新型SUV「ZR-V(ゼットアールブイ)」の価格は?ホンダが2023年4月に発売

ソニー・ホンダモビリティ、アコード復活と技術力で圧倒しているホンダが、新たな情報を発表しました。

2022年11月17日、新型SUV「ZR-V」を2023年4月に発売します。

どんな車なのか、期待が高まります。

関連記事:ホンダ アコード復活?北米で新型 ACCORD を発表!…北米?

関連記事:ソニー・ホンダモビリティに作って欲しい車を考えてみよう!

ZR-Vのコンセプト

“美しいデザインと意のままの走り”を兼ね備えた新価値SUV

ZR-Vは、

  • SUVの実用性
  • 最新の安全装備・性能が生み出す信頼感
  • 異彩を放つ存在感のあるデザイン
  • 爽快かつ快適な走り

を高い次元で兼ね備えることを目指して開発されました。

関連記事:SUV人気ランキング!各車種おすすめポイントも解説

美しいデザイン

ZR-V e:HEV X (プレミアムクリスタルガーネット・メタリック)

フロントは、周囲の形状と連続性を持たせたバーチカルグリルと、横長でシャープなヘッドライトにより、上質さと凛々しさを表現しています。

ZR-V e:HEV X(プレミアムクリスタルガーネット・メタリック)

リアは、ボディの下まわりにボリュームを持たせつつ、上に向かってなめらかに絞り込むことでワイドトレッドを強調しました。

フロントからリアにかけてボリューム豊かで滑らかな流麗なプロポーションを持っています。

インテリアは、左右に伸びやかに広がるインストルメントパネルを採用するなど、細部にわたる部品の仕立ても機能的で緻密でかつ、美しさを際立たせることで、上質な室内空間を目指しました。

関連記事:【冬服コーデ】2022年はパーソナルカラーで車込みコーデが主流に!?

意のままの走り

運転のしやすさを徹底追及しました。

視線移動時の、「流れを乱さない」、「流れを切らない」、「挙動変化をつかみやすくする」という3つを重要視し、自車の向きや車両感覚を把握しやすい基調線をクルマに用いるなど、運転のしやすさにつながる工夫を施しています。

関連記事:SUVの選び方を徹底解説!SUVにはどんな特徴や種類がある?

ZR-Vの走行性能

ハイブリッドモデルには、CIVIC e:HEVで新開発した2.0L直噴エンジンと2モーター内蔵電気式CVTの「スポーツe:HEV」をSUVに初搭載しました。

ガソリンモデルには、1.5L直噴VTEC TURBOエンジン+CVTを採用し、2.4Lエンジンに匹敵する力強い加速と、高回転までパワーが増大する出力特性を実現しています。

また、ハイブリッドモデル・ガソリンモデルともに、リアルタイムAWDを全タイプに設定しています。

このことで、前後駆動力配分の最適化によりタイヤがしっかり路面を捉えることになり、雪上など滑りやすい路面でも安心して走行できることを目指しています。

積雪した坂道での発進時も、後輪駆動力を増大させたことにより、安心感のある発進・加速が可能です。

関連記事:シビック ハッチバックの燃費は?ASEANに進出するシビック タイプ Rの燃費やソニーとの連携も調査!

SNOWモード

ドライブシーンによって選択が可能な

  • SPORTモード
  • NORMALモード
  • ECONモード
  • SNOWモード

の4つのドライブモードを搭載しています。

国内Honda SUV初採用となる「SNOWモード」は、アクセルペダルの踏み込みに対する駆動力を抑えることで、雪道など滑りやすい路面においてもスムーズな発進・加速をサポートします。

関連記事:SUV人気ランキング!各車種おすすめポイントも解説

ZR-Vの安全性能(Honda SENSING)

従来のHonda SENSINGが進化しています。

フロントワイドビューカメラ

約100度の有効水平画角を持つ広角カメラと高速画像処理チップにより、衝突軽減ブレーキなどにおける対象物の検知精度が高まりました。

ソナーセンサー

前後バンパーに4カ所ずつ設けられ、近距離における外壁やガラスなどを高精度で検知し、踏み間違いなどによる誤発進の抑制や衝突を回避しています。

ヒルディセントコントロール(HDC)

急な下り坂や急勾配な道でも設定した速度を自動でキープすることで、ドライバーはステアリング操作に集中するできます。

関連記事:知っておきたい自動運転の知識!レベル分けや国内メーカーの最新技術を紹介

BOSEプレミアムサウンドシステム

BOSEプレミアムサウンドシステム12 High Performance Speakers

Zタイプには標準装備として、BOSEと共同開発した12スピーカーを搭載しています。

プレミアムサウンドシステムにより、スピーカーの位置を感じさせない包まれるようなサラウンド体験や、走行状況に影響されにくい快適な空間により、臨場感を全席で味わえます。

関連記事:知っておきたい自動運転の知識!レベル分けや国内メーカーの最新技術を紹介

ZR-Vの価格やスペック

ZR-V e:HEV X

乗車定員5名
エンジン2.0L 直噴アトキンソンサイクルエンジン
+2モーターハイブリッド
トランスミッション電気式無段変速機
販売価格(税込)FF:3,298,900円
4WD:3,518,900円
※参考元:本田技研工業株式会社

ZR-V e:HEV Z

乗車定員5名
エンジン2.0L 直噴アトキンソンサイクルエンジン
+2モーターハイブリッド
トランスミッション電気式無段変速機
販売価格(税込)FF:3,899,500円
4WD:4,119,500円
※参考元:本田技研工業株式会社

ZR-V X

乗車定員5名
エンジン1.5L 直噴VTEC TURBO
トランスミッション無段変速オートマチック
(トルクコンバーター付)
販売価格(税込)FF:2,949,100円
4WD:3,169,100円
※参考元:本田技研工業株式会社

ZR-V Z

乗車定員5名
エンジン1.5L 直噴VTEC TURBO
トランスミッション無段変速オートマチック
(トルクコンバーター付)
+パドルシフト
販売価格(税込)FF:3,548,600円
4WD:3,768,600円
※参考元:本田技研工業株式会社

カラーバリエーション

ZR-V X(ノルディックフォレスト・パール)
  • プレミアムクリスタルガーネット・メタリック(Honda新色)
  • ノルディックフォレスト・パール(Honda新色)
  • プラチナホワイト・パール
  • スーパープラチナグレー・メタリック
  • クリスタルブラック・パール
  • プレミアムクリスタルブルー・メタリック
  • ミッドナイトブルービーム・メタリック

プレミアムクリスタルガーネット・メタリックと、ノルディックフォレスト・パールはホンダの新色です。

関連記事:【冬服コーデ】2022年はパーソナルカラーで車込みコーデが主流に!?

まとめ

かねてから噂されていたZR-Vの情報が少しずつ解禁されてきました。

最高技術のSUVを試したい方は、ZR-Vに期待しましょう。

画像引用元:本田技研工業株式会社

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。