コスパ最強のミニバン6選|車両価格・維持費をもとに紹介

ファミリーカーとして人気のミニバンは、多くの自動車メーカーからさまざまな車種が販売されています。

しかし、普通乗用車であることにより税金やガソリン代などの維持費や車両価格がそれなりにかかるため、どの車種を購入するべきか迷うことも少なくありません。経済面を考慮する場合は、どのミニバンを購入した方がよいのでしょうか。

この記事では、ミニバンにかかる維持費について解説した上で、コスパ最強だと注目されているミニバンについて車両価格をもとに紹介します。

関連記事:【2024年版】おすすめの7人乗りミニバンをご紹介!

関連記事:ミニバンの価格はどのくらい?ボディ別の特徴、人気の車を解説!

ポチモバナー青
ポチモバナー青

ミニバンとは?

日産セレナ2列目キャプテンシート

明確な規格の定義はありませんが、ミニバンとは一般的にワンボックスタイプで、乗車定員5~8名の車のことを総称して「ミニバン」といいます。利便性が高いことから、ファミリーカーとして利用したいと考える人から人気です。

アウトドアやレジャー向きの車でもあり、1990〜2000年にかけてブームとなりました。その時期に、多くの国産メーカーから多数のモデルが販売されています。

ミニバンの主な特徴

ミニバンは、普通自動車に該当します。普通自動車の中でも車内空間が広く、収納スペースが多いのが特徴です。3列シートを採用している車種も多いため、5人以上で乗車する場合には最適な車でしょう。

電動スライドドア採用の車種であれば、手がふさがったままでも、楽に乗り降りできます。開口幅も広いため、車いすやベビーカーなど、大きな荷物の積み下ろしも容易です。

また、安全機能や運転支援機能も充実している車種も多いことから、ボディサイズが大きい車でも、快適に運転を楽しめます。

排気量によってサイズが分かれる

ミニバンのサイズは排気量によって、1,500cc以下のSサイズ、2,000ccまでのMサイズ、2,500ccのLサイズの3種類に分けられます。

Sサイズのミニバンは重心が安定しているため、車高が低い車と変わらない感覚で運転できるボディサイズです。トヨタのフリード、プリウスαなどがSタイプのミニバンに該当します。

ミニバンで一番人気のMサイズは、Sサイズのミニバンに比べて車内空間に十分な余裕があります。2列目や3列目も、足下までゆったりした空間が確保できる車種です。日産のセレナやホンダのステップワゴンがMサイズに該当します。

Lサイズになると車内空間がさらに広がる上、加速や高速走行の安定性も高くなります。トヨタのアルファードなどが該当するミニバンです。

関連記事:ミニバンとは?特徴やメリット・デメリットを解説!

ミニバンの維持費

アルファード E-Four
トヨタ自動車株式会社

ミニバンに限らず、自動車を購入・所有する際には車体本体価格のほかに、維持費が発生します。自動車にかかる主な維持費は税金や保険料、メンテナンス費(点検代や車検代など)、燃料費などです。

ここでは、ミニバンの維持費について見ていきましょう。

税金について

車にかかる税金は、自動車重量税と自動車税の2つです。自動車重量税は新規に車を購入したとき、また車検のときにかかる国税です。自動車税は、1年に1回(5月31日納期日)支払わなければなりません。自動車重量税も自動車税も、排気量や車の機種(エコカーであるかないか)によって、金額が決まっています。

ミニバンを所有した際に必要な自動車重量税と自動車税の金額は、以下の通りです。

SサイズMサイズLサイズ
自動車重量税15,000円~24,600円20,000円~32,800円25,000円~49,200円
自動車税34,500円39,500円45,000円~51,000円

関連記事:自動車税一覧|軽・普通・新車・中古車別の税金の種類や特徴

保険について

車の事故トラブルに備えるためには、保険に加入しなければなりません。加入が必要な保険は、自賠責保険と任意保険です。

自賠責保険とは、自動車損害賠償保障法で加入が義務づけられている保険のことです。加入することで、交通事故や人身事故の補償を一定額受けられます。車を購入した時点で加入し、車検ごとに更新するのが一般的です。任意保険料は、加入者の年齢や車種、補償範囲により、金額が異なります。

関連記事:軽自動車の任意保険料の費用相場はいくら?自動車保険料を抑える方法とは

コスパ最強のミニバン6選

ファミリーカーとして根強い人気のミニバンは、多くの自動車メーカーから販売されています。ここでは、コスパ最強のミニバンを6選紹介します。

関連記事:【2024年】ミニバンおすすめランキング!人気車種20選!選び方も解説

トヨタ|ルーミー

トヨタルーミー
出典:
グレードエンジン駆動方式車両本体希望価格(税込)
Xガソリン2WD1,566,500円
4WD1,742,500円
Gガソリン2WD1,753,500円
4WD1,929,500円
G-Tガソリン2WD1,874,500円
カスタムGガソリン2WD1,924,000円
4WD2,100,000円
カスタムG-Tガソリン2WD2,056,000円

ルーミーはSサイズのミニバンの中でも、より小型のミニバンです。

小型であるものの車内空間は広く、乗車定員5名がゆとりを持って乗車できます。乗り降りしやすいスライド式のドアを採用している点や多彩な収納箇所が設備されている点などがファミリー層に人気を集めているポイントです。

車両価格は150万円台から用意されています。排気量が996CCであるため、自動車税も抑えられるコスパのよいミニバンです。

関連記事:タンクとルーミーはどっちが人気?それぞれの違いについても紹介!

ルーミー バナー

ホンダ|フリード

ホンダフリード
出典:
グレードエンジン駆動方式車両本体希望価格(税込)
Gガソリン2WD(6人乗り)2,330,900円
2WD(7人乗り)2,352,900円
4WD(6人乗り)2,495,900円
4WD(7人乗り)2,517,900円
G 特別仕様車 BLACK STYLEガソリン2WD(6人乗り)2,468,400円
2WD(7人乗り)2,490,400円
4WD(6人乗り)2,633,400円
4WD(7人乗り)2,655,400円
CROSSTARガソリン2WD(6人乗り)2,627,900円
4WD(6人乗り)2,792,900円
ハイブリッドGハイブリッド2WD(6人乗り)2,688,400円
2WD(7人乗り)2,710,400円
4WD(6人乗り)2,853,400円
HYBRID G 特別仕様車 BLACK STYLEハイブリッド2WD(6人乗り)2,754,400円
2WD(7人乗り)2,776,400円
4WD(6人乗り)2,919,400円
HYBRID CROSSTARハイブリッド2WD(6人乗り)2,957,900円
4WD(6人乗り)3,122,900円

フリードは、ルーミーと同じコンパクトなSサイズであるものの、ゆとりの室内空間を実現しています。ガソリンとハイブリッドの車種があるほかに、乗車人数も5人・6人・7人と、ニーズに合わせた豊富なラインナップが特徴です。低重心化、高剛性リアサスペンションの採用など、先進技術を装備しています。

車両価格は200万円台から、グレードによっては300万円を超える車種もあります。しかし、排気量1500cc以下のSサイズであることから自動車税も安く、エコカー対象減税車であることにより、維持費を抑えられるコスパのよいミニバンです。

関連記事:ホンダ フリードの燃費は?トヨタの新型シエンタと比較!

フリード バナー

日産|セレナ

日産自動車株式会社
日産自動車株式会社
グレードエンジン駆動方式車両本体希望価格(税込)
Xガソリン2WD2,768,700円
Xガソリン4WD3,034,900円
XVガソリン2WD3,088,800円
XVガソリン4WD3,355,000円
ハイウェイスターVガソリン2WD3,269,200円
ハイウェイスターVガソリン4WD3,535,400円

セレナは「家族みんなでゆったり乗れて驚くほど使いやすい」というコンセプトどおり、ファミリーカーとして充実した装備が人気のミニバンです。

多彩なシートアレンジが楽しめるため、子供が小さい家族や、車いすを利用する年配の方がいる家族など、幅広い層の間で好まれています。

燃費のよさがポイントとなるセレナは、グレードによって8人乗りの車種の用意もあります。車両価格は200万円台から、グレードによって400万円台になる車種もあります。Mクラスのミニバンの中では比較的コスパがよいため、家族の人数が多い家庭におすすめの一台です。

関連記事:日産セレナのカラー14色を一覧で紹介!グッドデザイン賞受賞のエクステリアを紹介

セレナのポチモのバナー

ホンダ|ステップワゴン

2022ホンダステップワゴン
出典:
グレードエンジン駆動方式車両本体希望価格(税込)
AIRガソリン2WD3,053,600円
4WD3,295,600円
ハイブリッド2WD3,437,500円
SPADAガソリン2WD3,312,100円
4WD3,532,100円
ハイブリッド2WD3,696,000円

ステップワゴンは、シンプルなデザインが特徴のミニバンです。

リビングを思わせる機能的な車内空間は、乗車していて安心感があります。先代モデルからさらに機能を進化・充実させていながら、車体価格は300万円台と手に取りやすい価格が魅力です。

外観は大きく見えますが、排気量1500cc以下のMサイズのミニバンであるため、維持費も抑えられます。

関連記事:ステップワゴンの初代から現在までの歴代モデルの魅力や特徴を解説!

ホンダステップワゴンバナー

トヨタ|ノア

トヨタノア
出典:
グレードエンジン駆動方式車両本体希望価格(税込/円)
S-Z 7人乗りガソリン2WD3,320,000円
4WD3,518,000円
HYBRID S-Z 7人乗りハイブリッド2WD3,670,000円
E-Four3,890,000円

ノアは、2001年にデビューしたミニバンです。ゆったりとした乗り心地と上質かつ実用性の高い車内空間でストレスのないドライブができます。

ハイブリッドとガソリン、それぞれ7人、8人乗り仕様があります。グレードも幅広く展開しており、自身のニーズに応じたグレードを選択可能です。排気量は2,000以下であり、維持費も比較的抑えられています。

関連記事:新型ノアの燃費を調査!フルモデルチェンジによるノアの新たな魅力も紹介

ノアのポチモのバナー

三菱|デリカD:5

三菱デリカD 5
出典:
グレードエンジン駆動方式車両本体希望価格(税込/円)
M軽油4WD4,156,900円
G軽油4WD4,258,100円
G-Power Package軽油4WD4,494,600円
P軽油4WD4,601,300円

「行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したい」という思いを、安全・安心とともに、叶えてくれるのがデリカG:5です。走行性能や運転のしやすさといった基本性能とともに、いつも安全な運転を支える先進安全装備を搭載しています。

悪路の走破性も抜群で、積載量も申し分ないため、アウトドアとしての利用においても人気です。車体価格は400万円台からですが、維持費が安く、燃費のよいミニバンです。

関連記事:【JASPER】デリカD:5の燃費は?実燃費や他車との比較!ジャスパーも!

まとめ

出典:

この記事では、コスパの観点からミニバンについて紹介しました。ミニバンは車体が大きく、排気量も大きい傾向にあるため、購入価格だけではなく、維持費もかかる傾向にあります。

紹介したミニバン6選を含めて好みのミニバンを選んだ上で、快適なドライブを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ポチモバナー青
ポチモバナー青

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。