新車を「頭金なしフルローン」で購入するメリット・デメリットとは?

新車を購入する際の支払い方法としては、現金一括やローンなどさまざまな方法があります。

実際に新車を購入するとなったときに、ローンを選択すると必ず頭金が必要になると思っている方もいるかもしれません。

しかし、頭金は必ずしも必要ではなく、頭金なしでもフルローンで新車を購入できます。
フルローンで新車を購入する場合、メリットとデメリットがあります。

本記事では、新車をフルローンで購入するメリットやデメリットを詳しく解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

関連記事:新車ローンの組み方 何年がおすすめ?金利の違いも徹底解説!

頭金なしで新車をフルローン購入することは可能?

新車を購入する際、「頭金なしのフルローンで購入すること」は可能です。

フルローンで新車を購入するにあたっては、さまざまなメリットやデメリットがあります。

具体的にどのようなメリットやデメリットがあるか解説するので、フルローンで新車の購入を検討している方は参考にしてください。

関連記事:新車を安く買う方法9選!購入タイミングや交渉術など一挙紹介!

新車をフルローンで購入するメリット・デメリット

メリット

大きな出費をしなくて済む

頭金を入れるとなると、数十万から百万円単位が必要になります。
1度に大きな出費が発生するとその後の生活を圧迫してしまい、やむを得ずライフスタイルを変えなければならない可能性もあるのです。

一方、フルローンで新車を購入する場合は、そこまで大きな出費が必要ないため、貯蓄に余裕を残したまま新車を購入できます。

欲しいタイミングで購入できる

新車を「欲しいタイミングで購入できること」もメリットの1つです。

頭金を入れる場合、貯蓄額によっては新車購入を諦めてしまうこともあるでしょう。

しかし、フルローンは頭金が必要ないため、貯蓄額を気にする必要がありません。
「この新車が欲しい」と思ったらすぐに購入できます。

関連記事:新車購入の時期はいつがおすすめ?安く買えるタイミングを紹介!

デメリット

毎月のローン返済額と総額が高くなる

新車を頭金なしのフルローンで購入すると、毎月のローン返済額や支払総額が高くなります。
返済期間によって異なりますが、ローン返済額につく利息が高くなるためです。

利息が高くなる1つの要因として、ローンを組む金額が大きいことが挙げられます。
結果的に、頭金を入れた場合と頭金なしの場合を比較すると、頭金なしでローンを組んだ方が月々の返済額や支払総額は高くなってしまいます。

関連記事:300万円の車、月々のローン返済額は?おすすめの年数やローンの選び方

ローンの審査が通らないこともある

フルローンで新車を購入する際に、ローン審査が通らないこともあります。

ローン審査では、購入希望者の収入の安定性や公共料金などの支払い滞納、ほかのローンの有無などを調査し、ローン会社が判断します。
一般的にフルローンは審査が厳しくなるため、審査に通らない可能性も考えなければなりません。

関連記事:ブラックリスト掲載者でもカーリースは利用可能?カーリースの審査を通過するコツを紹介!

支出が多くなり払えなくなる場合も…

フルローンで新車を購入するとローン返済額などの支出が多くなり、支払金額を払えなくなる可能性もでてきます。

車を所有すると、車体のローン返済のほかに、車検や税金などの費用が生じます。
また、急なメンテナンスや修理などで大きな費用が発生することもあります。

結果的に、毎月のローン返済額と合わせると支出が多くなり、支払いが困難になるかもしれません。

関連記事:車を購入するときの支払い方法を一挙解説!最もお得な支払い方法は何?

頭金なしのローンを無理なく返済するポイント

頭金なしのローンを無理なく返済するポイントは以下の3つです。

  • 残価設定型ローンやボーナス併用払いを利用する
  • 少しでも金利が低いローンに申し込む
  • 新車のグレードを下げて支払総額を抑える

毎月のローン返済額を少なくするための方法を、1つずつ詳しく解説します。

関連記事:車の維持費が馬鹿らしいと感じる方に!維持費を抑えるコツを紹介

残価設定型ローンやボーナス併用払いを利用する

ローンを無理なく返済するポイントとして、ローンの組み方を工夫することが大切です。
月々の負担を減らすためのローンの組み方は以下の通りです。

残価設定型ローン

ローン契約満了時の車の残価をあらかじめ設定し、車両価格から残価設定した金額を差し引いた分を支払う方式です。
残価設定した分、借入金額が少なくなるため月々のローン返済額を減らせます。

ボーナス併用払い

年に1〜2回のボーナス月に多くの額を返済するプランです。
多く返済している月がある分、月々の返済金額を抑えることができます。

少しでも金利が低いローンに申し込む

少しでも金利が低いローンに申し込むことで、負担を軽減できます。

フルローンは借入金額と返済期間が長いため、金利が1%変わるだけで月々の返済金額と支払総額に大きく影響するのです。

カーローンはさまざまな信託会社で組むことができますが、銀行系ローンの金利が低い傾向にあります。
低金利の場合、返済額は減りますが、同時に審査が厳しくなることも理解しておきましょう。

関連記事:カーリースの審査に落ちる?落ちた理由や審査内容について紹介

新車のグレードを下げて支払総額を抑える

新車のグレードを下げて車両総額を抑えることでローン負担を軽減する方法もあります。

希望のグレードやオプションを省くことで車両総額を抑えられます。
これで借入金額自体を抑えられます。

収入と支出のバランスを見て返済できる範囲の新車を購入できるよう、車両総額をグレードやオプションの面から検討しましょう。

関連記事:年収別!車購入の予算相場とは?おすすめの車種や年間維持費も解説

頭金なしで新車に乗りたいのであればカーリースがおすすめ

頭金なしで新車に乗りたいのであれば、カーリースの利用がおすすめです。

定額で新車に乗れるカーリースとは?

カーリースとは、「月々定額で車に乗ることができるサービス」です。
自分専用の車をカーリース会社に用意してもらい、マイカーのように乗ることができます。

プランによっても異なりますが、「3年」「5年」「7年」のように契約期間を決めて車を利用し、契約期間が満了したら車を返却するのが一般的です。

カーリースも契約満了時の残価を設定しますが、残価は支払いの対象とならないため、月々の支払金額を抑えられます。

関連記事:カーリースはデメリットだらけ?向いている人・向いていない人を解説
関連記事:車のサブスクとカーリースを比較 どっちがお得?
関連記事:カーリースの3年契約はお得?契約期間別に特徴を解説

カーリースの特長について

カーリースの特徴は以下の4つです。

頭金不要 、定額のリース料金を支払うことで新車に乗れる

カーリースは頭金を用意することなく、毎月定額のリース料金を支払うことで新車に乗ることができます。
選ぶ車種やグレードによって毎月の支払額は異なりますが、残価を設定するため手頃な金額に抑えられます。

さまざまな車種から自分好みの新車を選べる

多くの車種から自分の希望する車を選べます。

申し込みから納車までの手続きをネットで完結できる

手続きに関してもネットから申し込みができ、手が空いたときに申し込みできるため便利です。

契約を終了後に乗り換えも可能

契約満了時 の車両の返却もしくは乗り換えの手続きも手軽に行なえます。

関連記事:車のリースとレンタルの違いとは?メリット・デメリットも併せて紹介!
関連記事:「カーリースはやめとけ」は本当?カーリースの利用メリットとは
関連記事:軽トラのリースに興味がある人必見!人気車種や申込方法を紹介

まとめ

新車を頭金なしのフルローン購入する場合、メリットもあればデメリットも多くあります。

新車を頭金なしで購入する場合は、借入金額が大きいため毎月の支払金額はどうしても増えてしまい、生活を圧迫してしまう恐れがあります。

一方、カーリースなら頭金なしで新車に乗ることができ、毎月の支払金額も抑えられます。
頭金なしで新車に乗るならカーリース中でも、出光のカーリース「オートフラット」がおすすめです。この記事を参考に検討してください。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。