カーリースの審査が甘い会社の審査ポイントとは?

カーリースを利用するためには、まず審査に通る必要があります。

しかし、年収の低さや過去に自己破産したなどブラックリストに載ってしまっている場合、審査に通りづらくなる可能性があります。

カーリースの会社の中には比較的審査が甘い会社もあるため、そういった情報を持って会社を選択することで、ご自身がカーリースを利用できる可能性を高めることができます。

そこで、この記事ではカーリースを利用したいけれど審査に通るかどうかが不安な人に向けて、カーリースの審査が甘い会社の特徴や審査のポイントについて解説します。

関連記事:カーリースはデメリットだらけ? 向いている人・向いていない人を解説

カーリースの審査が甘いといわれる理由は?

カーリースは月額料金を支払って、車を一定期間借りる便利なサービスです。
継続的に費用を支払い続けるという意味では、マイカーローンもカーリースも共通点があります。

しかし、カーリースの場合はお金を借りるわけでないため、マイカーローンと比較しても審査が甘くなる傾向にあります。

ここでは、カーリースの審査がなぜ甘くなるのか、その理由について解説します。

関連記事:カーリースとは?審査内容やメリットデメリットも徹底解説

総量規制の対象外のため

総量規制とは「契約者の年収の3分の1を超える額を貸してはいけない」という上限規制の法律です。

総量規制は契約者の多重債務を防ぐもので、例えば年収300万円の場合は100万円まで利用できます。
すでに別のローンで50万円を借り入れていた場合、残り50万円しか借り入れできません。

カーリースは総量規制の対象外で限度額を気にする必要がないため、比較的審査も通りやすいのです。

自社リースの独自審査の場合があるため

カーリースには自社で車の貸し出しを行なっているところと、他社に任せているパターンとがあります。
前者の場合、自社がリース車の所有権を持ち、審査の基準も独自で決めているパターンもみられます。無料で審査ができるところもあるため、確認してみるのも良いでしょう。

リース車そのものが担保のため

カーリースではリース車が担保になるため、審査が甘くなる傾向にあります。

仮に契約者が支払えない状態に陥った場合、カーリース会社は車の回収が可能です。
そのため、担保なしで申し込める別のローンやキャッシングローンと比較して、審査が甘くなります。

また、担保となるリース車は、定期的にメンテナンスされているケースが多いです。
その結果、品質は一定水準を超えた状態で保たれているため、担保としても十分に価値があると判断されます。

関連記事:「カーリースはやめとけ」は本当?そう言われる理由と利用メリットを解説

カーリースの審査ではどこを見られる?

疑問イメージ

カーリースの審査において、契約者が本当に返済してくれるかどうかの信用性を確認するためのポイントが5つあります。

1.契約者の年収

カーリースを利用した場合、継続的に月額料金を支払わなければなりません。
支払能力に関わってくるポイントとして、契約者の年収が挙げられるでしょう。

審査通過の指標として年収200万円以上といわれていますが、年収が200万円以下の主婦やフリーターでも連帯保証人を付けることで審査を通過することが可能です。

また、財産を所有しているかどうかによっても審査に影響があります。
仮に年収200万円以下であっても、財産をしっかりと蓄えている状態であれば審査を通過する可能性は高いです。

関連記事:自分にあった車の選び方とは?年収別の選び方、人気車種などを解説

2.契約者の仕事(雇用形態・収入の安定性)

契約者が正社員なのかフリーターなのか、雇用形態も審査の指標となります。
安定して給料が入る正社員であれば、比較的審査に通りやすいでしょう。

一方、フリーターや個人事業主の場合は収入が不安定なケースが多く、マイナス要素が高まります。
しかし、フリーターでも同じ職場で勤続年数が長ければ、信用度が高まり審査に有利に働くでしょう。

3.契約者の資産

契約者の資産も審査においてプラス要素です。
資産とは担保にできるものが対象となり、例えば土地に持ち家、車が挙げられます。

特に持ち家がある場合は、資産として評価され審査が通りやすくなるでしょう。

資産がないからといって、評価が下がるわけではありません。
あくまでプラス要因の1つとして把握しておきましょう。

4.契約者の現在の債務状況

消費者金融や銀行などから借り入れを行っている場合、多重債務者と判断され審査に通りづらいです。

そのほか、クレジットカードのキャッシング履歴、リボ払い、携帯電話料金の支払いなども審査の対象に含まれます。
複数の借り入れがあればあるほど、審査に通る可能性が低くなるでしょう。

多重債務の状態であれば、一刻も早く返済を済ませることが大切です。

5.債務履歴

現在の債務状況に加え、過去の債務履歴も確認されます。

例えば過去にも複数の債務を抱えていた経験があったりすると、不利な立場となりやすいです。

さらに自己破産や債務整理などの経験がある場合、個人情報がブラックリストに掲載されています。
このような金融事故があると、審査に通過する可能性がさらに低くなるでしょう。

ブラックリストには5〜10年ほど個人情報が掲載されるため、ある程度年月が経つまで待つ方が賢明でしょう。

関連記事:ブラックリスト掲載者でもカーリースは利用可能?カーリースの審査を通過するコツを紹介!

カーリースの審査に通りやすくするポイント

車について考えるイメージ

続いては、カーリースの審査を通りやすくするポイントについて解説します。

年収に見合った車を選ぶ

借りる車を選ぶ際に、費用面に関しても重視しておきましょう。
具体的にいうと、自身の年収から「この金額なら、生活に支障が出ない範囲で支払いが可能だ」と判断できる費用感で探すのがよいです。

審査では必ずといっていいほど契約者の年収の確認があります。そのため年収を含めて考えた時に支払いが滞りそうだと判断されてしまうと、審査に落とされてしまうでしょう。

直接審査に関係するところではないかもしれませんが「私生活に支障が出ない範囲で」というところもしっかり把握しておくとよいでしょう。
「自分の生活を削れば支払える」と自身で考えていても、実際その計算通りになるとは限りません。なんらかの事情で出費が嵩み、車の支払いができなくなる…という可能性があることも否定はできないでしょう。

過去の債務状況や未払いの有無を確認する

過去の債務状況は契約者の信用度につながります。
自己破産や借り入れの返済が滞りがちな場合、審査に悪影響を及ぼすでしょう。

普段からリボ払いやローンを活用している場合は、きちんと返済しておくことで信用度の低下を防げます。

関連記事:カーリースは自己破産しても契約できる?注意点や利用方法を解説

できる限り借入額を減らす

カーリースの審査は、契約者が必ず返済できるかがポイントです。
そのため、借入額が少ないほど返済できる可能性が高まります。

例えば頭金の割合を増やしたり、少しでも安いプランに切り替えたりするのが効果的です。
できる限り借入額を減らして審査に申し込みましょう。

審査が甘い会社の特徴

天使、救い、恵み

審査不要のカーリースはありませんが、比較的審査が甘い会社は存在します。

ここでは、そういった会社の特徴を紹介します。

契約期間が長い

カーリースは、リース会社によって契約期間が違います。
審査が甘い会社の特徴として、契約期間が長めに設定されていることが多いです。

例えばカーリースの期間を5年しか扱っていないところもあれば、10年という長い期間を扱っている会社もあります。

契約期間が長ければ、毎月の支払いを少なくすることが可能です。
つまり、月々の支払いを抑えられれば、返済能力が低めの人でも審査に有利に働くでしょう。

関連記事:カーリースの3年契約はお得?契約期間別に特徴を解説

複数の信販会社で審査を受けられる

カーリースの審査では、信販会社が審査を行うパターンと自社で審査を行うパターンがあります。
また、審査を複数の信販会社で受けられるケースなどさまざまです。

複数の信販会社で審査を受けられる場合、会社によって審査基準が異なるため、審査に通る可能性も高まります。

職業欄に「無職」の選択肢がある

カーリース審査を申し込む際に職業を記載しますが、その欄に「無職」の選択肢があるケースもあります。

無職の選択肢が設けられている場合、そのほかの条件次第ではありますが、仕事をしていない人でも審査に通る可能性があるということです。

審査の甘い会社の注意点

カーリースの審査が甘い会社で審査を受ける場合、運営会社が信用できる会社かどうか確認することが大切です。

例えばホームページや口コミから、会社の信用度を調査するとよいでしょう。
口コミの評価が悪い場合、リスクが高いと判断できます。

特に初めてカーリースを利用する人は、事前に運営会社に関する情報をリサーチするようにしましょう。

まとめ

この記事では、カーリースの審査が甘い会社の特徴や審査のポイントについて解説しました。

カーリースは必ず審査を受けなければいけないため、もし審査に通る自信がない場合は、比較的審査が甘い会社を探す必要があります。

例えば契約期間の長さや審査する信販会社の数、申し込みの職業欄に無職が選択できるかどうかなど確認してみてください。

初めてカーリースを検討される人は、どのような会社があるのか情報収集から始めてみるのもおすすめです。

これからカーリースを検討している人は、ここで紹介した内容を参考に自分に合うカーリースを見つけてみてください。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。