

シートバックとクッションに厚みを持たせ、乗る人を優しく包み込ませる構造をしています。

2列目シートでは特に、2種類の衝撃吸収剤を使用しています。

関連記事:ミニバン3列目のシートアレンジで室内空間が快適に!乗り心地の良い自動車5選!

周波数感応バルブ付きAVS

周波数感応バルブ付きAVS
出典:LEXUS

レクサスで初採用となる、リニアソレノイド式アクチュエーターと周波数感応バルブを併用した、周波数感応バルブ付きAVSが組み込まれています。

低周波から高周波までの幅広い領域できめ細かく減衰し振動を軽減し、速度を問わず常に上質な乗り心地が実現しています。

Rear Comfort モード

こちらもレクサスでは初採用となります。

アクセル、ブレーキを統合制御し、姿勢の変化を減少させました。

静粛性

レクサスLMでは、「心地よく感じる自然な静けさ」にこだわっただけあってさまざまなシステムで騒音を軽減しています。

  • タイヤ周辺の対策により、ロードノイズを低減
  • ボンネット、ピラー周りの対策により、風切り音を低減
  • アコースティックガラスの採用により、高周波の風切り音を低減
  • エンジン・マウント系のチューニング
  • 室内の吸音材、遮音材、制振剤の最適配置

上記のような対策が施されており、かなりの静粛性を実現していることが期待できます。

ショーファードリブンに特化した4人乗り仕様も

6、7人乗りモデルだけでなく、4人乗りモデルも設定されています。

4人乗りモデルではショーファードリブン(運転手がいることを想定し、後席の快適さを確保したり、後席で仕事などができるように設計されたタイプ)に特化し、48インチのワイドディスプレイも用意されているなどオンラインミーティングや動画を見るなどのことができます。

5,125mmの全長を持ちながら4人乗りモデルということは、かなり広い空間が出来上がることが期待されます。

レクサスLMシート
出典:LEXUS

またもやレクサス初採用の、オットマン、アームレストにシートヒーターが設備されています。

後席専用の「温熱感IRマトリクスセンサー」を設定することでエアコンやシートヒーターなどを一括コントロールし、車内を常に快適な温度に保つことが可能です。

アームレスト内に収まる格納式テーブルはタブレット端末やノートPCを操作できるサイズとし、質感の向上や滑り止めや、傷つき防止の機能性を持たせた表皮巻きの天板でできています。

レクサスLM後席
出典:LEXUS

レクサスLMにはレクサス初採用が盛り込まれている

  • 周波数感応バルブ付きAVS
  • Rear Comfort モード
  • オットマン、アームレストのシートヒーター

ここだけで、初採用が3つ出ました。

LEXUSブランドのさらなる飛躍が期待できます。

ポチモバナー青
ポチモバナー青

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。