中古車にオプションは付けられる?種類や選ぶポイントを解説

新車を購入する場合には、車両本体にいくつものオプションを追加することができます。

たとえば、カーナビや本革シート、サンルーフなどがオプションの例として挙げられます。
では、中古車を購入する場合にもより便利さを求めてオプションをつけることはできるのでしょうか。

この記事では、中古車を購入する際にどのようなオプションが付けられて、どのようなオプションが付けられないのかについて解説し、オプションを選ぶ際のポイントも併せて紹介していきます。

中古車購入時にオプションは付けられる?

疑問イメージ

中古車購入時にもオプションを付けることは可能ですが、選択肢の幅は新車購入の際よりも狭くなります。
これは、中古車に付けられるオプションがディーラーオプションに限られるためです。

また、中古車は同じ種類の車であっても、同じ状態のものはなく、中にはすでに多くのオプションがつけられた車も販売されています。購入したいと思った車に希望のオプションが付いていれば特に問題はありません。

中古車の場合、メーカーオプションについては希望のオプションを後から付けたいと思っても後付けすることができず、希望が叶わないケースもあるため注意しましょう。

関連記事:中古のハイブリッド車はやめたほうがよい?ハイブリッド車の特徴や失敗事例をもとに選ぶ際の注意点を紹介

関連記事:購入前に把握しておこう!中古車にかかる税金とは?

ディーラーやメーカーのオプションとは?

ここでは、ディーラーオプションやメーカーオプションについて詳しく紹介していきます。

ディーラーオプションとは、一般的には車の販売店であるディーラーで装着できるオプションのことを指します。
たとえばカーナビやETC車載器、ナンバープレートフレーム、オーディオシステムなどが挙げられます。
ディーラーオプションについては、新車でも中古車でも、幅広いラインナップを適用することできます。

一方でメーカーオプションとは、メーカーにおける車の製造段階で必要な装備を装着するオプションです。
そのため、新車購入の際の申し込み時のみで選択することができる限定オプションといえます。
メーカーオプションの代表例としては、サンルーフ、本革シート、純正カーナビ、キーレスエントリーや限定色のボディカラーなどが挙げられます。

中古車を購入する場合にはメーカーオプションは追加できませんので、付けたいオプションがディーラーオプションなのかメーカーオプションなのかを事前に確認しておきましょう。

関連記事:中古車選びで気を付けたい修復歴ありの車とは?修理歴との違いも併せて解説

関連記事:中古車は故障しやすいのか?故障時の対応で覚えておきたいことを紹介

どのようなオプションがある?

ここでは、中古車購入時に選択できるオプションにどのようなものがあるのかを紹介していきます。

カーナビ

画像はイメージです

カーナビは、車を運転する上で必要とする人も多く、各種装備の中でもオプションとして選択されることの多い装備です。カーナビはメーカーオプションと、ディーラーオプションの両方があります。

純正のカーナビについてはメーカーオプションです。
その車種に適したカーナビであり車内空間になじむため、インテリアの統一感が出ます。
中古車購入の際において純正のカーナビが欲しい場合は、すでに付いている車を選ぶ必要があるため注意しましょう。

また、純正以外のカーナビについては、ディーラーオプションでの対応が可能となります。
カーナビの種類は豊富で、安価で簡易的なものから純正カーナビより値段の高い高性能ナビまで選ぶことが可能です。

ドライブレコーダー

画像はイメージです

あおり運転や事故などに遭遇した際のトラブル解決の手段として、ドライブレコーダーを付ける車も増えています。
中古車を購入する際にも、ドライブレコーダーは人気のオプションです。

ドライブレコーダーは基本的にディーラーのオプションと考えておきましょう。
前後両方または前後のどちらかだけに付ける選択ができ、種類も豊富に取り揃えられています。
最近ではバックミラー型のタイプも販売されており、夜間の視認性が高いバックミラーとバックカメラの両方の機能を兼ね備えている便利なアイテムです。

ETC車載器

ETC車載器もディーラーオプションの装備です。

最近ではETC2.0という次世代型のETCが主流になっており、高速道路利用時の料金決済のみならず、道路情報などを活用することで幅広いサービスが利用できます。

たとえば、道の駅で休憩するために高速道路から一時的に下道に降り、また高速道路に戻れるサービスも試験展開されています。

今後さらにさまざまなサービスが拡張される予定となっています。

シートカバー・フロアマット

画像はイメージです

シートカバーやフロアマットは、ディーラーオプションです。中古車の使用状態にもよりますが、シートカバーやフロアマットが劣化している場合もあります。

シートカバーは、車に備え付けられているシートの上から被せるカバーで、シートの質感を変化させられます。また、色も好みのものに変えられるため、自分好みのインテリアに仕上げることができます。

シートカバーやフロアマットを新しくするだけで車内空間が一新され、自分好みの新車のようになります。
ディーラーオプションであるため、中古車の購入時にはぜひ販売店に相談してみましょう。

オーディオシステム

長距離ドライブや仲間との旅行では、音楽を楽しみたいという人もいるでしょう。
オーディオの質にこだわる人は、ディーラーオプションでオーディオシステムを付け替えることができます。

オーディオ一体型のカーナビも多く販売されており、安価なものから高級なものまで、種類は豊富にあります。オーディオ本体だけではなく、スピーカーもこだわりの物に変更できるため、興味がある人は中古車購入のタイミングで検討しましょう。

関連記事:中古車の買い時とは?お得に中古車を買うためのポイントを紹介

関連記事:中古車の購入から納車までの流れを解説!期間を早めるためにできることは?

中古車に後付けできないオプションとは?

中古車の購入時に付けたいオプションが、メーカーオプションの対象となる場合は後付けすることができません。
そのため、そのオプションにこだわりたい場合は既にそのオプションが付いている中古車を探す必要があります。

中古車に後付けできないメーカーオプションの例は、主に以下の通りです。

  • 純正カーナビ
  • キーレスエントリー
  • サンルーフ
  • 本革シート
  • 先進安全機能(センサー、自動ブレーキなど)
  • 追加のエアバッグ

ここで紹介した機能は、車両本体の製造段階でメーカーにより付けられるオプションです。
そのため中古車には後付けできません。

関連記事:中古車で購入するミニバンの狙い目3台を紹介!選ぶポイントや購入時の注意点も解説

オプションを選ぶポイントについて

オプションを選ぶポイントは、本当にそのオプションが必要かどうかという必要性の有無です。
オプションは付ければ付けるほど車が豪華になりますが、当然、費用面での負担も増えることになります。

中古車の購入時には自動車税環境性能割という税金が発生します。
そのため自動車本体価格だけでなく、オプション追加代も含んだ金額に対して税率がかかる点にも注意しておかなければいけません。

むやみにオプションを増やすのではなく、購入時には必要最低限のオプションだけを揃えておくことを心掛けましょう。大抵の場合、カー用品店などで必要なものを付け加えることができます。

関連記事:失敗しない中古車の選び方とは?押さえるべきポイントを解説

関連記事:新古車とはどんな意味?新車や中古車との違いや購入のメリットを解説

関連記事:初心者でも大丈夫!損をしない中古車の買い方とは

まとめ

この記事では、中古車を購入する際にオプションを付けられるかどうか、またどんなオプションを選択することができるかということを紹介してきました。

中古車を購入する際にはメーカーオプションは選択できませんが、ディーラーオプションであれば後付けすることができます。ディーラーオプションは種類や数が多いため、必要なオプションだけに絞り価格を抑えることが費用を抑える上でもポイントとなります。

オプションを上手に選んで自分好みで愛着の持てる車にアレンジし、快適なドライブを楽しみましょう。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。