残価設定ローンとは?メリット・デメリットを理解したうえで利用しよう!

車の購入を検討する際は、支払い方法をどうするかを決める必要があります。

支払い方法は一括払いだけでなく、ローンを組んで分割で支払う方法も選ぶことが可能です。
ローンと言ってもその種類はさまざまで、そのうちの一つである残価設定ローンは支払い総額を抑えつつ、新車への乗り換えが簡単なことから注目を集めているローンです。

支払い方法が選べるといっても、種類がありすぎて困るという方もいるかもしれません。
今回は、車を購入する際の支払い方法のうち「残価設定ローン」というものについて解説していきます。
メリットやデメリットについても解説しているため、ほかの関連記事と合わせて読んでみて自分にあった支払い方法をみつけてみるとよいかもしれません。

残価設定ローンとは

残価設定ローンとは最近注目を集める車のローン形態の一つです。
一般的に「残価ローン」や「残クレ」と呼ばれます。
残価設定ローンは、契約するときに返済期間に合わせて残価を設定します。残価を差し引いた金額を契約の月数で割って返済してくことが残価設定ローンの仕組みです。

ちなみに残価とは、ローン契約終了時において想定される車の下取り価格のことです。

関連記事:車のローンが通るか調べる方法や審査基準について紹介します!

関連記事:オートローンとは?審査に通過するためのポイントを紹介!

関連記事:apollostation card(アポロステーションカード)の年会費はいくら?出光カードからどう変わった?

残価設定ローンのメリット

いいドライブイメージ

注目を集める残価設定ローンにはさまざまなメリットがあります。
ここでは、3つのメリットを紹介します。

月々の支払いを抑えて計画を組みやすい

残価設定ローンのメリットは一般的なローンと異なり、月々の支払いを安く抑えられるところでしょう。
一般的なローンが車両価格すべてを支払うローンとなる一方で、残価設定ローンでは車の下取り価格を差し引いた金額を支払うローンを組むことができます。
そのため支払い総額を抑えることができ、月々の支払いは一般的なローンと比較し、安く抑えることが可能になるのです。
また、手放すタイミングや下取り価格が早期に分かるため、その後のローンの計画を組みやすいのもメリットの一つです。

ローン完済時に選択肢が複数ある

残価設定ローンではローン完済時に車をどうするか選択することができます。
一般的にローン完済時の選択肢は「乗っていた車を販売店に返却する」「下取り価格を差し引いて新車に乗り換える」「車を買い取って所有権を持つ」の3種類であることが多いです。

そのため、車を一定期間しか乗らないケースや新車への乗り換えを検討している場合は車を手放すことができます。また、車を気に入って所有したいと思った場合は、購入時に差し引かれていた下取り価格を支払い、買い取ることも可能です。
数年乗った後に、残っている金額を支払う段階で買い取るのか、売却するのかを選べることもメリットといえるでしょう。

乗り換えがしやすい

残価設定ローンの魅力ともいえるメリットは乗り換えがしやすいことです。
残価設定ローン完済時に乗り換える場合、下取り価格である残価を乗り換える車の購入費用を補填することが可能なディーラーがあります。

そのため残価設定ローンを組んだ場合、3年や5年などの定期スパンで新車に乗り換えることが可能です。
最新の車に安く乗り換えることが可能になるのは大きなメリットといえるでしょう。

特に、複数のメーカーを扱う輸入車販売店などでは大きなメリットです。
ディーラーで残価設定ローンを組んだ場合、乗り換えの対象はそのメーカーに固定されてしまいますが、複数社を扱う販売店であれば他社メーカーの車に乗り換えることも可能です。

関連記事:残クレ(残価設定ローン)のデメリットとは?メリットと併せて紹介

関連記事:審査に必ず通るオートローンは存在する?審査に通るためのポイントを紹介!

残価設定ローンのデメリット

運転疲れ3

メリットが大きいといわれる残価設定ローンですが、デメリットもいくつかあります。
ここでは、残価設定ローンのデメリットについて紹介します。

走行距離やカスタマイズに制限がある

残価設定ローンはあらかじめ下取り価格を決めるため、走行距離などに制限があります。
車の走行距離は下取り価格に大きく影響するため、残価設定ローンの多くは年間走行距離や月間走行距離が定められているケースが多いのです。
決められた走行距離を上回る場合、下取り価格が下がってしまうことや追加の支払いが必要なことがあります。

また、車のカスタムが制限されることもデメリットの一つといえるでしょう。
下取り価格は純正状態で査定が行われているため、カスタムを施すと純正戻しが必要になる他、残価に大きく影響する場合があります。

所有権がなく解約ができない

残価設定ローンはディーラーや販売店で組むディーラーローンの一つです。
車が担保となっているケースが多く、所有権はディーラーとなるケースがほとんどです。

使用者が変わるケースや使用地域が変わる場合、ディーラーへ連絡し対応をお願いする手間が発生します。このような手間はデメリットといえるでしょう。
また、下取りをすることが前提なため、途中の解約ができないことにも注意が必要です。
万が一途中で解約をする場合、残りのローンの金額に加えて下取り価格である残価分の支払いが必要となります。

関連記事:ディーラーローンの金利はどれくらい?ほかのローンとの違いも紹介

関連記事:運転免許ローンは誰でも利用できる?種類や基準、メリット・デメリットについて

関連記事:ディーラーローンとは?他のローンとの違いについて解説

残価設定ローンの利用が向いている人

残価設定ローンは少し他とは違うローンであることから、人によっては向き不向きがあるローンです。
ここでは、残価設定ローンの利用に向いている人を紹介します。

常に新型車に乗りたい人や、生活が変化しやすい人

残価設定ローンの魅力は、新型車への乗り換えがしやすいことです。

残価設定ローンであれば下取り価格を差し引いて新型モデルに乗り換えることができるため、新型車が登場したタイミングで乗り換えがしやすくなります。
一般的に3年や5年ぐらいのスパンで新型モデルが発売される傾向にあるため、ローンを組むのにもちょうどよいといえるでしょう。

また、新型車に興味がない人であっても、子育て世代や転勤が多い人も残価設定ローンに向いている場合があります。子供の成長や生活の変化にあわせて乗り換えることが可能になるため、タイミングに応じて最適な車に乗ることができるでしょう。

車の使用頻度が高くない人

車が必要ではあるものの、使用頻度が高くない人にも残価設定ローンはおすすめの購入方法です。残価設定ローンに走行制限があることが関係しています。
たとえば、遠距離を走る人や車でドライブをすることが趣味の人の場合は、年間走行距離が多くなってしまいます。

しかし、近所の買い物などが中心で日頃から車に乗らない人であれば、走行距離は伸びません。
そのため、残価設定ローンで決められた走行距離内で収まる可能性が高くなります。
車は必要だけどあまり乗らない人は、車を通常のローンで購入するより、残価設定ローンで購入し乗り換えていく方がお得な場合があります。

関連記事:新車や中古車を購入する際に知っておくべきマイカーローンの金利について

関連記事:新車を「頭金なしフルローン」で購入するメリット・デメリットとは?

残価設定以外の自動車ローンについて

残価設定ローン以外にもいくつかのローンがあります。
ここでは、自動車ローンの種類を紹介します。

低い金利が魅力の銀行系ローン

銀行系ローンは名前の通り、主に銀行や信用金庫などの信用機関で組むローンのことです。
残価設定ローンと比較すると、審査が厳しくなりやすく、銀行に行く手間がかかるデメリットがあります。
しかし、車を担保に借り入れを行うわけではないため、車の所有車を自分名義にすることができることがメリットといえます。
金利は1%〜3%前後と低いことも特長であり、ローンでありながら支払い総額がそこまで高くないこともポイントです。
車を長期間所有するケースや自由に使いたいという人に向いているローンといえるでしょう。

自由度が高いディーラーローン

ディーラーローンとは、ディーラーや販売店で組むローンのことです。
広義的には残価設定ローンもディーラーローンの一つですが、一般的なディーラーローンは車の販売価格すべてをローン払いにするため、残価設定ローンとは違うローンとして扱われます。

メリットとして残価設定ローンより自由度が高いことです。
残価設定ローンと異なり、走行距離制限などがないうえ、カスタムなどもある程度自由にできるのが大きなポイントといえます。
一方で、銀行系ローンと比較しても金利が高い傾向にあるため、残価設定ローンより支払い総額が高くなってしまうことはデメリットです。
銀行系ローンと比較すると審査に通りやすいため、長期間にわたって車を所有する予定があるけれど銀行系ローンの利用が難しいケースで活躍するローンといえます。

関連記事:車のローンの平均年数はどのくらい?返済額や購入の流れも紹介

まとめ

この記事では、残価設定ローンの概要やメリット・デメリット、その他のローンについて紹介しました。

残価設定ローンは近年登場し、注目を集め始めているローン形態です。
あらかじめ下取り価格を決定し、その分を差し引いた残価でローンを組むため、支払い総額を低く抑えることが可能になります。
また、ローンを支払い終わった後に車をどうするのか選べることもメリットの一つです。

しかし、残価設定ローンはメリットだけではなく、走行距離に制限がある・所有権がなく解約ができないなどのデメリットもあります。まずは複数のローンを比較し、残価設定ローンが自分にとって最適なのか確認したうえで検討しましょう。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。