ホンダ ヴェゼルの全11色のボディカラーの特徴とメンテナンスのコツを紹介

「ヴェゼル」は、高級感がある見た目だけでなく機能面も優れているホンダの人気車種です。
上質な見た目に惹かれて、購入を検討している方もいらっしゃるかもしれません。

ヴェゼルのボディカラーは全部で11色用意されており、自分の好みに合わせて選択することが可能です。

本記事では、ヴェゼルの概要やボディカラー別の特徴、選び方のポイント、メンテナンスのコツを解説します。

関連記事:SUV人気ランキング!各車種おすすめポイントも解説

ヴェゼルの概要

ヴェゼルはホンダが販売するコンパクトSUVで、2021年に7年ぶりにモデルチェンジし2代目が発売されました。

コンパクトながら質の高い内外装、快適な居住性やシートアレンジの多彩さで人気を集めています。
販売台数は発売1カ月後の集計で、計画販売台数の5,000台を超える3万2000台の受注を得るほどの人気です。

サイズ

ヴェゼルのボディサイズは全長4,330mmx全幅1,790mmx全高1,580mmとコンパクトなため、操作性に優れています。道幅の狭い住宅街でも運転がしやすいのが特徴です。

緩やかな弧を描くルーフラインはクーペのようで美しく、ヘッドランプとテールランプが横方向に伸びるデザインも人気となっています。

関連記事:ヴェゼルのサイズはどのくらい?魅力やどういった人におすすめなのかなどをご紹介

燃費

エンジンはハイブリッド車とガソリン車が用意され、両車ともにFFと4WDが選択可能です。
燃費はハイブリッド車2WDのXグレードで25㎞/L (WLTCモード) 、ガソリン車2WDのGグレードで17.0㎞/L (WLTCモード) となっています。

関連記事:ヴェゼルの燃費は?他車との比較を紹介!ソニー・ホンダモビリティはどう動く?

ヴェゼルのカラーバリエーション

ここでは、ヴェゼルのカラーバリエーションについて紹介します。
モノトーンカラー6種類、ツートンカラー5種類の合計11色が用意されています。

プレミアムサンライトホワイト・パール

プレミアムクリスタルレッド・メタリック

プラチナホワイト・パール

メテオロイドグレー・メタリック

サンドカーキ・パール

クリスタルブラック・パール

プレミアムサンライトホワイト・パール&ブラック

サンドカーキ・パール&ブラック

クリスタルブラック・パール&シルバー

メテオロイドグレー・メタリック&ブラック

ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー

ヴェゼルは車体カラーによって、以下の価格がプラスされます。
プラチナホワイト・パール、メテオロイドグレー・メタリック、サンドカーキ・パール、ミッドナイトブルービーム・メタリック:38,500円
プレミアムサンライトホワイト・パール、プレミアムクリスタルレッド・メタリック:55,000円
メテオロイドグレー・メタリック&ブラック、ミッドナイトブルービーム・メタリック&シ
ルバー、サンドカーキ・パール&ブラック:27,500円
プレミアムサンライトホワイト・パール&ブラック:49,500円

中でも人気の高いカラーがプレミアムサンライトホワイト・パールです。
通常のホワイトパールにグレーの色味を追加することで、上質なカラーに仕上がっています。他車ともかぶらないため人気のカラーです。

また、ヴェゼルには通常のホワイトパールのプラチナホワイト・パールもラインナップされています。
光の加減で輝きが異なるため、通常のホワイト系より上質な印象を与えます。

プレミアムクリスタルレッド・メタリックはヴェゼルの中でも唯一の暖色系のカラーで深みのある赤色にメタリックの輝きが加わっています。

重厚感のある雰囲気を楽しみたいならメテオロイドグレー・メタリックがおすすめです。
鉄の塊感の強い濃いグレーのメタリックがヴェゼルの精悍なイメージをより深めるでしょう。

さらに重厚なイメージと高級感を感じたいならクリスタルブラック・パールがあります。
ブラックの塗装が落ち着いた印象を与えてくれます。

また市街地走行やアウトドアでも違和感なく溶け込むのが、サンドカーキ・パールです。
希少カラーで汚れが目立ちにくいため、狙い目といえるでしょう。

また、e:HEV PLaYグレードではモノトーンのラインナップはなく、すべて2トーンカラーになっています。
メインボディカラーの選択で、ルーフがブラックとシルバーの2種類に分けられています。

関連記事:【冬服コーデ】2022年はパーソナルカラーで車込みコーデが主流に!?

車体のカラーをきれいに保つメンテナンスのコツとは?

屋根のある場所での保管や車にカバーをかける

車体色をきれいに保つには、保管場所も重要なポイントとなります。

屋根付きの駐車場で車を保管するのが最善ではありますが、屋根の無い場所での保管となるケースもあります。
炎天下の紫外線や強風、雪などにさらされると劣化も早く進むため、車にカバーをかけることをおすすめします。

コーティングをする

つやがある新車のボディを長くきれいに保つための有効な方法が「コーティング」です。
ディーラーや自動車販売店では、新車の納車時にコーティングの有無について尋ねられることがあります。

コーティングは車の塗装面に皮膜を形成します。この皮膜が汚れやシミを弾くため、つやのあるボディを長く保つことができます。
費用はかかりますが、コーティング後の半年から1年の間は水洗いだけでつやが戻り、雨水も弾くため、汚れが付きにくくなります。

関連記事:車のメンテナンス方法とは?長く使うための基本項目

まとめ

この記事では、ヴェゼルのカラーバリエーションとカラーごとの特徴、メンテナンスのコツを解説しました。

SUVの中でも上質な内外装で高い評価のヴェゼルですが、人気カラーは他の車種同様、ホワイト系、ブラック系に集中しています。

ヴェゼルは、アウトドアよりも都会をスマートに走る印象が強いため、落ち着いたカラー展開となっているようです。

どのカラーも上質な印象です。お気に入りのカラーを見つけてください。
購入にあたって色を選ぶ際にはご自身の好みだけでなく、キズが目立ちにくいことやリセール時のバリューなど、購入後も見据えて選ぶとよいでしょう。

画像引用元:本田技研工業株式会社

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。