残クレ(残価設定ローン)のデメリットとは?メリットと併せて紹介

残クレとは「残価設定クレジット」の略称であり、新車購入時に活用できるローンを意味します。
「残価設定ローン」とも呼ばれており、現金一括で新車の購入に手が出せない人におすすめのローンです。

多くの人が毎月の返済額の安さに着目しがちですが、残クレの利用がお得であるのか疑問に感じる人は少なくありません。残クレの利用にはメリットがある反面、デメリットも存在するため注意が必要です。

そこで、この記事では残クレのメリット・デメリットを解説します。向いている、向いていない人の特徴についても紹介するため、残クレの利用を検討している人は利用するかどうかの参考となる必見の内容です。

残クレのデメリットとは

月々の返済額をおさえられる残クレですが、実際に利用する際はどのようなデメリットや注意点があるのでしょうか。事前に把握しておくことで、残クレ利用による失敗を防ぐことができます。
残クレのデメリットは以下の通りです。

走行距離に制限がある

残クレでは車自体の価値を担保するために、走行距離に制限がかかっています。メーカーや企業によって制限は大きく異なりますが、月に1,000~1,500 kmが平均とされています。

制限を超えてしまうと、追加料金を支払うことになってしまうため注意が必要です。
特に趣味や通勤などで長い距離を走行する場合は、制限を超えることが予想されるため、残クレの利用をおすすめできません。

乗り換えは原則同じメーカーである

残クレを活用して車を乗り換える際は、原則同じメーカーの車を選択します。
ローンの支払いが残っている状態では乗り換えできる車種が限られているため、乗りたい車に乗れるわけではありません。

ほかのメーカーを変更したい場合は、残価を一括で精算しなくてはなりません。ローンを返済すればメーカーを乗り換えられる仕組みであるため、さまざまな車種に乗りたい場合はフルローンの活用をおすすめします。

車の返却もしくは残価精算が必要である

フルローンであれば金額すべてを完済することで車は自身のものとなり、走行距離やカスタマイズなどの制限なく自由に使用できます。

一方で、残クレを利用して車を購入した場合は、契約終了時に車を返却して新しい別の車に乗り換えるか、残価を一括で支払い車を買い取る必要があります。
残価を支払えない場合は、車を返却する以外の選択肢がないため、資金は十分に溜めておきましょう。

追加費用がかかる

制限距離オーバーや車体に損傷があった場合には、契約終了時に追加費用を請求されるケースがあるため注意が必要です。特に損傷が大きい場合だと修復歴が車に残り、取引が厳しくなるため、残価分の金額を支払うことになる可能性が考えられます。

査定額が大きく下がるうえ、追加の支払いが発生すると、費用の負担は大きくなってしまうでしょう。

残クレを利用して車を購入する場合は、契約時における車の状態を維持しつつ、走行距離オーバーなどにも十分に注意しなければなりません。

金利が高い傾向にある

残クレは通常のローンよりも金利が高い傾向にあるため注意が必要です。
また、一般的に残クレはディーラーローンより安い傾向にありますが、残価にも金利がかかるため、利息の総額がディーラーローンを超えるケースも見受けられます。
利息の支払いを安く済ませたい場合には、残クレではなく、ほかのローンの活用をおすすめします。

関連記事:残クレとは?仕組みや注意点について初心者向けにわかりやすく解説!

関連記事:車のローンの平均年数はどのくらい?返済額や購入の流れも紹介

残クレにはメリットもある?

残クレにはデメリットだけでなく、メリットもあります。デメリットを理解して残価の利用を辞めようと考えた人は、メリットも把握することで考え方が変わるかもしれません。残クレを利用するメリットは以下の通りです。

月々の支出をおさえられる

残クレはフルローンで新車を購入するよりも月々の支払いを安く設定できるメリットがあります。
車両価格における一部を残価として扱えるため、月々の支払いが安くなる仕組みです。

月々の支出が少しでもおさえられるのであれば、生活を苦しくせずに乗りたい車に乗ることができるでしょう。フルローンでは価格が高すぎて手が出せない場合でも、残クレを利用することで乗りたい車の購入が可能です。

定期的に車を乗り換えられる

フルローンで新車を購入する場合、次に欲しい車を購入するまでにローンを完済しておく必要があります。
そのため、短いスパンで車を乗り換えようとすると、月々のコストは高くなり生活が苦しくなってしまううえ、乗り換えには手間がかかることが予想されるでしょう。

フルローンでの新車購入に高いハードルを感じる一方で、残クレを利用した新車購入は乗り換えの時期が設定されているため、数年おきに使用する車を交換できるメリットがあります。車を返却すれば手続きなどの負担が少なく、スムーズに車を乗り換えることができます。

残価が設定されている

残クレでは残価が設定されているため、事故や損傷がなければ、はじめに決定した金額で下取りしてもらうことができます。

通常の場合、新モデルの登場などが原因で、下取り価格は低下する傾向にありますが、残クレを利用する場合は下取り価格の低下に悩まされることがありません。
市場価格による下取り価格の上下に支障を受けることがなく、先の見通しを立てたうえで新車を購入できるメリットが残クレにはあります。

関連記事:「車は現金で買うな」といわれる理由とは?現金以外で買う方法について紹介します!

関連記事:ディーラーローンとは?他のローンとの違いについて解説

残クレが向いている人

残クレの利用に向いている人の特徴として以下が挙げられます。

一定期間車を利用したい人
特定のメーカーが好きな人
月々の支払いを安く済ませたい人

上記の特徴に当てはまっているのであれば、残クレを利用しても大きな失敗にはつながらないでしょう。

一定期間車を利用したい人

フルローンでの新車購入では車の乗り換えに手間とお金がかかりますが、残クレを利用することで短期間で車の乗り換えが容易になります。
そのため、一定期間のみ車を利用したい場合は、残クレを活用して新車を購入することをおすすめします。

特定のメーカーが好きな人

残クレを利用した場合は、契約満了時に車の乗り換え、もしくは残価を一括で支払い買い取りが必要です。

ただし、車を乗り変えるにあたって、選べる車種は前回契約したメーカーと同じであるケースがほとんどであり、ほかメーカーへの乗り換えは難し状況にあります。
そのため、ほかメーカーに乗り換える必要がなく、特定のメーカーが好きな人には、残クレの利用をおすすめします。

月々の支払いを安く済ませたい人

残クレを利用する場合とフルローンで返済する場合とでは、月々に支払う金額が異なります。残クレを利用した場合のほうが月々の支払いが安くなるため、毎月の返済を安く済ませたい人に残クレの利用をおすすめします。

関連記事:2WDと4WDで迷ったらどちらを選べばよい?それぞれのメリット・デメリットを解説

関連記事:200万の車をローンで購入する場合に発生する月々の返済額はいくら?

残クレが向いていない人

残クレの利用に向いていない人の特徴として以下が挙げられます。

運転が苦手な人
長距離を走行する人
車のカスタマイズが好きな人

自分が特徴に当てはまっていないか確認しましょう。

運転が苦手な人

残クレの契約時に車の下取り価格が決定しますが、下取りまでに事故や大きな損傷があった場合は、予定の金額で下取りしてもらうことができません。そのため、運転が苦手であり、事故や傷を付けてしまいそうな場合には、下取りを見据えた残クレの活用は控えたほうが良いかもしれません。

長距離を走行する人

残クレの利用には制限があり、走行距離も制限のうちのひとつです。Z
頻繁に遠くへドライブする場合や通勤距離が遠い場合は、残クレの利用をさけたほうが良いかもしれません。長距離を運転したい場合は、ほかの選択肢での新車購入をおすすめします。

車のカスタマイズが好きな人

残クレで購入した車には使用制限があるため、カスタマイズにこだわりのある人には残クレの利用をおすすめしません。
移動手段が目的ではなく、車のカスタマイズを目的とする場合は、ほかの選択肢で新車を購入する必要があります。残クレを利用する際は、目的を明確化することも大切です。

関連記事:マイカーローンの計算はどのように決まる?ローンの種類や注意点について

まとめ

残クレとは新車購入時に利用できるローンの選択肢のひとつです。返済は月々一定の額を数年単位で支払う仕組みであり、一括での数十から数百万円の出費をおさえることができます。

残クレにはメリットとデメリットどちらも存在するため、利用する際は双方について深く理解することが大切です。特に生活に支障が出てしまわないよう、先を見据えた計画性が重要であるため、残クレの理解を深めましょう。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。