スイフトのハイブリッドは燃費が良いのか?別の車と比べてみた

スイフトはスズキが開発・製造・販売を行っているハッチバック型コンパクトカーであり、手に入れやすい価格帯と操作性の高さから人気を集めています。
スイフトはマイルドハイブリッド車とガソリン車がラインアップされており、車を選ぶ際の選択肢は豊富ですが、ライバル車と比較した場合のスペックや燃費性能はどうなのでしょうか。

この記事では、スイフトのマイルドハイブリッド車についての特徴や燃費性能などについて解説していきます。

スイフトの特徴を詳しく知りたい人、これからスイフトの購入を考えている人は参考にしてみてください。

関連記事:人気コンパクトカーをおすすめ順にランキング!選び方のポイントも紹介

関連記事:スイフトの車内空間は狭い?乗り心地や広く使うコツについて紹介します!

スイフトはどのような車なのか?

スズキ株式会社

ここでは、スイフトの概要について解説していきます。

スイフトの基本スペック

スイフトの基本スペックは以下の通りです。

メーカースズキ
車名スイフト
ボディタイプハッチバック
ドア数5
全長3,855mm
全幅1,695mm
全高1,500mm
車両重量910kg
総排気量1,242cc
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク37L
駆動方式2WD(前2輪駆動)
トランスミッションCVT
カラー(全8種)・フレイムオレンジパールメタリック ブラック2トーンルーフ
・バーニングレッドパールメタリック ブラック2トーンルーフ
・スピーディーブルーメタリック   ブラック2トーンルーフ
・バーニングレッドパールメタリック
・スピーディーブルーメタリック
・ピュアホワイトパール
・スーパーブラックパール
・プレミアムシルバーメタリック
※参考元:スイフト|諸元表スイフト | カラー
※紹介グレードは「HYBRID RS 2WD」
※スピーディーブルーメタリックとスーパーブラックパール以外のカラーを選ぶ場合は追加で費用が必要となります。

スイフトは、コンパクトカーであるため、サイズ感はほかの普通車と比較して小さいですが、車内空間は広く作られています。

走行性能

スイフトは機動性が高くブレーキを踏む際は正確に車体が停止し、加速や走行時も安定した走りを実現します。
また、スイフトのハイブリッド車のエンジンは加速や減速時に熱効率よく稼働するため力強い走りができ、燃費性能も高くなっています。

安全機能

スイフトは「SUZUKI Safety Support」というスズキの予防安全技術によって安全機能が充実しているため、衝突事故による大きな被害を未然に防ぐことができます。
車を利用する上では大事な機能であり、家族や友人を乗せても安心かつ安全で快適に走行することができます。

また、スイフトに備わっている主な安全機能は以下の通りです。

  • 前方車両との距離を一定に保ちつつ、自動で加速と減速を行う(アダプティブクルーズコントロール)
  • 車が車線から逸脱しそうな場合は警告が鳴り、安定した走りを支援する
  • 車体のふらつきを検知し、警告することでドライバーの注意を促す
  • 道路標識を検知してメーター内に表示することで、ドライバーが常に交通ルールを認識できる
  • 駐車場におけるバック走行において、左右から来る車両を検知し警告することで衝突事故を防ぐ など

関連記事:スイフトの運転しやすさはどうか?他の車との比較で検証

関連記事:スイフトRSと標準モデルの違いとは?特徴やスペックを紹介

スイフトで採用されているマイルドハイブリッドについて

スイフト マイルドハイブリッドイメージ図
引用元:スズキ株式会社

マイルドハイブリッドとは、電力で動くモーターを活用してエンジンをアシストすることにより、燃費性能を向上させるハイブリッドシステムのこと。
減速時の発電によってバッテリーが充電され、発進から加速にかけてモーターでエンジンの稼働をサポートする仕組みです。エネルギー効率のよい発進と停止を可能にするため、スイフトの燃費性は高くなります。

関連記事:スイフトは燃費が悪いのか?他車と比較して検証します!

関連記事:スイフトとフィットをどう選ぶ?それぞれの違いを総整理

スイフトのカタログ燃費を紹介

スイフトのマイルドハイブリッド車のカタログ燃費は以下の通りです。

グレードHYBRID RSHYBRID MG
トランスミッションCVT
WLTCモード21.0km/L
市街地モード17.0km/L
郊外モード21.5km/L
高速道路モード23.0km/L
駆動方式|2WDの場合
※参考元:スイフト|諸元表
グレードHYBRID RSHYBRID MG
トランスミッションCVT
WLTCモード19.6
市街地モード16.2
郊外モード19.7
高速道路モード(km/L)21.5
駆動方式|4WDの場合
参考元:スイフト|諸元表

なお、ガソリン車(RS・2WD・CVT)の場合はWLTCモードで20.0km/Lです。

マイルドハイブリッド車ではガソリン車と比べてエネルギー効率が高くなるため、燃費性能の高い車を利用したいのであればマイルドハイブリッド車をおすすめします。

関連記事:洗練されたスイフトのインパネをご紹介!収納など内装の特徴とは?

スイフト(ハイブリッド)の実燃費を紹介

燃費性能は走り方や車の状態によって変わるため、カタログ燃費に記載されている数値とは異なります。実燃費を明確にするために、ここでは「e燃費(実際に車を所有している人により、燃費情報が共有されているWebサイト)」の情報とカタログ燃費を比較しました。

スイフト(ハイブリッド)の実燃費は以下の通りです。

駆動方式/グレードカタログ燃費
WLTCモード
実燃費
2WD/HYBRID RS21.0km/L17.53km/L
4WD/HYBRID RS19.6km/L16.81km/L
参考元:e燃費|スイフト(ハイブリッド)

カタログ燃費と実燃費には約3.5 km/Lの差がある結果となりました。
ただし、上記の数値はあくまで個人のものであるため、自身で運転した際の実燃費とは異なる点に注意しましょう。実際は上記の数値より高い場合も、低い場合もあります。

ほかの人気車との比較

ここでは、スイフトとよく比較される日産 ノートとトヨタ ヤリスを対象として燃費性能について比較します。

ノート

日産が製造と販売を行っているノートは、走行性能がよく、外観もスタイリッシュで車内空間も広く使える人気のコンパクトカーです。ここで比較する各車のグレードは以下の通りです。

ノート:S/2WD(e-POWER)2,033,900円(税込み)
スイフト:HYBRID RS/2WD(マイルドハイブリッド)1,890,900円(税込み)

車名ノートスイフト
WLTCモード28.4km/L21.0km/L
市街地28.0km/L17.0km/L
郊外30.7km/L21.5km/L
高速道路27.2km/L23.0km/L
※参考元:ノート|諸元表
※参考元:スイフト | 諸元表

WLTCモードの燃費数値を見ると、ノートの方が燃費性能が優れている結果となりました。
これは、日産のハイブリッドシステムである「e-POWER」がマイルドハイブリッドよりも電気自動車に近い仕組みとなっている点による違いと考えられます。

そのため、販売金額としてもノートの方が高く設定されています。

ヤリス

トヨタが製造と販売を行っているヤリスは、ハイブリッドならではの気持ちのよい加速性能と、ムダをそぎ落としたシンプルなデザインが特徴のコンパクトカーです。ここで比較する各車のグレードは以下の通りです。

ヤリス:HYBRID X/2WD(ハイブリッド)2,013,000円(税込み)
スイフト:HYBRID RS/2WD(マイルドハイブリッド)1,890,900円(税込み)

車名ヤリススイフト
WLTCモード36.0km/L21.0km/L
市街地37.5km/L17.0km/L
郊外40.2km/L21.5km/L
高速道路33.4km/L23.0km/L
※参考元:ヤリス|諸元表
     スイフト | 諸元表

WLTCモードの燃費数値を見ると、ヤリスの方が燃費性能が優れている結果となりました。
こちらもハイブリッドシステムの違いによる部分もあるが、トヨタのハイブリッドの性能の高さが伺えます。また、販売金額についてはヤリスの方が高く設定されています。

関連記事:ヤリスの実燃費は?低燃費でもパワフルな理由を解説!

関連記事:ノートの燃費は第2世代「e-POWER」で効率的に!運転・走行性能を徹底解説!

まとめ

スズキ株式会社

この記事ではスイフトのハイブリッド車について燃費性能などの特徴を紹介してきました。

スイフトのハイブリッド車は、マイルドハイブリッドシステムによって燃費性能が向上しています。ライバル車である日産 ノートやトヨタ ヤリスと比較すると数値としては低いものの、手に入れやすい価格帯や十分な走行性能と安全機能の面においては魅力があります。

スイフトのハイブリッド車の購入を考える際には、この記事を参考にご検討ください。

関連記事:ガソリン代がお得になるおすすめクレジットカード7選!選び方も解説!

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。