車中泊におすすめのコンパクトカーを厳選!共通点やより快適に過ごす方法についても解説

車で旅をし、寝泊まりも楽しむ車中泊は人気を集めています。

車中泊を楽しむための、そんなに大きくない車を探している方も多いでしょう。

実はコンパクトカーの中には、コンパクトな見た目に反して広々とした車内があり、アウトドア向きのアクセサリーが充実している魅力的な車もあります。

今回は、車中泊向けのおすすめのコンパクトカーや車中泊をより快適にする方法を詳しく紹介します。

車中泊をするために車の購入を考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

関連記事:【2023年】コンパクトカーおすすめ人気ランキング!乗り心地の良い車種の選び方も解説

ポチモバナー青
ポチモバナー青

車中泊に適したコンパクトカーの共通点

近年、見た目のコンパクトさに対して広々とした車内が魅力のコンパクトカーが、車中泊をする方に人気を集めています。

小回りが利くため、細い道の運転がしやすいというメリットがあるのも人気の理由です。

ただし、全てのコンパクトカーが車中泊に向いているとは限りません。
シートがフラットになることや大人が寝返りを打てるほどの広さがあるなど、車中泊向けの車には共通点があります。

ここでは、車中泊に適したコンパクトカーの共通点について見ていきましょう。

関連記事:【2023年】車中泊におすすめの車14選!気温に左右されず快適に過ごすポイントも紹介!

フルフラットシートが可能

車中泊をする際、ゆったりと横になれるフルフラットシートは欠かせません。

シートをリクライニングにした状態で横になると、首や腰に負担がかかりやすくなります。
日々の疲れを癒すことやリラックスすることを目的に車中泊をしたにもかかわらず、翌朝疲れを感じてしまうのは本末転倒です。

また、長時間同じ姿勢のまま過ごしていると「エコノミークラス症候群」を発症する恐れもあるため注意が必要です。

車によってはフルフラットシートでも多少の段差ができることが多いため、快適に眠れるように安眠グッズをそろえておくことをおすすめします。

車内の広さ・高さに余裕がある

室内に寝返りが打てて足が伸ばせる十分な幅と長さがあることも、車中泊向けの車に共通しています。

車内で過ごす際、高さにも余裕があると着替えなどがしやすいでしょう。コンパクトカーによっては、小さなお子さまが立てるほど余裕のある高さの車もあります。

また、アウトドアは、当日に急な雨に見舞われることもあります。車内で過ごす時間が長くなった場合のことも考えて、十分なスペースが確保できるコンパクトカーを選ぶことをおすすめします。

十分なラゲッジスペースがある

車中泊をするなら、十分なラゲッジスペースが不可欠です。
キャンプやアウトドアは荷物が多くなるため、荷物が全て入るほどのラゲッジスペースが必要になります。

ラゲッジスペースが十分でないと、後部座席に荷物を置くことになります。

せっかく足を伸ばして横になれるのに、荷物があれば邪魔に感じるはずです。

車中泊に適したコンパクトカー3選

車中泊に適したコンパクトカーの共通点は理解したものの、実際どのコンパクトカーおすすめなのでしょうか。

ここでは、車中泊に適したコンパクトカーについて見ていきましょう。

スズキ|ソリオ

メーカースズキ
車名ソリオ
ボディタイプコンパクトハイトワゴン
ドア数5
全長×全幅×全高(mm)3,790×1,645×1,745
車両重量(kg)960
総排気量(cc)1,242
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク(L)32
駆動方式2WD
トランスミッションCVT
カラー(全8種)キャラバンアイボリーパールメタリック
タフカーキパールメタリック
メロウディープレッドパール
フレイムオレンジパールメタリック
スピーディーブルーメタリック
スターシルバーメタリック
ピュアホワイトパール
スーパーブラックパール
※参考元:主要設備・主要諸元
※紹介グレードは「G」

SUZUKIが販売するソリオは、コンパクトハイトワゴンとして高い人気を集めるコンパクトカーです。

車内は幅が広いため、アウトドアはもちろん、車中泊も思う存分満喫できます。
シートを倒すことでフルフラットにすることも可能です。

ソリオはコンパクトカーの中でも長さがあるため、背が高い人でも横になることができます。
小さいお子さまなら立ったまま着替えられるのも魅力的です。

ラゲッジスペースも広々としているため、さまざまの荷物を積めます。普段使いはもちろん、アウトドアにもおすすめの車です。

ソリオ バナー

ホンダ|フリード+

メーカーホンダ
車名フリード+
ボディタイプコンパクトミニバン
ドア数5
全長×全幅×全高(mm)4,295×1,695×1,710
車両重量(kg)1,360
総排気量(cc)1,496
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク(L)36
駆動方式FF
トランスミッション7速オートマチック
カラー(全8種)プレミアムクリスタルブルー・メタリック
シルバーミストグリーン・メタリック
プラチナホワイト・パール
スーパープラチナグレー・メタリック
クリスタルブラック・パール
プレミアムクリスタルガーネット・メタリック
フィヨルドミスト・パール
トワイライトミストブラック・パール
※参考元:主要諸元
※紹介グレードは「HIBRID G」

ホンダのフリード+は、2列シートの5人乗りができるコンパクトカーです。
2016年に販売が開始され、SUV風なデザインと多彩なシートアレンジで人気があります。

車内は広々としているため、シートをフルフラットにすれば快適な車中泊を楽しむことが可能です。

ただシートは完全にフラットではなく、段差が2.5㎝程あるためマットや布団を敷いて横になることをおすすめします。

ラゲッジスペースは十分な広さなので、荷物が多くても積めるでしょう。車中泊のときは、座席下に収納が可能です。

また、フリード+はシェードやACコンセントなど、車中泊向けの純正アクセサリーを豊富に展開しているため、家族でアウトドアを楽しみたい人にもおすすめの車です。

フリード バナー

トヨタ|シエンタ

メーカートヨタ
車名シエンタ
ボディタイプコンパクトミニバン
ドア数5
全長×全幅×全高(mm)4,260×1,695×1,695
車両重量(kg)1,270
総排気量(cc)1,490
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク(L)40
駆動方式2WD
トランスミッションDirect Shift+CVT
カラー(全9種)ホワイトパールクリスタルシャイン
ダークグレー
ブラック
スカーレットメタリック
ベージュ
アーバンカーキ
グレイッシュブルー
ダークグレー×スカーレットメタリック
ダークグレー×グレイッシュブルー
※参考元:主要諸元表
※紹介グレードは「X」

2022年8月にフルモデルチェンジしたシエンタは、トヨタで最も小さなミニバンです。
おしゃれなデザイン性はもちろん、燃費性能の高さも魅力で車中泊にもおすすめの車といえます。

シエンタは2列シートの5人乗りと3列シートの7人乗りの2種類から選べますが、車中泊でおすすめなのは5人乗りです。

シートをフルフラットにすることで室内長2m以上の広々とした車内になり、3人家族でも余裕で寝転がることができます。

また、多数の荷物が入るだけでなく、荷室の入り口も大きいため、荷物の出し入れも簡単です。
まさにアウトドア向きの車といえるでしょう。

コンパクトカーでの車中泊を快適にする方法

車中泊におすすめのコンパクトカーでも、実際に車中泊をしてみると不便に感じることがあります。

車中泊を快適なものにするためには、工夫をすることが大切です。

ここでは、車中泊を快適にするためには、どのような工夫ができるのか解説します。

関連記事:車中泊で注意したいリスクとは?自分でできる対策を紹介

マットを敷いて眠りやすい環境を作る

車中泊を快適にする方法の一つが、マットの用意です。
車中泊向きのフルフラットシートの中には、小さな段差があるものも多くあります。

たとえ段差が小さくても、横になると気になってゆっくり休めないことがほとんどです。

車の室内サイズに合ったマットを敷いて完全なフラットにすることで、寝心地を向上させられます。

暑さ・寒さ対策をする

車中泊を快適にするためには、暑さ・寒さ対策もきちんとすることが大切です。

キャンプ地の中には、気候が変動しやすく、朝が冷え込みやすい山中にあることも多くあります。

車はエンジンをかけないと窓を開け閉めすることができないため、夜が暑くて寝苦しかったり、反対に寒すぎて眠れなかったりするのです。

暑さ・寒さ対策は意外と見落としがちなため、暑い季節はサーキュレーターや冷風機、寒い季節は厚さのある寝袋や電気毛布を用意した方がよいでしょう。

関連記事:冬に起こりやすい!車中泊で結露が発生する原因と対策5選

プライバシーを確保する

車中泊をするときは、カーテンやシェードなどプライバシーを確保できるグッズをそろえることをおすすめします。

窓から車の中が丸見え状態だと視線を感じたり、安全面に不安を感じたりする場合があります。

また場所によっては、街灯の光や朝日が眩しくてゆっくり眠ることが難しくなるでしょう。
カーテンは、遮光性も高いものを選ぶことが大切です。外から見えない状態なら、着替えも安心してできます。

電源を使えるようにする

アウトドアで電化製品が使えれば、快適度が格段に向上します。
料理では調理家電が使えるようになるほか、暑ければサーキュレーター、寒ければ電気毛布などが使えるようになります。

また、電源を確保することでスマートフォンやタブレットの充電も可能です。
開放的な場所で音楽や動画を楽しめます。所有している車に電源がなければ、ポータブル電源を用意することがおすすめです。

関連記事:車中泊でエアコンのつけっぱなしはバッテリーが上がる? 対処法を解説します!

照明の確保

キャンプは照明があるとよりアウトドアの雰囲気を味わえます。

車のライトをつけっぱなしにするわけにはいかないため、ランタンや懐中電灯などを用意しましょう。
スマホのライトでも十分ですが、バッテリーの消費が激しいため注意が必要です。

また、明るすぎると眩しくて過ごしにくくなるため、視認できる程度の明るさのものを選びましょう。

ポータブル電源があると照明の確保がより便利になります。

車中泊を行う際の注意点

注意

車さえあれば気軽に楽しめる車中泊ですが、気を付けるべきポイントもあります。

ここでは、不要なトラブルを避けて安全に車中泊を楽しむために、気をつけておきたいポイントについて紹介します。

エンジンをかけっぱなしにしない

車のエンジンをかけたままでエアコンをつけっぱなしにしていると、一酸化炭素中毒になる可能性があります。
また、車内は空間が狭いため、換気を行っていない車内では、酸欠状態になる可能性があることにも注意が必要です。

エンジンを消すことで一酸化炭素中毒を防ぎ、窓を少し開けておくことで酸欠になるのを防ぎましょう。

暑さ対策や寒さ対策は、エアコンを使用する以外の方法で行うことをおすすめします。

防犯対策をしっかり行う

車中泊を行うにあたり、防犯対策は重要です。
特に、盗難などのトラブルには気を付ける必要があります。

暑い夏には窓を開けた状態で過ごすこともあるかと思いますが、寝る際に窓を開ける場合には、換気のための最小限にとどめ、必ず施錠して就寝するようにしましょう。

また、SNSに情報をのせると場所を特定されてしまう恐れがあります。
こちらもトラブルを未然に防ぐためにも気をつけたいポイントです。

車中泊の可否を確認する

車中泊はどこでもできるわけではありません。
たとえば、24時間駐車場を開放している道の駅などでも、長時間の駐車や車中泊が禁止されていることもあります。

車中泊の可否を事前に確認したうえで、場所を選定しましょう。
こちらも不要なトラブルを避けるためにも重要なポイントです。

まとめ

マイペースにアウトドアを楽しめる車中泊向けの車なら、フルフラットシートや十分な広さを持つコンパクトカーが便利です。

SUVやミニバンなど、アウトドア向けの車が各メーカーより多く販売されているため、ぴったりの車を見つけられるでしょう。

フルフラットシートでも多少の段差があることが多いため、マットなどを敷くことが大切です。

ほかにも、目隠しができるカーテンや暑さ・寒さ対策、電化製品を使えるようにポータブル電源を準備することで車中泊をより快適に楽しめます。

ポチモバナー青
ポチモバナー青

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。