トヨタのセダンまとめ!人気のセダンも紹介


近年コンパクトカーやSUVの人気が高まっている一方で、セダンの市場は年々縮小しています。

そんな中、トヨタでは8種類のセダンを取り扱っています(2022年6月現在)。
低価格帯のモデルから高価格帯のものまで、豊富なラインナップを揃えています。

この記事ではトヨタが販売しているセダンの特徴を紹介します。

また、トヨタの中古セダンの中で人気の車も併せて紹介していますので、チェックしてみてください。

関連記事:かっこいいセダンの特徴は?おすすめの国産&外車セダン10選

関連記事:セダンを選ぶメリットとデメリットを解説!セダンの特徴やおすすめの人も紹介

セダンの定義をおさらい

まずは「セダン」の定義についておさらいしましょう。

セダンとは一般的に「3ボックス4ドア」の車を指します。
3ボックスとはエンジンルーム、車室、トランクルームがそれぞれ独立している車のことです。
エンジンルームが独立しているため車内にエンジン音が響きづらく、静粛性能に優れているのが特徴です。

また、基本的に2ドアの「クーペ」や車室とトランクルームが一体化している「ハッチバック」など、セダンに似たボディタイプもあります。

なお、トヨタが販売しているプリウスは車室とトランクルームがつながった構造のためハッチバックだといえるでしょう。

しかしトヨタの公式サイトにおいて、プリウスはセダンで分類されています

これは「初代プリウスがセダンの形状をしていたこと」「ハッチバックになった現在もセダンのような使い方ができること」から、トヨタではプリウスを「セダン」と位置づけているのかもしれません。

関連記事:セダンとSUVの違いとは?両方の魅力やメリット・デメリットを解説

関連記事:ハッチバックとセダンの違いは?それぞれの特徴を徹底比較!

関連記事:ハッチバックドアの特徴とは?クーペとの違いやおすすめ車種を紹介

トヨタのセダンの特徴は?

ここでは、トヨタのセダンのもつ特徴を3つご紹介します。

予算に合わせて選びやすい

トヨタでは8種類のセダンを取り扱っています(2022年6月現在)。

160万円台と比較的安価な「カローラアクシオ」から、2,000万円台の高級車「センチュリー」まで、価格帯における選択肢の幅が広いことが特徴の一つです。

また、同じ車でもグレードによって価格帯が異なるため、予算に合わせつつ自分好みの車を見つけやすいといえるでしょう。

関連記事:年収別!車購入の予算相場とは?おすすめ車種や年間維持費も解説

関連記事:自分にあった車の選び方とは?年収別の選び方、人気車種などを解説

低燃費の車が多い

トヨタは独自のハイブリッドシステムの開発に成功しており、セダンにおいてもハイブリッドシステム搭載グレードを複数車用意しています。

関連記事:車の維持費が馬鹿らしいと感じる方に!維持費を抑えるコツを紹介

多くが「セーフティー・サポートカー」対象

セーフティー・サポートカー(通称:サポカー)とは、安全運転を支援する機能を持つ車のことです。
先進安全技術を搭載した車が「サポカー」の認定を受け、車の安全性能を証明する一つの指標となっています。
トヨタのセダンはサポカー対象車も複数そろっていることが特徴です。

トヨタの安全技術の例として「プリクラッシュセーフティー」が挙げられます。
これは「単眼カメラ」+「ミリ波レーダー」の搭載によって周辺の車や人を検知し、ドライバーに危険を知らせることで衝突被害の軽減をサポートする技術です。

新車で買えるトヨタのセダン一覧【販売台数順】

ここからは、2022年6月時点で新車で購入可能なトヨタのセダン8車種を紹介していきます。

今回は「日本自動車販売協会連合会(自販連)」の2022年5月の販売台数ランキングをもとに紹介します。

※以下、カローラとカローラアクシオ、プリウスとプリウスPHVは一つにまとめて紹介。

第1位:カローラ/カローラアクシオ

2022年5月に、トヨタで最も販売台数が多かったセダンは「カローラ」シリーズです。カローラは、安全性能を評価する「JNCAP総合評価」において、2021年度ファイブスター賞を受賞したセダンでもあります。

カローラ・カローラアクシオともに、トヨタの最新予防安全技術である「Toyota Safety Sense(トヨタ・セーフティ・センス)」を搭載しています。事故を未然に防いだり、衝突時の被害を軽減したりといった安全面のサポートが充実しているセダンです。

またカローラとカローラアクシオはともに、ガソリン車とハイブリッド車を取りそろえています。燃費のよさを重視する場合はハイブリッド車がおすすめです。
「カローラ HYBRID G-X 2WD」のカタログ燃費はWLTCモード測定値で29.0km/L と、燃費性能が優れています。

第2位:プリウス/プリウスPHV

カローラの次に販売台数が多いセダンは「プリウス」です。プリウスを「燃費性能がよい車」として認識している人も多いでしょう。

プリウスは全グレードでハイブリッドシステムを採用しており、エントリーモデルの「プリウス E」のカタログ燃費は32.1km/Lです。つまりハイクオリティな燃費性能が最大の魅力といえるでしょう。

プリウスPHVは「プラグインハイブリッド」のシステムを搭載した車です。一般家庭の100Vの電源でも充電ができるプリウスPHVは、電気で走る「EV走行」が可能なのがポイントです。満充電時の走行可能距離は60kmとされており、日常的な利用における走行に問題はないでしょう。

プリウス・プリウスPHVともに、安全性能や走行性能が優れています。

ハイスペックなトヨタのセダンを求めている人におすすめの車といえるでしょう。

第3位:クラウン

トヨタのセダンといえば、販売から長い歴史がある「クラウン」が挙げられるでしょう。
現在新車で購入可能なのは15代目のクラウンです。

クラウンはトヨタ独自に開発された「TNGA FRプラットフォーム」を採用しています。これは骨格を変え、車の基本的な性能と商品力を底上げし、大幅に向上させる取り組みのこと。「走る、曲がる、止まる」といった車の基本性能が飛躍的に高まったクラウンは、乗り心地も抜群です。
高級車ならではの重厚感のある外観と洗練された内装も、クラウンの魅力といえるでしょう。

一旦終売はしましたが、中古車として販売されている可能性もあります。

また2022年から2023年にかけて、新型クラウンが販売されます。

新型クラウン

2022年11月現在販売されているのは、CROSSOVERで、2023年には、SPORT、ESTATE、SEDANの3車種が販売開始予定です。

第4位:カムリ

クラウンに次いで販売台数が多かったセダンは「カムリ」です。スポーティな外観が特徴のカムリは「2.5Lハイブリッドシステム」をエンジンに搭載しています。これは高い熱効率・高出力を実現できるエンジンです。

また直感的な操作が可能なインパネデザインも魅力の一つです。安全性能や燃費性能も高く、乗り心地も快適なセダンといえるでしょう。

第5位:MIRAI

MIRAIはFCEV(燃料電池自動車)を採用したセダンです。
FCEVは、水素と酸素の化学反応から電気エネルギーを生み出し、そのエネルギーを燃料電池が使用してモーターを回転させ、走行する仕組みです。

加えて基本構造や搭載機能は高級車のレクサスに近いものを採用しているのも魅力です。FCEVに興味がある人はもちろん、高級感のあるトヨタのセダンを探している人にもおすすめの車といえます。

第6位:センチュリー

最後に紹介するのはラグジュアリーな見た目が特徴の「センチュリー」です。皇室御用達の車としてニュースなどで見たことがある人も多いでしょう。

センチュリーは、静粛性にこだわり抜いた走行性能と優れた遮音性を併せ持つ車です。加えてハイブリッド専用のパワフルなエンジンを搭載していることが特徴です。また、後部座席には電動オットマンやマッサージシートを設置できます。

トヨタのセダンで人気の中古車は?

ここでは、トヨタで人気の中古セダンについて見ていきましょう。「トヨタ認定中古車」の中古セダン人気ランキングは以下の通りです。

【第1位】プリウス
【第2位】クラウン
【第3位】カムリ
【第4位】クラウンアスリート
【第5位】カローラアクシオ

※トヨタ販売店2022年6月 中古車販売実績/トヨタ自動車(株)調べ。

他にも、クラウンマジェスタマークXなどの車が人気を集めているようです。

トヨタのセダンは中古車でも選択肢が多いため、自分の好みや予算に合ったセダンを見つけられるでしょう。

まとめ

今回はトヨタのセダンをランキング形式で紹介しました。

トヨタで購入できるセダンは2022年11月現在で7種類あり、価格帯も含め幅広いラインナップの中から選ぶことができます。

安全性能・燃費性能・走行性能の3つを兼ね備えたトヨタのセダンから自分に合った車を探してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。