カーリースでよくある失敗談をご紹介!失敗しないための選び方とは

カーリースは、月々一定の料金を支払いながら安く新車に乗れるため、利用したいと考える人は多いでしょう。

しかし、カーリースを利用して「失敗した」と感じる人もいるようです。

そのため、今後カーリースの利用を検討している人は、こうした失敗談を把握しておく必要があるでしょう。

また、カーリースが向いている人と向いていない人の特徴についても解説するため、自身がどちらに当てはまるのか気になる人は参考にしてください。

関連記事:カーリースで後悔する理由とは?後悔しないためのポイントについても紹介

ポチモバナー青
ポチモバナー青

カーリースでよくある失敗談

失敗

安く車に乗れるカーリースは便利なサービスですが、「失敗した」と感じる人もいるでしょう。

ここでは、カーリースでよくある失敗談をご紹介します。

途中解約による違約金が発生した

契約途中解約による違約金が発生したという失敗談があります。

カーリースは、途中解約できないことが原則として決められています。

なぜなら、設定された月々の料金は、契約期間は料金を支払ってもらう前提で算出されているためです。

カーリースの期間中に、途中解約をしたり、別の車に変えたりした場合は、違約金が発生し、残りの支払い予定の料金と残価をすべて負担する必要があります。

そのため、こうしたリスクを低減させるには、必要な契約期間を明確に決めてから契約を結ぶことが大切です。

関連記事:カーリース(車のサブスク)の途中解約の違約金が払えない時の対処法を解説

走行距離の上限を超えてしまった

走行距離の上限を超えてしまったという失敗談もあります。

カーリースを利用する際は、契約前に走行距離の上限を定めるのが一般的です。

走行距離の上限を超えた場合は、追加料金を支払う必要があります。
そのため、仕事で遠くに行くことが多い人や、ドライブが好きな人などは注意が必要です。

走行距離の上限を超える失敗をしないためにも、契約前に自身がどのくらいの距離を走行する可能性があるのかを把握したうえで、走行距離の上限を決めましょう。

さらに、走行距離の上限を超えた場合の追加料金は、リース会社によって異なるため、念のため、追加料金の算出方法についても確認しておくことが大切です。

関連記事:車の走行距離と寿命の関係は?購入時のポイントやリースの走行距離制限

月々の支払いが厳しくなった

カーリースを利用する人のなかには、収入が下がったり、高級な車をリースしたりすることで、月々の支払いが厳しくなったという失敗談もあります。

カーリースの月々の料金は、リースする車の種類によっても異なり、高額な車のほうが月々の料金が高くなる仕組みです。

そのため、契約する際に自身がどのくらいの金額であれば毎月支払えるのかを決めて、予算内に収まる車を選びましょう。

また、リース会社によって月々の料金に含まれるサービス内容も異なります。

サービス内容に車検費用やメンテナンス費用などが含まれていない場合もあるでしょう。

このような場合は、自分でこれらの費用も支払う必要があるため、月によっては料金の支払いが厳しくなることが考えられます。

関連記事:カーリースの車検は誰が行うの?車検の費用はリース料金に含まれている?

車のカスタマイズができない

自分が乗る車は自分好みにカスタマイズしたいと考える人もいるでしょう。

しかし、カーリースの車は、所有権がリース会社にあるため、勝手にカスタマイズをしてしまうと原状回復を求められて、費用が発生する可能性があります。

ただし、すべてのリース会社が車のカスタマイズを禁止しているわけではありません。

リース会社によってはカスタマイズが可能であったり、契約終了後車の返却が不要であったりすることがあります。そのため、自身が乗る車をカスタマイズしたいときは、カスタマイズが禁止されていないリース会社を探しましょう。

関連記事:カーリースは実際どうなの?カーリースを利用する際は失敗例も把握しておこう!

残価精算により契約終了時高額な費用を支払った

残価精算により、契約終了時に高額な費用を支払ったという失敗談もあります。

カーリースでは、車を借りる際に契約終了後の車の価値(残価)を想定し、その金額を車の購入価格から差し引いて月々の料金を算出するのが一般的です。

しかし、この金額はあくまで想定であるため、契約終了後の実際の価値が残価を下回る可能性があります。

この金額を残価精算といい、リース会社によってその金額を契約者が支払わなければならない場合があります。

ただし、残価精算が発生しないリース会社もあるため、事前に確認しておきましょう。

関連記事:カーリース返却時は残価によるトラブルが多い!カーリース返却時によくあるトラブルとは?

リースした車で事故を起こしてしまった

リースした車が事故により故障した場合、修理費用は契約者が負担しなければなりません。
なぜなら、月々の料金に事故による修理費用が含まれていないためです。

任意保険に加入していれば保険を適用できますが、加入していない場合は自分で支払う必要があるため注意しましょう。

さらに、事故によって車が廃車した場合は、新たな車の購入に加えて途中解約の違約金も発生する可能性があります。

関連記事:リース車で事故を起こしたらどうする?対処法や修理費、解約金について解説

カーリースで失敗しないための選び方

ポイント

ここでは、カーリースで失敗しないための選び方について解説します。
先述のような失敗をしないためにも、その選び方について把握しておきましょう。

契約期間を選べるか確認する

カーリースを利用する際は、契約前にどのくらいの期間契約するのかを決められます。

契約期間が長くなるほど月々の料金は安くなりますが、長すぎると途中解約のリスクもあるでしょう。
そのため、自身の生活に合わせられるように契約期間の幅があるリース会社を選ぶことが大切です。

リース会社によっては、1年刻みで契約期間を選べるところもあります。

このように短期契約ができるリース会社は、出張先でカーリースを使用したいが、どのくらいの期間出張先にいるのかが決まっていない人におすすめです。

ただし、短期契約になるほど月々の料金が高くなるため注意が必要です。

関連記事:カーリースの3年契約はお得?契約期間別に特徴を解説

サポート内容を確認する

カーリースを利用する際の月々の料金は、自動車税や自動車重量税などの税金も含まれているのが一般的です。

サポート内容が充実しているリース会社では、こうした税金に加えて車検代や消耗品の交換費用などのメンテナンス費用が含まれている場合もあります。

車検や消耗品の交換などにより、急な出費が発生してしまうため、可能な限りサポート内容が充実しているリース会社を選ぶのがおすすめです。

ただし、サポート内容が充実するほど、月々の料金が高くなるため、予算を加味しながら検討しましょう。

豊富な車の選択肢があるのかを確認する

リース会社を選ぶ際は、豊富な車の選択肢があるのかを確認しましょう。

リース会社によっては、特定の車種やメーカーのみを扱っている場合があります。
そのような場合、自身の利用用途に合った車が見つからない可能性もあるでしょう。

たとえば、買い物や子ども迎えなどで車を利用する場合は、小回り利く軽自動車もしくはコンパクトカーがよいでしょう。

また、家族で旅行に行くことが多い場合は、ミニバンやハイブリットカーがよいといった、利用用途によって選ぶ車は異なります。

さまざまな車を扱うリース会社であれば、こうした利用用途に合った車を見つけやすいでしょう。

審査にどのくらいかかるのかを確認する

早めに車を利用したい場合は、審査が早いリース会社を選びましょう。

カーリースを利用する際は、契約前に利用できるのか審査を行い、納車するまでに、1〜3ヶ月ほどかかるのが一般的です。

しかし、リース会社によっては、最短で翌日に審査結果が分かるところもあります。

そのため、すぐに車が必要な場合は、審査が早いリース会社を探しましょう。

関連記事:審査不要のカーリースはあるのか?審査の基準や対策方法を紹介

カーリースが向いている人・向いていない人

まる、ばつ、正誤

カーリースは、「向いている人」「向いていない人」に分かれます。
カーリースの利用が失敗とならないためには、自身が向いているのかを理解しておくことが大切です。

ここでは、カーリースが向いている人と向いていない人の特徴について解説します。

カーリースが向いている人

自分がカーリースに向いている人なのか気になる人は多いでしょう。
カーリースが向いている人の特徴は以下の通りです。

  • 初期費用を抑えて車に乗りたい人
  • 急な出費をなくしたい人
  • 定期的に車を乗り換えたい人
  • 車の購入手続きや車検が面倒な人

上記がカーリースに向いている人の特徴です。

月々の決められた料金を支払うことで、初期費用や急な出費を抑えられます。

また、契約期間が終了すれば、別の車に乗り換えられるため、定期的に車を乗り換えることが可能です。

さらに、面倒な車の購入手続きや車検なども業者の人が代行してくれるため、自身で行う必要がありません。

このような点が自身にとってメリットと感じるのであれば、カーリースが向いている人といえるでしょう。

カーリースが向いていない人

カーリースに向いている人がいる一方で、向いていない人もいます。

向いていない人がカーリースを利用すると、失敗してしまう可能性があるため、慎重に検討しましょう。

カーリースが向いていない人の特徴は以下の通りです。

  • 自分好みに車をカスタマイズしたい人
  • 走行距離が長い人
  • 途中解約の可能性がある人
  • 1台の車に長く乗りたい人

上記がカーリースに向いていない人の特徴です。

ただし、リース会社によっては車のカスタマイズができたり、走行距離制限がなかったりするリース会社もあります。

また、契約期間が1年から選択できるリース会社や、契約終了時にそのまま車を購入できるリース会社もあるため、このような会社を選べば失敗するリスクは低減できるでしょう。

関連記事:「カーリースはデメリットだらけ」は本当?そう言われる理由や向いてる人・向いてない人を解説

まとめ

この記事では、カーリースの失敗談や失敗しないためのリース会社の選び方について解説しました。

カーリースの失敗談としてよくあるのは、途中解約によって違約金が発生することや、走行距離の上限を超えてしまって追加料金がかかってしまったことなどです。

このような失敗を防ぐためにも、この記事で紹介したリース会社の選び方や、自身が向いているのかを把握したうえで、カーリースを利用するのかを検討しましょう。

ポチモバナー青
ポチモバナー青

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。