中古車のローンは何年がよい?毎月の負担を減らすコツを紹介

車の購入は、人生の中でも比較的大きなお金が動くイベントです。

新車購入時だけでなく、中古車を購入する際にもマイカーローンを利用することができますが、申し込みにあたっての懸念点の一つとして返済期間の決め方があります。

この記事では、マイカーローンを利用するにあたって返済期間が最長で何年まで設定できるのか、ローン利用時には何年で設定すればよいのかなどマイカーローンに関する情報を紹介していきます。

関連記事:中古車のローン審査とは?ローンの種類や通るポイントを解説

関連記事:車種ごとのおすすすめ中古車を6台紹介!選び方や中古車を買う際の注意点も解説

中古車ローンは最長で何年まで設定できる?

結論、借入する金融機関やディーラーで最長年数は変動します。

最短で半年(6ヶ月)、最長で10年と定める会社が多いといわれています。
利用するローンの種類や各機関によって変動しますが、銀行系ローンの場合は7~10年が多く(銀行によっては15年もあります)、ディーラーローンの場合は6~8年が最長期間として設定されています。

なお、一般的に返済期間として設定される年数は5年前後が多いです。

その理由としては、マイカーの保有年数が平均して5年前後と言われていること、2度目の車検が近い時期であり自動車の価値がそれほど落ちていない時期であることなどが挙げられます。

関連記事:人気の中古車の相場をご紹介!中古車の選び方や注意点についても解説

関連記事:車の買い替え時期はいつがよい?必要書類や買い替えの注意点なども解説

年数を決めるポイントとは?

マイカーローンを利用する際には、借入金額と併せて返済期間の年数を決めます。
返済の年数によって毎月返済する金額も変わるため、何年で返すかを決める上ではポイントを押さえて設定することが大切です。

ここでは、返済期間の年数を決めるポイントを紹介していきます。

関連記事:ボッタクリ注意!新卒で車を購入する前に知っておくべきポイントを解説!予算や維持費、節約方法も

保有期間で決める

中古車を購入する人は「この車が動かなくなるまでメンテナンスして乗り続ける」という考えよりも、「とりあえずはこの車に乗り、また時期が来たらその時に別の車に乗り換えることを検討する」という考えを持っている方が多いそうです。

そのため、返済期間を決める際にも「何年くらいこの車に乗るか」という保有期間を考慮して設定することが一つのポイントとなります。
この際に気を付けておきたい点が、保有期間内に借入金額を返済することです。

保有している車を手放した後に残債が残ってしまう場合、乗り換えで新しい車を購入すると返済が二重になり負担が重くなるケースがあります。

また、場合によっては残債が無くなるまで新しくローンを利用できないこともあります。
保有期間を基に返済期間を設定する際は、手放すタイミングをしっかりと見極めましょう。

関連記事:ハイブリッド車は何年乗れる?ガソリン車との違いやバッテリーの寿命を解説

ライフイベントで決める

人生の中において、結婚や出産、マイホームの購入など、大きなまとまったお金が必要となるライフイベントがあります。

中古車の購入時点でご自身のライフプランに関してある程度の計画が立てられている場合には、お金の流れを意識しながら返済期間の年数を決められます。

そうでない場合では、返済と他の出費が重なり負担が重くならないよう、見通しを立てておくことを意識して返済期間を考えてみましょう。

関連記事:4人家族でおすすめの車のタイプは?便利な装備や選び方も解説

関連記事:3人家族でおすすめの車のタイプは?便利な装備や選び方も解説

中古車のローン年数を決めるにあたっての注意点

中古車の購入にあたってマイカーローンの返済期間を決める際にはどんなことに注意しておく必要があるのでしょうか。

ここでは、マイカーローンの契約後にトラブルなどで困らないために申し込み時点で注意しておきたい点について説明します。

関連記事:中古車を買う際にかかる車検の費用はどのくらいか?

契約後にローンの年数は変更できない

一度契約を締結すると、繰り上げ返済などで期間内に返済を早める場合を除いて、基本的に返済期間を変更することはできません。

そのため、何らかの事情で月々の支払いが厳しくなったからといって、返済期間を延ばすことはできないと理解しておきましょう。

ただし、例外として一度現在のローンを解約して、新しいローンを組み直すことで返済期間を変更する方法もあります。

この方法を一般的には借り換えと言います。
借り換えにあたっては再度審査を受ける必要があり、事務手数料も余計にかかりますが、月々の支払いが滞るのを防ぐことができます。

関連記事:新車を「頭金なしフルローン」で購入するメリット・デメリットとは?

返済期間中に車を売却する際は残債を一括返済する必要がある

中古車を購入したが、何らかの理由で使用しなくなる場合や買い替えを検討する場合もあります。

この時に注意しておきたい点として、マイカーローンを利用しており残債が残っている場合には、売却時に残債を一括で返済する約束となっていることです。

売却額または手元資金で残債を支払える場合は大きな問題ありませんが、残債を支払う能力がない場合は、別途まとまった資金を準備する必要が出てきてしまいます。

マイカーローンの返済中に車を売却する際は、残債の金額に注意してタイミングを図りましょう。

関連記事:300万円の車、月々のローン返済額は?おすすめの年数やローンの選び方

毎月の負担を減らすコツとは?

コストのグラフイメージ

マイカーローンを利用すると一度に大きな金額の負担を避けることができ、毎月ほぼ一定額の支払いによって車を購入することができます。

毎月分割してはいるものの、その負担も極力抑えておきたいものです。

毎月の負担が気になる人は、以下の方法を参考に毎月の負担を減らす方法を検討してみましょう。

毎月の負担を減らす方法の一つとして、借り換えを行うことが挙げられます。
事務手数料はかかりますし、あらためて審査が必要となりますが、毎月の返済額を減らせる可能性があります。

また、王道ではありますが、今現在の収支をきちんと確認し、返済に充てられる部分がないかを洗い出してみる方法があります。

知らないうちに無駄な出費をしていることもありますので、一度整理を行い、返済の負担を軽減させるための費用を探してみましょう。

関連記事:車の維持費を抑えるコツとは?「維持費って馬鹿らしい!」と感じる方へ

最長期間でローンを組むメリットとデメリットについて

マイカーローンは契約者の都合に併せて返済期間を設定できますが、基本的な姿勢として借入期間はなるべく短く、借入金額はなるべく小さくすることが望まれます。

一方で、返済期間を長く設定できるローンも出てきています。

ここでは、マイカーローンの返済期間を最長に設定するメリットとデメリットについて紹介していきます。

最長期間でローンを組むメリットとは?

マイカーローンを最長期間で組む一番のメリットは「毎月の支払い金額を抑えられる」という点です。
毎月の負担を減らすことで資金面での余裕を作ることができ、健全な財務状況で車を保有することができます。

資金面に余裕が出ることで、車のメンテナンスや保険などへ費用を回すことができるため、

より安全に車を保有することができるようになります。

関連記事:車のメンテナンス方法とは?長く使うための基本項目

最長期間でローンを組むデメリットとは?

一方で、最長期間で設定することのデメリットはどんなことがあるでしょうか。

マイカーローンで毎月支払う費用の内訳は車両本体の代金と利子であるため、返済期間が長く支払い回数が多くなるほど、利子分の金額をより多く支払うことになります。

そのため、返済期間を最長で設定した場合、支払総額についても最大となります。

また、返済期間を長く設定すると車を手放すタイミングでも、ローンを返済し続けている可能性が高くなります。
車を所有していない期間でも、ローン返済だけ残るケースが出てくる点も認識しておきましょう。

関連記事:えっ!車が浸水!?どうすれば!?処理や保険について解説!

まとめ

中古車の購入の際に利用するマイカーローンは、最短で6か月、最長で10年の返済期間を設ける金融機関が多いです。(金融機関によっては、15年と定める会社もあります)

そして、返済期間を何年に設定するかは選択できます。
返済期間を長くするほど支払総額も大きくなるため、車の保有期間やライフイベント、毎月の返済額の負担感を考慮しながら慎重に設定しましょう。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。