スイフトとソリオはどちらを選べばよい?それぞれの特徴を比較

「スイフトとソリオはどちらを選んだらいい?」
「自分に向いている車はどっち?」

コンパクトカーの購入を検討される際、このような疑問を感じている人もいるかと予想されます。

大きな買い物となるため慎重に判断して、購入後に後悔しないようにするため、情報を集めることは大切です。

この記事では、スズキのコンパクトカーであるスイフトとソリオについて、それぞれの特徴やスペックなどを比較し、それぞれの車についておすすめできる人を紹介します。

関連記事:スイフトの燃費をグレードごとに解説!他車との燃費も比較

関連記事:ソリオの魅力を徹底解説 !燃費やグレードなどスペックをご紹介

スイフトの概要と特徴

ここでは、スイフトの概要と特徴について紹介していきます。

スズキ|スイフト

スイフトのスペックは次の通りです。

メーカースズキ
車名スイフト
ボディタイプハッチバック
ドア数5
室内寸法
(長さ)
3,855mm
室内寸法
(幅)
1,695mm
室内寸法
(高さ)
1,500mm
車両重量870kg~930kg
総排気量1,242cc
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク37L
駆動方式2WD、フルタイム4WD
トランスミッションCVT、5MT
カラー(全8種)・フレイムオレンジパールメタリック ブラック2トーンルーフ
・バーニングレッドパールメタリック ブラック2トーンルーフ
・スピーディーブルーメタリック ブラック2トーンルーフ
・バーニングレッドパールメタリック
・スピーディーブルーメタリック
・ピュアホワイトパール
・スーパーブラックパール
・プレミアムシルバーメタリック
参考元:公式サイト(スイフト 価格・グレード)

運転操作がしやすい

爽快な走りが魅力的なスイフトの特徴として、運転操作性の高さが挙げられます。

全長3.8mとコンパクトで小回りが利くため、運転に不慣れな人でも安心して乗ることができます。

スポーティーな内装

車選びをする際、内装にもこだわりたいと考えている人も多いことでしょう。


スイフトは手頃な価格帯でありながら、チープさを感じさせないスポーティーな内装であるため、運転する際の気分も高まります。

安全技術が標準装備

スイフトには誤発進抑制機能やデュアルカメラブレーキサポートをはじめとする、スズキの安全技術「スズキセーフティサポート」が標準装備されています。

手厚い運転サポートがついているため、運転が苦手な人でも安心して運転に臨めます。

また、安全技術搭載車は自動車保険料の割り引きも適用されるため、費用面で見ても嬉しいポイントです。

関連記事:スイフトの運転しやすさはどうか?他の車との比較で検証

ソリオの概要と特徴

操縦性の高さやスポーティーな内装が魅力的なスイフトに対し、ソリオにはどのような特徴があるのでしょうか。

ここでは、ソリオの概要と特徴を紹介していきます。

スズキ|ソリオ

ソリオのスペックは次の通りです。

メーカースズキ
車名ソリオ
ボディタイプワゴン
ドア数5
室内寸法
(長さ)
3,790mm
室内寸法
(幅)
1,645mm
室内寸法
(高さ)
1,745mm
車両重量960kg~1,010kg
総排気量1,242cc
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク30L~32L
駆動方式2WD、フルタイム4WD
トランスミッションCVT
カラー(全8種)・メロウディープレッドパール
・フレイムオレンジパールメタリック
・スピーディーブルーメタリック
・ネオンブルーメタリック
・クラッシーブラウンメタリック
・スターシルバーメタリック
・ピュアホワイトパール
・スーパーブラックパール
参考元:公式サイト(ソリオ 価格・グレード)

車内空間が広い

くつろげるリビングルームをイメージして作られたソリオは、広い車内空間が特徴です。

トールワゴンタイプで高さもあるため、背の高い男性でも広々と運転できます。

また、後部座席も広さが確保されているため、足元も窮屈に感じないのも魅力です。

スライドドアが便利

ソリオの後部ドアはスライドドアであるため、後部座席への乗り降りがしやすい特徴があります。

通常のヒンジドアで、狭い思いをしながら体をくねらせ乗り降りした記憶がある人も多いことでしょう。

また、スライドドアは隣の車や壁を気にせずに開閉できるため、狭い駐車場でもぶつける心配がないのもメリットです。

シートアレンジがしやすく車中泊も快適

車選びの際、操縦性や内装だけでなく居住性の高さを基準にする人も多いです。


ソリオは、車内空間が広いだけではなく、シートアレンジがしやすく、車内泊や長距離運転時の小休止でもゆったり休めます。


車体に高さがあり、シートを倒せば大きな荷物も問題なく積み込めるため、車での買い物が多い人もメリットに感じられることでしょう。

関連記事:ソリオのグレードを詳しく解説!選び方も併せてご紹介

スイフトとソリオの違いとは?

スイフトとソリオの大きな違いは、操縦性と居住性の高さにあります。

スイフトは路面をしっかりトレースした欧州車のような操縦性を誇りますが、車内空間はソリオよりも狭く感じます。

外観もスポーツカーに近いフォルムをしていることからシャープな印象が魅力となります。

一方のソリオは、居住性が高く後部座席でも広々と乗車することができますが車体に高さがある分、横風の影響を受けやすくなります。

スライドドアが装備されている点も大きな魅力となります。

このような特徴の違いは、車選びの基準にもなるため、自身のライフスタイルによりフィットする方を選ぶようにするとよいでしょう。

スイフトはこんな人におすすめ

スイフトは欧州車に多く見られる路面をしっかりとトレースした操縦性の高さやスポーティーさが特徴の車です。

高額になりがちな欧州車と比較して、国産車でリーズナブルな価格帯なため、費用を抑えつつ上質な運転を楽しみたい人は魅力を感じられるでしょう。

また、他の車種ではオプションで付く安全技術を標準装備していることもポイントです

このように、スイフトは高品質でありながら費用を抑えられるため、コストパフォーマンスを重視したい人におすすめできます。

関連記事:スイフトの車内空間は狭い?乗り心地や広く使うコツについて紹介します!

ソリオはこんな人におすすめ

ソリオは、リビングルームのようなくつろぎ空間をイメージして作られた車で、居住性の高い広々とした車内が特徴です。

後部座席や荷室も広く、3~5人で乗る機会が多いファミリー向けの車を探している人におすすめできます。

また、シートアレンジの自由度も高くフラットな空間も作れるため、長距離運転の際の昇給しや車内泊をすることが多い人にもおすすめできるといえるでしょう。

関連記事:ソリオは車中泊にもおすすめの車!ソリオの概要や車中泊する際の注意点などを解説

まとめ

スイフトとソリオは、どちらもスズキの5ナンバーサイズの車です。
それぞれの良さがあり、購入を検討する際には悩んでしまう人も少なくありません。

大きな違いとしては操縦性と居住性の高さにあります。

スイフトは欧州車のような路面をトレースするような安定した走りが魅力です。

一方のソリオは車内空間が広く、後部座席も余裕をもって座ることができます。

また荷室も広く、シートアレンジがしやすいことからファミリーでも使いやすいといえるでしょう。

どちらの車を選ぶか悩んだ際には、ぜひこの記事で紹介した特徴を参考にしていただき、自身のライフスタイルに合わせて選んでみてください。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。