コスパのいい車はどう選ぶべき?おすすめの車も紹介!

車を購入する際は、室内空間の広さ・安全性能・走行性能など、さまざまな選び方がありますが費用面から選ぶ人もいるのではないでしょうか。
車は大きい買い物のため、コスパのいい車を選ぶことで出費を大きく抑えることができます。

この記事では、コスパのいい車の条件や選び方とコスパのいいおすすめの車を紹介していきます。

関連記事:新車と中古車、コスパがよいのは?それぞれの特徴を徹底比較!

関連記事:中古車の値引き相場はどれくらい?交渉のポイントなどを解説

コスパのいい車の条件とは

コスパのいい車を探している人は「車両本体価格と品質のバランス」「購入後にかかる維持費用」の2点に着目しましょう。

コスパのよさの定義は人それぞれですが、これら2点に注目すればお得に車を購入できるでしょう。

車両本体価格と品質のバランス

車の品質には走行性能や安全性能などさまざまな点が挙げられますが、「コスパのいい車」という観点であれば、車の燃費性能に注目しましょう。

燃費とは、ガソリン1Lで車が何km走行できるのかを示した値です。

車を利用するうえでは、燃料となるエンジンは欠かせません。
燃費の悪い車の場合、少ない走行距離でもすぐにエンジン不足となり給油が必要です。

給油の頻度が高くなることで、月々の燃料代も高くなってしまいます。
コスパのいい車を探すのであれば、まずは燃費性能に着目しましょう。

しかし、燃費の高い車は品質も高く人気の高い車種が多い傾向にあるため、新車で購入しようとすると、どうしても車両本体価格が高くなる傾向にあります。

コスパのいい車を選ぶには、燃費性能という品質面に着目したうえで、車両本体価格が押さえられた車種を選ぶ必要があるでしょう。

購入後、どれだけ維持費用を抑えられるか

自動車にかかるお金は、購入時に支払う車両本体価格だけではありません。

コスパのいい車を探すのであれば、車を利用するために毎月・毎年支払う維持費用も考える必要があるでしょう。

具体的には、車の維持費用として以下のようなものが挙げられます。

  • ガソリン車ならばガソリン代、電気自動車ならば電気代といった燃料代
  • 自動車税や自動車重量税などの税金
  • 車検や定期点検といったメンテナンス費用
  • 加入が義務付けられる自賠責保険や、各種保険会社が提供している自動車保険
  • 駐車場料金や高速道路料金 など

特に、燃料代や支払う税金額は車の種類によって決まります。
税金の区分は自動車の排気量によって定められているため、欠かさずに確認しておきましょう。

一方で、メンテナンス費用や保険費用、駐車場料金などは利用者によって異なります。
購入時点で、なるべく事前に把握するようにしましょう。

コスパのいい車の選び方

ここでは、「新車」と「中古車」に分けて、それぞれコスパのいい車の選び方を紹介していきます。

新車の場合

新車でコスパのいい車を探すメリットとして、品質のよさが挙げられます。

中古車の場合は、経年劣化が発生し、燃費性能が落ちている可能性があります。
一方で新車は経年劣化していないため、品質の高さが担保されており、長い間維持費を抑えられるでしょう。

国土交通省では、各自動車製造者が目指すべき燃費基準を定めています。

例えば、車両重量が約1,000kgならば燃費基準値は23.4km/L、約1,500kgならば燃費基準値は17.6km/Lです。
新車を購入する際は、これらの燃費基準値に近い燃費性能を有している車を選ぶとよいでしょう。

また、軽自動車やハイブリッド車、電気自動車などは排気量が少ないとされており、税金面でも安く抑えられる傾向にあります。

それぞれの特徴を踏まえたうえで、自分に合った車種を選びましょう。

中古車の場合

中古車からコスパのいい車を探すメリットとして、車両本体価格を安く抑えられるという点が挙げられます。

しかし、中古車であるため経年劣化は避けられません。
エンジン性能や燃費性能がカタログスペックから落ちている可能性もあるでしょう。
また、見た目ではわからない場合でも内部で劣化が進んでおり、思わぬ修理費用が発生する恐れもあります。

中古車は、車両本体価格などの初期費用は抑えられる一方で、将来的な維持費用が高くなる可能性があることは考慮しておきましょう。

中古車の中からコスパのいい車を探す場合、なるべく走行距離が短い車や、販売されてから年数が浅い車を選ぶとよいでしょう。

こうした中古車は、前の所有者の使用期間が短く、経年劣化がほとんど発生していない傾向にあるため、品質の高い車を低価格で購入できます。

また、中古車の中には「未使用車」などもあります。
中古車の中では車両本体価格が高くなりますが、品質にもこだわりたい人にはおすすめです。

タイプ別おすすめの車を紹介

ここでは、軽自動車、エンジン車、ハイブリッド車の3タイプごとにコスパのいいおすすめの車を紹介します。

軽自動車:DAIHATSU ミライース

ミライースはDAIHATSUが製造・販売している軽自動車です。
おすすめポイントの一つとして、安価な車両本体価格が挙げられます。
ミライースは新車でも100万円前後で販売されており、モデル・グレードによっては100万円を下回る価格で購入することも可能です。

また、ミライースは燃費性能にも優れており、WLTCモードで23.2~25.0km/Lの基準値となっています。
一般的な軽自動車の燃費性能が約15km/Lであることを踏まえると、ミライースが高い燃費性能を有していることがわかります。

関連記事:ミライースをグレード別に違いを徹底解説!

エンジン車:スズキ スイフトスポーツ

スイフトスポーツはスズキが製造・販売しているコンパクトカーです。
スズキが展開しているスポーツモデルであり、軽快な走りによる爽快感が人気です。

スイフトスポーツがコスパのよさという観点からおすすめの理由として、安価な車両本体価格が挙げられます。
スポーツモデルの車は快適な走行を実現するために本格仕様のエンジンを搭載している場合も多く、車両本体価格が300万円を超えてしまうこともあります。

しかし、スイフトスポーツは安価な車両本体価格を実現しており、約200万円程度で販売されています。
モデルによっては200万円以下で購入することもできるため、コスパのいい車といえるでしょう。

燃費性能に関してもWLTCモードで16.6~17.6km/Lとなっており、低排出ガス車として認められています。

関連記事:スイフトスポーツはどのような車なのか?走行性能など特徴を解説

ハイブリッド車:トヨタ ヤリス

ヤリスはトヨタが製造・販売している自動車です。
エントリーモデルであるガソリン車モデルから、今回紹介するハイブリッド車モデルなど、複数のモデルが展開されているのが特徴です。

ハイブリッド車とは、ガソリンを燃料にするエンジンの他にエンジンをサポートするモーターが搭載された車を指します。
このモーターがエンジンを補助しており、エンジンの負荷が大きい発進時や加速時のガソリン消費量を抑えます。
そのため、ハイブリッド車はエンジンだけで駆動する普通車に比べて燃費がいいのが特徴です。

ハイブリッド車の中でもヤリスは燃費性能が優れており、WLTCモードで35.4~36.0km/L(2WDの場合)となっています。

これは、全車種の中でも抜群の燃費性能となっており、国土交通省が公表している燃費の良い乗用車ランキング(令和2年末時点)において、第1位となっています。

関連記事:ヤリスの実燃費は?低燃費でもパワフルな理由を解説

コスパのいい車を選ぶ際の注意点

最後にコスパのいい車を選ぶうえでの注意点を紹介します。今回紹介した車以外の中から、コスパのいい車を探そうと考えている人はぜひ参考にしてください。

車両本体価格以外にも着目する

コスパのいい車を探す際は、車両本体価格だけに注目しないようにしましょう。
車を購入しようとすると、最初の初期費用ばかりに着目しがちです。

しかし、車において「コスパがいい」とは、購入時だけでなく、購入後の維持費用に関しても考慮する必要があるでしょう。

前述したように、燃料代やメンテナンス代、税金、保険代など、各種維持費用までも含めて価格を考えるのがおすすめです。

特に安価な中古車は車両本体価格が安くとも維持費が高くなる恐れがあるため、購入時には注意が必要です。

市場価格にも注目する

新車を購入する際は、中古市場の価格にも着目するとコスパのいい買い物ができるでしょう。

人気の車種かつ人気のカラーになると、数年使用した後でも比較的高値で売却することが可能です。

この売却益を利用して別の新しい車に乗り換えるのもおすすめです。

常に品質の高い車種を楽しみながら、車に関する支出を抑えることができます。
数年で乗り換える予定があるのであれば、購入時の段階で売却時のことを考えてもよいでしょう。

まとめ

車に対してコスパのよさを求めるのであれば、車両本体価格だけでなく、燃料代や税金面など、各種維持費も考慮しましょう。

特に、維持費の中でも燃料代を抑えるためには、車の燃費性能を確認することが大切です。

また、車両本体価格や燃費性能だけでなく、市場価格にも注目すると、買い替え時の負担を抑えることができます。この記事で紹介した点を踏まえ、コスパのいい車を探してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。