SUVとは?定義・種類・特徴やメリット・デメリット・SUV選びのポイントまで解説!

車の購入を考えている方の中には、人気のボディタイプ「SUV」を検討される方も多いのではないでしょうか。

SUVは日本語で「スポーツ用多目的車」と呼ばれており、レジャーやアウトドアブームの後押しもあり、近年大変人気があります。

本記事では、SUVの特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説します。

関連記事:SUV人気ランキング!各車種おすすめポイントも解説

SUVとは?

SUVとは「Sports Utility Vehicle(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)」の略称で、日本語に訳すと「スポーツ用多目的車」という意味です。

多目的車という言葉の通り、単なる移動だけでなくアウトドアやレジャーなど、さまざまな用途に対応できる乗用車を指しています。

関連記事:なぜSUVは人気がある?人気の理由について紹介!

SUVの定義や種類

ここから、SUVの定義や種類について解説します。

SUVの定義

実際のところ、SUVには明確な定義が存在しません。

明確な基準はありませんが、一般的には「オフロードと呼ばれる悪路での走破性が高い」「車内の荷室が広い」、「車体と路面が接触していない部分(最低地上高)の幅ががある程度確保されている」などの特徴が挙げられます。

また、アウトドアやレジャー用のタイプだけではなく「街乗り」を意識した車種もあり、ひとくくりでは説明できないほど幅広い種類が存在します。

関連記事:燃費のよいSUVランキング!国際的な測定方法をもとに選別

SUVの構造の種類

SUVは車の骨格のつくりの違いによって、大きく2つに分類することができます。
ラダーフレーム構造」と「モノコック構造」です。

ラダーフレーム構造は、走破性が高いクロスカントリー仕様のSUVなどで採用されています。
ボディとシャーシが別構造で組み立てられており、頑丈な素材を使っているため、足場の悪い道路でも力強い走りが楽しめます。

一方、モノコック構造はボディ全体をひとつの構造として組み立てられているため、ラダーフレームにはない軽さと頑丈さを持っているのが特徴です。オンロード(舗装道路)の走行を目的とし、快適で安定性のある走りが楽しめます。

サイズによる分類

SUVをサイズで分類する場合は、大きく6つに分けられます。それぞれの特徴を簡単に説明します。

軽SUV

軽SUVとは、軽自動車でありながらSUVの機能を持った車です。

排気量が660cc以下の軽自動車ですから、本格的なSUVのような力強い走破性はやや物足りなさがあるかもしれません。しかし、コンパクトで機能的なデザイン・お手頃な価格など、他のSUVには無いメリットがあります。

たとえば、スズキの「ジムニー」などが軽SUVに該当します。

関連記事:ハスラーに乗るならカーリースもアリ!おすすめする理由、料金やメリットを解説!
関連記事:人気の軽自動車をおすすめランキングで紹介!車選びのポイントも解説
関連記事:【インスタ】かわいいおしゃれな軽自動車!おすすめを5台紹介【プチプラ】

コンパクトSUV

排気量が660cc以上あり、全長4.4m以下のSUVはコンパクトSUVに分類されます。

コンパクトSUVは、オフロードへの耐性と快適性のバランスの良さが魅力で、軽SUVよりも力強い走りが楽しめるのが特徴です。
なお、ボディが小さいため小回りが利きやすく、運転にあまり自信がない方にもおすすめのSUVです。

たとえば、ホンダ「ヴェゼル」などがコンパクトSUVに分類されます。

関連記事:ヴェゼルの燃費はどのくらい?燃費性能やライバル車との比較を紹介!
関連記事:コンパクトSUVとは?購入のメリットや人気車種をご紹介
関連記事:人気コンパクトカーをおすすめ順にランキング!選び方のポイントも紹介

ミドルサイズSUV

ミドルサイズSUVは、全長4.4m以上〜5.0m以下のSUVです。

クロスオーバーSUVを原型としたミドルサイズのSUVです。オフロードでの力強さや耐久性はクロスカントリーSUV(後述)よりも劣るものの、アウトドアでの活躍度合い、走行中の快適性のバランスに優れたタイプです。

たとえば、マツダの「CX-5」などがミドルサイズSUVに該当します。

関連記事:CX-5の燃費はどのくらい?ライバル車との燃費比較や走行性能を解説!

フルサイズSUV

フルサイズSUVは、全長約5.0m以上のSUVを指します。

ボディサイズが大きいのが特徴で、SUVの中でも、特に悪路での走破性に優れていることと広い室内空間を備えているのが魅力です。

たとえば、トヨタの「ランドクルーザー」などはフルサイズSUVに該当するものがあります。

クロスカントリーSUV

クロスカントリーSUVは、舗装されていない「悪路」と呼ばれるような道を走行できるパワーを持っているのが特徴です。
“クロスカントリー”は、日本語訳で「田舎山道を横切る」という意味です。
砂利道や岩肌の道など、あらゆるシチュエーションで力強い走りを楽しめます。

関連記事:クロスカントリーSUVとは?魅力やおすすめ車を徹底解説
関連記事:クロスカントリーとクロスオーバーの違いは?それぞれの特徴や魅力を解説

クロスオーバーSUV

クロスオーバーSUVは、クロスカントリーの力強さと、乗用車としての快適性を併せ持つタイプのSUVです。
車体は、フレームとボディが一体化されたモノコック構造で、高い強度だけでなく乗り心地の良さも追及されています。
近年、特に注目を集める人気のSUVです。

関連記事:クロスオーバーSUVの特徴や人気の理由、おすすめ3台を解説!
関連記事:CX-8の燃費をライバル車と比較!カタログ燃費と実燃費をご紹介します

車検証ではステーションワゴンと記載される

車検証(自動車検査証)には、車の形を表す「車体の形状」という項目があるのをご存知でしょうか?

少しおもしろい事実として、SUVの車検証における車体の形状は、「SUV」ではなく「ステーションワゴン」と記載されています。

実は、この車体の形状は各自動車メーカーの申告に委ねられており、項目に「SUV」という選択肢がないため、もっとも近い形状の「ステーションワゴン」に設定されているのです。

とはいえ、維持費や保険料、車検の検査項目などに基本的な違いはありませんので、単純に記号的な意味しかなく、ユーザーとしてはあまり深く考える必要はありません。

関連記事:セダンとSUVの違いとは?両方の魅力やメリット・デメリットを解説

SUVのメリット・デメリットの紹介

つぎに、SUV購入前に理解しておきたいメリットやデメリットについてご紹介します。

SUVのメリット

SUVのメリットは、車高が高く、走破性が高い点です。

車高が高いと、アイポイント(車からの視界)が良好です。視点が高いと、周囲の状況が見やすくなるため、危険回避、つまり事故のリスクを減らすことにもつながります。

なお、走破性も高いため、レジャーやアウトドアが好きな人のほかにも、雪が積もる地域などで車を利用する方にもおすすめです。

また、SUVはシートアレンジができる車種も多く、荷物を多く積める積載性があるため、レジャーだけでなく小さなお子さまがいるご家庭にもおすすめです。

関連記事:CX-30のディーゼルやハイブリッドは低燃費?他車との比較もご紹介

SUVのデメリット

SUVにはメリットがある一方で、デメリットも存在します。

車高が高いことで空気抵抗が大きくなり、カーブなどで大きく揺れて運転しにくいと感じる人もいるかもしれません。
また、排気量(サイズ)が大きくなるにつれて、メンテナンス費用や自動車税などの維持費が高くなってしまう点も少し気にかけておきたいところです。

関連記事:車のメンテナンス方法とは?長く使うための基本事項

デメリットを軽くするクロスオーバーSUV

近年人気のクロスオーバーSUVは、小回りの利く車体を意識した「モノコック構造」でつくられており、前述したデメリットを軽減するSUVという見方もあります。
大きめのサイズでも、燃費を意識して排気量が小さくなるタイプの車種や、ハイブリッド車も多く登場しています。

関連記事:中古で安いおすすめのSUVは?さまざまな種類のSUVを詳しく解説

SUVを選ぶときのポイント

SUVは、どのようなポイントに気をつけて選ぶと良いのでしょうか?
ここから、いくつか例をご紹介します。

求めている積載量があるか

レジャーやアウトドアが好きな方は、必要な道具をしっかりと積み込める空間があるSUVなのかをしっかり確認すると良いでしょう。
お子様がいらっしゃるご家庭などの場合も同様に、チャイルドシートや着替えなど、ちょっとした遠出でも必要な荷物がしっかりと積み込めるスペースがあるのか、把握しておくとよいでしょう。

悪路を安全に走行できるか

レジャー好きな方や雪が積もる地域で暮らす方は、舗装されていない道路や雪道などでも安全に走行できるSUVなのか事前にチェックしておくとよいでしょう。
さらに、高速道路や坂道でストレスを感じない加速性能や、長時間の運転でも安定した走行が可能かなども意識して選ぶことをおすすめします。

可能であれば、購入する前に普段通りの意識で対象のSUVへ試乗し、乗り心地を確かめるのが一番です。

関連記事:ハイブリッドSUVの魅力を紹介!失敗しない選び方も解説

街乗りもできるデザイン性

レジャーやアウトドアとは別に、「街乗り」を中心としたライフスタイルであれば、見た目やデザイン性で選ぶのも良いでしょう。

質感の良いシートなど、予算内で自分の好みに合った内装を選ぶのも楽しみもあります。

関連記事:CX-8をライバル車と比較!カタログ燃費と実燃費をご紹介します

まとめ

「新車のSUVにあこがれているものの、新車を購入するための金銭的な余裕がない」という方はカーリースもおすすめです。

カーリースは、頭金が不要で月額料金の支払いのみで新車を利用できます。

まずは自分の年収や貯金額から、SUVを購入する予算があるのかを確認してみましょう。
購入する予算が足りない場合には、カーリースを利用して希望のSUVに乗ることを検討してみましょう。

関連記事:自分にあった車の選び方とは?年収別の選び方、人気車種などを解説

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。