いま車の買い替えするのはもったいない?買い替えでおさえるべきポイントを紹介

車を買い替えるタイミングは誰しも悩むことではないでしょうか。
費用面や車の走行距離による劣化など、考えるべき項目が多く明確な判断は難しいものです。

この記事では、車の買い替えがもったいないタイミングや車を買い替える際のポイントについて解説していきます。

関連記事:中古車の価格が今高いのはなぜ?高くなった背景やお得に購入するコツを解説

買い替えをもったいないと感じるのはどんな時?

車の買い替えがもったいないと感じる時の代表的な例は以下の3つです。

  • 車の不具合がない時
  • 欲しい車や乗りたい車がない時
  • 今の車に愛着がある時

買い替えをもったいないと感じる時について解説していきます。

車の不具合がない時

今後、車が走れなくなるような不具合が起きそうな時は、車を買い替えることに納得できます。

しかし、車に不具合がなく調子よく走行している場合は、無理に買い替える必要はありません。

欲しい車や乗りたい車がない時

主に車を買い替える理由としては「欲しい車や乗りたい車がある時」や「生活スタイルが変わる時」などが挙げられます。

欲しい車や乗りたい車がない時に車の買い替えを検討した場合、もったいないと感じることでしょう。

今の車に愛着がある時

長年大切に乗ってきた車であれば、愛着があり車の買い替えに抵抗を感じてしまいます。

「愛着がある車を乗り続ける」と「新しい車に乗り換える」の2つを比較した時に、愛着があるから車の買い替えがもったいないと感じるのです。

車の買い替えでもったいないタイミング

車 お金

車の買い替えでもったいないタイミングは以下の通りです。

  • 車の修理を終えて間もないタイミング
  • 車検直後のタイミング
  • ローンの残債が残っているタイミング

具体的にどのようなことかを紹介します。

車の修理を終えて間もないタイミング

故障した車を修理するには、数万円の費用が発生します。
車を修理したあとすぐに買い替えると、修理費が無駄になってしまいます。

車の修理後すぐに買い替えるよりは、故障した時に車を修理せずに買い替えた方が修理費用が発生しないため費用が抑えられます。

そのため、車を修理してすぐに買い替えるのは修理費がもったいないことから、適切なタイミングとはいえません。

関連記事:エンジンがかからない!原因は?確認すべきことや対処法を紹介!

車検直後のタイミング

車検は新車購入後、1回目は3年後、2回目以降は2年ごとに行い、普通車では費用が10万円を越えることがあります。

車検が切れてしまっても車を売却することは可能であるため、車を買い替えるのであれば、車検のタイミングが好ましいでしょう。

関連記事:車検は何年ごとに受ける?有効期間・申し込みの流れを詳しく解説

ローンの残債が残っているタイミング

車を買い替える時にローンの残債が残っている場合、新しい車をローンで購入するのであれば二重ローンとなり、支払いに負担がかかってしまいます。

そのため、ローンの支払いが終わってないにも関わらず、車を買い替えるのは適切なタイミングではありません。

関連記事:残価設定ローンとは?メリット・デメリットを理解したうえで利用しよう!

買い替えを検討するポイント

話し合い 書類 車

車の買い替えを検討するポイントは車の税金が上がる時、生活スタイルが変化する時、車の故障やトラブルが多くなった時の3つが挙げられます。

ここでは、なぜ車の買い替えを検討するのかについて詳しく解説していきます。

車の税金が上がる時

車の維持で発生する税金は毎年5月に支払う自動車税と車検時に支払う重量税があります。

自動車税と重量税は支払うタイミングは違いますが、税金が上がるタイミングは同じです。

車の新車登録から13年経過した場合、自動車税と重量税は値上がりします。
そのため、税金が上がるタイミングである新車登録後13年までが買い替えを検討する一つのポイントとなります。

関連記事:自動車重量税はいくらかかる?納付時期や納付方法も合わせて解説

生活スタイルが変化する時

結婚や出産などで家族が増えた場合は、大きい車に買い替えたり、利便性の高い車に買い替えたりなど、車の買い替えを検討するポイントだといえます。

車は使用状況やライフスタイルによって適切に選択することで、カーライフがより豊かになります。

買い替えを検討する最適なタイミングといえます。

関連記事:3人家族でおすすめの車のタイプは?便利な装備や選び方も解説

車の故障やトラブルが多くなった時

定期的にメンテナンスを行っていても、故障やトラブル車は、修理してもまた別の箇所が故障する可能性が高く、修理費用が高額になってしまうため、車の買い替えを検討するポイントだといえます。

関連記事:車のメンテナンス方法とは?長く使うための基本項目

買い替えにおすすめの時期

車の買い替えにおすすめの時期は、2月から3月です。

2月から3月は新たに免許取得した人が車を購入することや、企業が決算期に合わせて車を買い替えることなどで中古車の相場が上がります。

そのため、この時期に車を下取りに出すと高く買い取ってもらえる可能性が上がります。

また、新車も決算セールで割引となっていることがあるため、ほかの時期より安価で車を購入することができます。

関連記事:新車購入の時期はいつがおすすめ?安く買えるタイミングを紹介!

買い替えをする際に気をつけておくべきポイント

車を買い替える際に気をつけておくべきポイントは「購入する車の維持費を確認する」、「用途に合った車を選ぶ」、「現金一括払いやローンなどの適切な支払い方法を選択する」といった3つが挙げられます。

ここでは、気をつけておくポイントをそれぞれ解説していきます。

維持費を確認する

購入後に「税金が高かった」や「燃費が悪くガソリン代が多く発生する」など、当初の想定より維持費がかかってしまう可能性があります。

車の維持費が高いと生活を圧迫してしまい、理想のカーライフとは遠くなってしまいます。

そのため、買い替える車の維持費について、購入前にしっかりと把握しておきましょう。

関連記事:ガソリン代がお得になるおすすめクレジットカード7選!選び方も解説!

使用用途に合わせた車を選ぶ

普段の生活スタイルから用途を明確にして、車種を選ぶ必要があります。

例えば、荷物を多く積み込む人や家族が多い人は比較的大きい車を選択し、一人で運転することが多い人、軽自動車やコンパクトカーなどの車だと販売価格や維持費が安い車種を選ぶ方が適しています。

関連記事:車の維持費を抑えるコツとは?「維持費って馬鹿らしい!」と感じる方へ

適切な支払い方法を選択する

車を購入するにあたっての支払い方法は、現金一括払い、ローン、残価設定、カーリースの4つが挙げられます。

車を利用する上でさまざまな支払い方法があるため買い替えの際は、どのような支払い方法が適しているのかを検討する必要があります。

最適な支払い方法を選択することで、生活を圧迫することなく車を利用できます。

車を買い替える際は、どのような支払い方法が適しているかを見極め、最適な方法を選択しましょう。

関連記事:オートローンとは?審査に通過するためのポイントを紹介!

まとめ

この記事では、車の買い替えるタイミングや、買い替える際に気をつけるポイントについて解説しました。

車検直後や修理直後、ローンが完済できないタイミングでの車の買い替えはもったいないと考えられます。

車の買い替えを検討するタイミングとしては、税金が上がる前、生活スタイルが変化する時、乗っている車の故障やトラブルが多くなってきた時がよく、買い替え時期としては2月〜3月がよいとされます。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。